雑記

海外赴任が辛い/疲れた!慣れるまでの期間は?慣れるまでの過ごし方とは?

海外赴任は日本と大きく環境が変わってるため、いろんな心配が出てくるはずです。また、仕事で行くために仕事環境も変わりプライベートの環境もすべて変わることに対して不安しか出てきません。

しかし、海外赴任と言っても行く場所によって慣れる期間が変わったり、家族みんなで行くことで早く慣れることができたりするものです。

また、仕事面に関していえばあなた1人だけの海外赴任だと頼れる相手がいなくて不安ですが、同僚が一緒に行くのであれば心強くなります。このように海外赴任でもいろんな環境の違いが出てくるのです。

また、海外赴任となるといろんな疲れから体調を崩しやすくなってしまいます。そうなることがない様に、休日に楽しみを作ることが大切です。

初めは旅行気分でいろんなところへ出掛けるのも1つの方法になります。海外赴任にもあなたの気の持ちようで楽しいことも見つけられるのです。

海外赴任が辛い/慣れるまでの期間は?

海外赴任が辛い/慣れるまでの期間は?

海外赴任で慣れる期間が気になりますが、実際のところとても個人差が大きく出ます。海外赴任ではなくても普段から海外旅行へよく行く様な方は海外での適応能力が高いと言われているのです。

そのため、海外へほとんど行かない方にとってはいつまでたっても慣れることが出来ないかもしれません。慣れることに関していえば人柄も大切です。

人見知りの方は慣れるまでに時間がかかりますし、社交的な方は職場でも馴染みやすく、環境にも慣れやすいです。このように、慣れる期間をはっきりお伝えすることができません。

しかし、海外赴任する環境によって大きく変わってきますので、あなたの環境に当てはまるものを見て慣れる期間が早いのか遅いのか見ていきましょう。

・日本と文化が似ている場合は早く慣れる

韓国や中国などの日本から近い国であれば、食事面が日本人よりの味付けになっているので、食事面で困ることはありません。

また、ハワイやグアムなど日本人が良くいく場所であれば日本語がある程度通じるので、言葉が通じないことのストレスが少なく過ごすことが出来るのです。ただ、いくら近くの国だったとしても文化の違いは出てきます。

そこで、文化の違いに慣れることができなかったり、受け入れられないとなかなか慣れることが出来ないです。そのため、文化の違いがあったとしても受け入れようとしてみて下さい。

海外赴任が決まった時に海外先の国の文化を調べておくこともおすすめします。文化まできちんと調べておくことによって海外赴任で早く慣れることができますよ。というのも、調べておくことによって文化の違いを受け入れる気持ちを作っていけるからです。

・海外赴任が一人だとなかなか慣れることが出来ない

海外赴任に行く際に家族もいなくて、同僚がいない状態だと常に気を張っている状態になってしまうので、なかなか気持ちに余裕ができません。そのため、緊張している状態が続いてしまい、慣れるのに時間が掛かってしまうのです。

例えば、同僚と一緒に海外赴任となれば仕事で助け合うことができますし、仕事後にお互いが不安に思っていることや、ちょっとしたストレス発散で飲みに行ったりすることができます。

そのため、段々と気持ちも柔軟になり、赴任先で慣れる時間が早くなるのです。しかし、一人で海外赴任になると孤独なので、どんどん殻にこもってしまい海外先の同僚と仲良くなりにくいですし、プライベートも部屋に閉じこもってしまう可能性が高くなります。

このような状況はなかなか新しい環境で慣れるのは難しいです。そんな時は一人でもできるストレス発散法を探すか、家族が日本にいるのであればテレビ電話などをしてあなた自身が落ち着けるような環境を作りましょう。

そうすることで気持ちに余裕ができ、段々と海外赴任先の生活を受け入れられるようになります。

・家族がいればみんなで助け合うことが出来る

海外赴任先に家族で行く場合は、あなただけではなく家族全員が赴任先で慣れようと頑張ります。特に、お子さんがいる場合は子供のほうが適応能力があるので、日々馴染んでいく姿に驚かれることでしょう。

しかし、そのような様子を見ることであなた自身も頑張ろうという気持ちになれます。また、嫌なことがあったり不安な事、分からないことがあった時に聞ける相手がいることはとても心強いことです。

