雑記

羽子板は毎年飾る?買う人が知っておくべき羽子板を贈る意味とは?

羽子板は、女の子が生まれて初めてのお正月(初正月)にお祝いのために贈られるものです。邪気や悪いものを跳ね(羽根)返すという意味合いがあり、厄除けや魔除けの品として子供の健康を願うものです。

平安時代や室町時代には宮中の遊具でしたが、江戸後期から歌舞伎役者の姿を華やかに飾り、庶民からも人気を集めるようになりました。

今回は見た事はあるけれどあまり知られていない羽子板について詳しくまとめてみました。贈る方も贈られる方も、改めて羽子板について知ってみてはいかがでしょうか。

羽子板に込められた意味とは?

羽子板と聞いて羽根つきを最初に思い出す方もいらっしゃると思います。羽子板には先にも書いたように厄除けや魔除けの意味があるのですが、板だけではなく打つ羽根の形にもきちんと意味があります。

蚊がトンボを恐れることから羽根つきの羽根はトンボに見立てられており、子供が蚊に刺されないようにという願いも込められてきました。昔の人も蚊が病気の媒介をすることを経験から知っていたのかもしれませんね。

そして羽根の黒い玉は「むくろじ」と言います。漢字では「無患子」と書き、子供が病気にかからないようにという無病息災の意味も込められているのです。それを打ち返すことで病気を跳ね返すこととかけられており、縁起のよい遊びとして日本のお正月の風物詩となっておりました。

ちなみに羽根つきで羽根を落とした方が顔を墨で塗るのは、無病息災の願いが途切れても鬼が嫌う黒色を塗って身を守るという意味合いからだそうです。かわいい赤ちゃんが病気にかかることなくすくすくと健康に育つことを願うのは、昔も今ももちろん変わらないことですね

☆羽子板は誰が贈るの?贈る時期はいつがいい?

羽子板は一般的には赤ちゃんの祖父母さんが贈ることが多いのだそうです。こちらの項では贈る側が知っておきたいことをまとめてみました。可愛いお孫さんに羽子板を贈るおじいちゃんおばあちゃんのお役に立てたら嬉しいです。

まず、贈る時期として正しいのは初めて迎える歳の暮れです。それにも理由があり、12月から1月が十二支でいう「丑」と「寅」という「鬼門」にあたるからです。「鬼門」とは風水で何もするにも避けなければならない方角や場所、事柄のことを言います。

鬼門の時期に贈ることで、成人するまで鬼門から子供を守ることができると信じられています。そして気になるのは二女、三女が生まれたときはどうするのかですが、節句の品はひとりにつき一飾りが基本です

厄除けのお守りでもありますので、妹が生まれた際も兼用ではなくひとりひとりにお贈りしてあげてください

いただいた羽子板、毎年飾ってもいいの?

初めてのお正月にいただいた羽子板は次の年からもぜひ飾りましょう。飾る時期として12月中旬から遅くとも年内中には飾り、お正月飾りと同じ松の内の間まで飾っておくか、114日から16日(小正月)をすぎたらしまうのが一般的です

飾り始める日にちとしては、1229日はにじゅうく(二重苦)となるのでふさわしくありません。1231日も一夜飾りになりますので、大みそかに飾り始めるのも避けましょう。ここで少し一夜飾りについて触れたいと思います。

新年の年神様は1231日の早朝にいらっしゃるといわれているので一夜飾りだと年神様がいらっしゃるタイミングに間に合っていないことになります

年神様を迎えるまでに準備が整っていないと年神様も「この家は神様が必要ないのかな」と思ってしまい一年間その家がご加護を受けられななってしまいます。なので一夜飾りはよくないとされているのです。

羽子板だけではなく正月飾りも1229は避け、1231までに出すようにしましょう。 羽子板を飾る場所としては格式高い床の間に飾るのが良いとされていましたが、厄除けの意味とお正月にご挨拶に来てくださった方にお披露目できる意味で玄関に飾る家庭も多くなっています。

お正月のご挨拶はお部屋まで上がらず玄関先で済ませるお客様もいらっしゃいますので、そんな方にも見ていただける玄関先はお正月を感じていただけてとてもいいですよね。小正月にしまうものであった羽子板ですが、近年では一年中魔除けとして飾られたままの家庭も多くなっています。

家族が集まるリビングに飾るのも空間が明るく華やかになっていいかもしれません。桃の節句の時期にはひな人形の隣に脇飾りとして飾るのも良いですね。おうちに飾るだけでなく七五三の際の記念写真で羽子板をもって撮影される方も増えてきているそうです。

実際に手に取ってみることや節目の行事に使うことで贈られた方にも喜んでいただけますし、ずっと写真にも残りますから一生の記念にもなりますね。飾ったままにせず毎年しまいたいご家庭は、なるべく乾燥した晴れた日にしまい、防虫剤はすくなめにし湿気の少ない場所を選びましょう。

☆羽子板は何歳まで飾るもの?

