子育て 家族

生後一ヶ月外出する時の時間/服装はどうする?外出は冬でもいいの?

投稿日:

一ヶ月健診も無事終わり母子ともに体に問題がなければ外出が許可されますよね。でも今までずっと家の中で過ごしていたんですからいきなり長時間の外出はできません。

では、生後一ヶ月ではどれくらいの時間の外出が赤ちゃんに負担なく楽しく出かけられるのでしょうか。また、外出する時の赤ちゃんの服装は?季節によって時間や服装も変わってきます。

そんなこと言われてもわからないことだらけですよね。季節ごとの外出に適した時間、服装について書いていきます。ぜひ参考にしてください。

生後一ヶ月の赤ちゃんが外出に適した時間は?

生後一ヶ月の赤ちゃんが外出に適した時間は?

一ヶ月健診が終わったら赤ちゃんとのお出かけがでいるようになります。でもいきなり大人と同じペースでの外出は赤ちゃんの負担になるので控えましょう。生後一ヶ月ごろは基本的にお散歩程度の外出をおすすめします。

最初は5分程度。家の周りを少し散歩して帰るぐらいがいいでしょう。それから10分、15分と少しずつ時間を伸ばしていきましょう。

長くても30分程度にとどめておくといいでしょう。生後一ヶ月の赤ちゃんは体温調節がまだ上手にできません。また日光や埃などの刺激も体の負担になることもあるからです。

どうしても長く出かけないといけないときは、お母さん一人ではなく誰か付き添いの人がいると安心ですね。生後一ヶ月でしたらまだ授乳感覚も長くありません。出かけ先でおっぱい(ミルク)を欲しがったりオムツが濡れたりするかもしれません。

そんなときにお母さん一人では大変でしょう。

次に生後一ヶ月の赤ちゃんの外出に適した時間帯ですが、季節によって変わります。注意しないといけない時期は真夏と真冬です。生後一ヶ月がちょうど真夏や真冬の時期なら無理に外出しなくてもいいと思います。

どうしても出かけないといけなかったり気分転換に外出したりするときは、真夏なら比較的日差しの弱く気温が高くない午前中に。真冬なら日光が出て比較的気温が高くなるお昼2時ごろにしましょう。

いずれにしても長時間の外出は赤ちゃんにとって辛いものになるでしょうから短時間で済ませられるようにしましょう。真夏・真冬を避ければほかの季節は赤ちゃんの機嫌のいい時間帯に外出すればいいと思います。

赤ちゃんは比較的午前中(9時~11時ごろ)の方が機嫌がいいと思います。また、機嫌が悪い時にお出かけして気分転換させてあげるというのもいいと思います。

外出することによって生活リズムが整ってくるという意見もありますので少しずつお出かけしてみてもいいかもしれませんね。

生後一ヶ月の赤ちゃんの外出するときの服装は?

生後一ヶ月の赤ちゃんは自分で体温調節はできません。ではどんな服装を着せてあげればいいのでしょうか。季節ごとにみていきましょう。

春から夏にかけては、長肌着+カバーオールにベストやポンチョなどで体温調節。夏はメッシュ素材のロンパースなどでもいいですね。また日差しがある日は帽子をかぶせてあげるなど紫外線対策もしてあげてくださいね。

外に散歩する程度ならこのような服装でいいと思いますが、スーパーや室内に出かける場合は冷房がよくきいて寒い場合があります。そういったときに調節できるようにおくるみを一枚もっていたり、レッグウォーマーを持って行ったりするといいでしょう。

また、暖かい日に抱っこひもで外出する場合はお母さんの体温で暑くなりすぎないように薄手のロンパースにしてあげるといいかもしれませんね。赤ちゃんが汗をかいていないか確認しながらお出かけしてください。

もし汗をかいていたらすぐに着替えさせてください。

秋から冬にかけての服装は、短肌着+長肌着+ツーウェイオールにベストやポンチョなどで調整したり、スムース生地のカバーオールを着せたりしてあまり厚着になりすぎないようにしましょう。

また冬はおくるみや帽子、靴下を履かせるなど防寒対策してあげてください。冬の外出を抱っこひもですると赤ちゃんもお母さんも暖かくていいと思います。抱っこひもの場合はあまり厚着になりすぎないように注意してくださいね。

生後一ヶ月の赤ちゃん/冬の外出はいいの?