例えば4人家族であれば4人の感じ方がありますし、情報量も一人より圧倒的に多くなります。その結果、家に帰れば日本の環境と対して変わらないので、家族で助け合いながら段々と慣れていけるのです。

海外赴任疲れた時の対処法

海外赴任疲れた時の対処法

海外赴任をした時はとても疲れてしまいます。慣れない土地や人に気を使ったりするので、疲れを貯めこんでしまうと体調を崩したり、気持ちが落ち込んでしまうのです。

そこで、海外赴任をしたばかりでも疲れをとれるような工夫をする必要があります。疲れをとる方法をいくつかご紹介します。

・海外旅行気分を味わう

海外赴任をしたばかりの時は、いろんなところへ出かけましょう。観光地などへ行くことで海外旅行気分を味わうことが出来て、気持ちがリフレッシュされます。また、海外だからこそ食べられる食事を堪能することでストレスを発散することもできるのです。

もし、あなたの赴任先が観光地から遠い時は、どのようにして観光地まで行けるのか?赴任先の近くにちょっとした観光場所やおいしいお店があるのか?を事前に調べておきましょう。そうすることで休日が楽しみになりますよ。

・ストレス発散法を見つける

ストレス発散法を見つけることがとても大切です。元々あまり趣味がないのであれば、海外赴任を気にあなたが楽しめる趣味を探してみて下さい。特に、おすすめなのが一人でできる趣味です。

一人でできるものであれば、場所を選びませんし、あなたの気が向いた時にすぐできます。例えば、ヨガや読書、マラソンなどは一人でできる趣味ですので、試してみて下さい。

・しっかりと体を休める

あまりにも疲れている時は、しっかりと体を休めることが大切です。そのため、住む家もあなたが休められるような家を探すようにしてください。

例えば、お風呂が好きなのであればバスタブがあるところにしましょう。バスタブがあれば入浴剤などでゆっくりと入浴しながら気持ちをリフレッシュすることができます。また、マッサージが好きなのであれば住む家の近くにあるかどうか調べておきましょう。

まとめ

海外赴任となると不安なことも多いですが、楽しいことも考えることが大切です。また、実際に住んでいるようにイメージをして家の周りのスーパーなどを探しておくようにしましょう。

そうすることで、実際に住み始めても困ることは少ないです。また、赴任先で慣れるためには、赴任先の同僚と仲良くなることが大切です。

言葉や文化の違いですべてを受け入れることは難しいかもしれませんが、受け入れる努力をしましょう。仲良くなるといろんな情報を知ることが出来るので、だんだんと慣れていけますよ。

-雑記
-, ,

関連記事

細眉の男はアリ!?男性の細眉は気持ち悪い!?似合う男性はいるの?

いつの頃からか眉を細くすることが流行り出したのを記憶している人は少ないように思います。私はどちらかと言うと、流行に迎合するタイプではなく、傍観していました。 周りの友だちが眉を細くしているのを見て、「 …

読解力低下の問題が深刻に?大人になっても読解力が低い人の特徴5選

経済協力開発機構(OECD)が行った国際学力調査の結果(2017)によれば、15歳の読解力は前回の4位から8位へと大きく後退しました。しっかりと問題を読み取る力がないと複雑なタスクをこなしていくことは …

少女漫画月刊誌の人気は雑誌の対象年齢と傾向に大きく左右される!?

題名を見たり、漫画家さんのお名前を聞いただけで一瞬で記憶が蘇りまわりの景色が変わり1人勝手に妄想世界に入り込む。 そんなことが許されて、そんなことを起こせるアーティストって本当に素晴らしい! 目次1 …

マタニティヨガがもたらす効果とは/苦手な人もやる必要あるの?

近年、妊娠中に行える運動の一つとして人気のあるマタニティヨガですが、どうしてそんなに人気があるのでしょうか。 妊婦雑誌などでも取り上げられることが多く、ヨガ教室に通ったりするのは苦手だけど、やらないと …

沖縄の冬はブーツやダウンジャケット不要?紫外線対策は意識すべきか

沖縄といえば南国ですよね! 自然豊かで、特に海がキレイなことで有名なことから旅行に来られる方はとても多いことでしょう。夏まっしぐらで四季を感じられない沖縄ですから、「沖縄県民は普段どんな服を着ているの …

< 注目記事 >