羽子板は子供の厄払いが込められているので、昔の元服の時期でもある数え年の15歳まで飾るのが一般的なようです。しかし近年の成人は20歳ですので成人するまで飾る方もいらっしゃいますし、早いと七五三が終わるまでのご家庭もあるようです。

飾り終えた羽子板は、神社にお納めするか、小正月に神社で行われるどんど焼きやお焚きあげで供養して頂くとよいでしょう。

縁起物を焚きあげるどんど焼きでふるまわれるお餅にはその1年間の無病息災の意味が込められていますので、子供さんと一緒に供養に行きご自身の羽子板を焚きあげた後にお餅をいただくのも良いですね。

まとめ

華やかな羽子板には昔から親や祖父母から赤ちゃんへのたっぷりの愛情が込められていることが分かりました。

形やいわれのひとつひとつに意味があるのもとても素敵ですね。

日本ならではのそんな素敵な風習を絶やさないためにも、お子様が大きくなったら羽子板の前でどんな願いが込められたものなのかご家族でお話してみるのもいいかもしれませんね

-雑記
-, ,

関連記事

単身赴任で帰ってきてほしくない妻心理/帰る頻度と妻のストレスの関係

単身赴任で帰ってきてほしくない妻心理/帰る頻度と妻のストレスの関係

今回は単身赴任で妻にかかってしまうストレスや帰る頻度について、調べてみました。 何の前触れもなく急に妻に帰ってこないでと言われるのは辛いですし、それに悩んでいる旦那さんは多いのではないでしょうか。 こ …