結論から言うと、生後一ヶ月の赤ちゃんの冬の外出はできます。ただし、冬は感染症が流行する季節ですので人混みへのお出かけは控えたほうがいいでしょう。

赤ちゃんはお母さんからもらった免疫があるので風邪など病気にかかりにくいといいますが、お母さんがインフルエンザなどの感染症にかかるリスクがあります。

お母さんが病気になったら母乳があげられなくなったりお世話がいつも通りできなくなったりと困ります。ですので、感染症が流行しているのなら無理に外出する必要はないと思います。でもどうしても出かけなければいけないこともあると思います。

そんなときは赤ちゃんに靴下や帽子などを着せ暖かい恰好をさせてあげてくださいね。そしてお母さんはマスクをして感染症にかからない対策をして外出しましょう。私も生後一ヶ月の赤ちゃんを連れてよく外出していました。

ワンオペ育児ならスーパーに買い物に行かないわけにはいかなく短時間で済ませるように心がけ外出しました。歩いて行ける距離にスーパーがあったので生後一ヶ月から使える抱っこひもで出かけていました。

抱っこひもなら私の体温で温かくできるし、対面抱きなので冷たい風が直接顔にかかることもなかったように思います。出かける時はお昼の暖かくなる時間帯を狙って授乳した後に行くようにしていました。

すると機嫌もよくいつも抱っこひものなかですやすや寝てくれていました。

まとめ

これを読んで赤ちゃんとの外出がたのしみになってきましたか?適度な外出は赤ちゃんの成長に必要不可欠です。さまざまな刺激が赤ちゃんの発達に影響しますので、時間・服装などに気をつけてあげながら赤ちゃんとの外出を楽しんでください。

ずっと家にひきこもりだったら気も滅入りますよね。少しのお出かけで、きっと赤ちゃんもお母さんも幸せな気持ちになれますよ。

私自身もお出かけするようになってからリフレッシュし気持ちが明るくなりました。最初はおそるおそる外出していましたが慣れると楽しくなってきますよ。

-子育て, 家族
-, ,

執筆者:

関連記事

箸が使えない子ども/橋の持ち方を矯正したい小学生クロス箸の直し方

子供が箸を上手に使えていないと、親としては気になりますよね。 大人になるまでにきちんとした持ち方にしてあげたいけど、クロス箸などの癖がついてしまうと、なかなか治すことが難しいとも言われているのです。 …

テレビから幼児をガード!幼児の脳への影響は?幼児に見せる時間は?

私は未婚ですから、もちろん子どもはいません。 ですが、甥や姪が誕生したことでちょっと気になっていた問題について考えるようになりました。というのも、仕事に追われているとついつい親が子どもにスマホでYou …

不登校になったら中学生の場合どうしたらいい?不登校の原因や対処法

子供を持つ親となると心配なのが不登校。もし自分の子供が不登校になってしまったら?と不安を抱える方は多いと思います。特に中学生になると不登校になる確率は増えていきます。 そこで今回は不登校になった時の対 …

専業主婦はニートじゃない!育児パートに追われる主婦の本音と苦悩

近年ニートと呼ばれる若者が増えてきた中で、専業主婦もその 1 ⼈として考える⼈たちがでてきました。インターネットの⼝コミサイトなんかでも専業主婦はニートだ!とかたくなに発信している⼈をチラホラみます。 …

辛い産後うつはいつから始まった!?乗り越え方と対策をご紹介!

出産をしてから、休む間もなく赤ちゃんのお世話に追われ、体調がおもうように回復しない。情緒不安定になったり、涙もろくなったり、自分の感情がコントロールできず、「産後うつ?」と感じたことのあるママは多いの …

< 注目記事 >