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美肌を手に入れたい」と思ってもすぐ美肌になることは難しいです。 もちろん、メイクで隠すことは出来ますが、思春期の高校生の肌に厚塗りしたファンデーションはよくありません。皮脂が多い年代になりますので、厚塗りしてしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまうと言われています。 美肌になるために最も、大切なのはメイクではありません。スキンケアなのです。高校生は何もしなくても綺麗な肌だったり、乾燥が気にならなかったりしますが、それは若いからという理由だけになります。 また、ニキビなどの若い子特有の悩みも今だけかもしれません。ですが、今からきちんとスキンケアをしておくことで何歳になっても綺麗な美肌でいられる可能性が高いですよ。今回スキンケアについて勉強しましょう。 高校生のスキンケアに必要なケア用品 いざスキンケアを始めようと思っても、何から揃えたらいいのか分かりませんよね。高校生はまだまだ肌年齢が若いので、酸いんケアのしすぎもよくないのです。高校生はシンプルなスキンケアを心がける必要があります。そのためには、どのようなスキンケア用品が必要なのでしょうか? ・クレンジング 高校生によくある失敗がクレンジング選びです。クレンジングはメイクの落ちやすさからクレンジングオイルを選択する方を多く見かけます。しかしクレンジングオイルは必要な皮脂も落としてしまうのです。しっかりとメイクが落ちることが魅力のクレンジングオイルですが、必要なものまで落としてしまうので辞めましょう。高校生でニキビなどの肌トラブルに悩んでいる場合、ニキビの原因はクレンジングオイルの可能性もありますよ。 クレンジングはクリームやジェルなどの肌に優しいものを使用するようにしましょう。オイルに比べたらメイクが落ちる時間はゆっくりですが、ゆっくり落とす方が肌に優しいです。ナチュラルな肌に優しいものを選ぶようにしましょう。 ・洗顔 洗顔もクレンジング同様に肌に優しい物を選ぶことが大切です。肌に優しい洗顔でおすすめなのは固形石鹸になります。しかし、固形石鹸のデメリットは「清潔に石鹸を保つことが難しい」ということです。固形石鹸は常に外に出ていることになりますので、菌が繁殖しやすいと言われています。 そのため、固形石鹸を使用するのであれば、お風呂のような湿気の多い場所ではなく、洗面台などなるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。 そして固形石鹸を十分に泡立てて肌を優しく洗うようにしてください。固形石鹸を使用していても十分に泡立てないと肌をこすっていることになります。それでは肌に悪い刺激を与えていることになるので、固形石鹸を使用する意味がありません。 固形石鹸と同様洗顔フォームでもきちんと泡立てるようにしましょう。肌に刺激を与えずにスキンケアすることが美肌への近道ですよ。 ・スクラブ メイクをしたり、日々の生活をする中で角質が溜まっていきます。角質が溜まると化粧水などの栄養分が肌に浸透していかないと言われているのです。そこで活躍するのがスクラブになります。スクラブをすることで肌のいらない角質をとることができるため、化粧水などの浸透力が変わってくるはずです。また、スクラブをすることで肌触りも変わり、触り心地も良くなりますよ。 スクラブは肌へ刺激を与えることになってしまうので週に1回ほどにしておきましょう。 ・化粧水 化粧水はいろんなものが出ていますが、大きく分けて「さっぱり」「しっとり」です。これは肌質に合わせたものを購入することが大切になります。化粧水のポイントは付け方です。 手で付ける方と、コットンで付ける方がいるのですが、どちらも付け方としては間違っていません。よく手で付けると手が吸収してしまい、化粧水がもったいないという話を聞きますが、それは間違いの様です。顔の皮膚に比べて手の皮膚は何倍も厚いので、そのようなことはないと言われています。 手で付ける場合は優しく顔をなぞるように付けるようにしましょう。しかし、コットンはなぞって付けると肌トラブルの原因になるので辞めましょう。コットンを使用する場合は、優しく抑え込むようにポンポンと付けることが大切です。 ・乳液 乳液は化粧水を蒸発させない様にするために、必要なアイテムだと言われています。高校生は皮脂が気になることから、乳液を付けない方が多いです。しかし、きちんと乳液をすることで肌が整うので、健康的な肌にすることができるはず。きちんと最後までスキンケアを行いましょう。 高校生のスキンケアの手順 スキンケアの用品が分かったとしても、手順も知りたいところですよね。今回はそれぞれの手順で気を付けて欲しいポイントやおすすめ方法をご紹介していきます。 1.クレンジング クレンジングはアイメイクなどの濃いメイクをしている時は、ポイントメイク用のクレンジングを使用することで、目元をこする回数を減らすことができます。目元や口元の濃いメイクを落としてから顔全体のメイクを落としましょう。 2.洗顔 洗顔をする時はしっかりと泡立てることが大切です。泡立てることが苦手であれば、泡立てようのアイテムが100均やメイク用品を売っている場所で購入できるので探してみて下さい。 3.化粧水 肌は洗顔後が一番大切なので、洗顔後なるべく早く化粧水を付けるようにしましょう。そうすることで肌が整っていくと言われていますよ。 4.乳液・クリーム 乳液と同じような役割をするクリーム。高校生であればどちらかを付ければ十分です。乾燥が気になる方はクリームがおすすめ。肌の状態に合わせて選択しましょう。 まとめ 高校生のスキンケアはシンプルにすることが大切だと分かりました。肌トラブルに悩んでいたりすると、どうしてもどんどんスキンケアをしたくなってしまいますが、つけすぎると肌の負担になってしまうので、なるべく最低限のスキンケアをするようにしましょう。 どうしても、肌の乾燥などが気になる場合は週に1・2回ほどパックをするといいですよ。週に数回なら大きな負担が肌に掛からず、栄養分を入れられると言われているのでおすすめになります。

高校生のスキンケア用品/必要なものと手順を知って美肌になろう

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。 というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。 というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美 …

アニソン歌手はかわいいだけじゃない!?歌唱力もあって上手い!

アニソン歌手はかわいいだけじゃない!?歌唱力もあって上手い!

最近は歌番組が減ったせいか覚える曲はすべてアニメとかゲームからです(笑) 一昔前はタイアップはどうも…。的な雰囲気がありましたが今ではこちらが主流な気がします。 視覚効果もあるのか歌作りが上手なのか世 …

「躾」って漢字の成り立ちについて知っている!?漢字の意味は何?

子どもが生まれれば、嬉しさと同時に、親としての責任を感じる人も多いでしょう。 その中の1つに「躾」も含まれています。現代社会において親が幼い我が子へ接する方法は、両極端にブレているような気がしてなりま …

カワニナを水槽に入れると掃除の手間は!?コケを食べてくれるの?

連日、熱波が日本列島を襲っているこの頃です。 猛暑ではなく、過去に例を見ないほどの極暑を経験していますが、ちょっと涼やかな話題をお届けしたいと思います。 みなさんは「カワニナ」という名前を聞いた事はあ …

< 注目記事 >