雑記

紅茶初心者に必要な道具とは?器具の名前は?ジャンピング効果はあるの?

涼しくなってくると、紅茶の香りも引き立つようになります。

紅茶を楽しむ時期としては、夏より秋から冬の方が適しています。

朝は、焼きたてのトーストと、おやつには、お菓子と紅茶を。夕食の後に、家族と団らんしながら。紅茶の好きな人にはいろいろな楽しみ方があると思います。

有名なメーカのティーカップやポットでオシャレに楽しむ方法もありますが、機能さえあれば身近な道具で充分楽しめます。私は高級な器具よりは、新鮮な茶葉を手に入れる方がいいと思います。

基本的な道具と、うまく香りを引き出す淹れ方をマスターすれば、もっと気軽に楽しむことができます。

紅茶初心者に必要な道具とは?

紅茶を淹れる時に、最低必要な作業と道具を考えてみますと、

(作業)        (道具)

お湯を沸かす・・・・・①ヤカン(ケトル)

茶葉の量を決める・・・②スプーンで量る(計量器)

蒸らす・・・・・・・・③ポット(抽出用)

蒸らし時間を計る・・・④タイマー(キッチンタイマー)

こす・・・・・・・・・⑤茶こし(ストレーナ)

飲む・・・・・・・・・⑥ポット(サーブ用)、⑦ティーカップ

その他に、ティーコージ(ポットを保温する布)や、タイマーの代わりに砂時計などもあります。ミルクティーを飲む時はミルクポットなどもあるといいです。

紅茶を淹れるのに必要な器具の名前は?

・ヤカン(ケトル)

普通のヤカンでいいと思います。電熱式のものでもOKです。お湯を沸騰させることができれば、問題ないです。

・スプーン又は計量器

茶葉の量を量る時に使います。1人分の紅茶はティーカップ2杯です。

茶葉の量は重要で、量によって味が全く違います。1人分約3gの茶葉が必要です。計量器で正確に量ることが一番いいですが、大体、スプーン1杯で3gです。

茶葉の大きさによって、量がちがいます。大きい茶葉ですと、スプーン山盛り1杯ですが、細かい茶葉ですと、スプーン平らに1杯で約3gです。この量を覚えておくと人数分を量る時に便利です。

・ポット(蒸らし用)

一般的には透明で丸い形のものがあります。後でご説明しますが、ジャンピングが起こりやすいのと、それを楽しむために透明なものが多いように思います。

透明なものには、目盛りが付いているものもあります。茶葉とお湯の量は味に大きく影響しますので、この目盛りを使ってお湯の量をしっかり量ることが大切です。紅茶初心者の方 には、この透明で目盛り付きポットをおすすめします。

蒸らし用とサーブ用を1つのポット(この場合は陶器製)で、紅茶を楽しむ方法もあります。この場合は、蒸らし時間が長くなるにつれて、渋みが増してきますので、お湯で割って飲みます。

・タイマー(キッチンタイマー)又は、砂時計

蒸らし時間は約3分~5分です。腕時計や砂時計で計ってももちろんOKですが、アラームがあると便利です。

・茶こし(ストレーナ)

茶こしは紅茶と茶葉を分けて、飲む時に茶葉が入らないようにするための道具です。

一般的には、ボールを半分に切ったような形のもので、蒸らし用ポットからティーカップや、サーブ用のポットへ注ぐ時に使います。

その他に、ボール型に代表されるもので、中に茶葉を入れて、ティーパックの様に、お湯の中に沈めて使うタイプもありますが、前者のタイプをおすすめします。

・サーブ用ポット

厚い陶器でできていて、保温性に優れたものがいいです。

・ティーカップ

陶器製で、薄くて、口の広いものをおすすめします。厚めで口の狭いものより、香りを楽しむことができます。紅茶を多めに飲む時や、特に、朝などはマグカップでもいいと思います。

紅茶のジャンピング効果はあるの?

そもそも、ジャンピングはどうして起こるか?

ポットの中の茶葉にお湯を注ぐと、茶葉が上の方に広がって、それから、1つ1つ、あるいは、かたまりになって下の方へ落ちて行きます。

多くの茶葉が水分を吸って、下へ落ちて行く中で、上に上がってくる茶葉もあります。これは、お湯の対流運動が起きているからです。ジャンピングが起こるお湯には酸素が多く含まれていて、紅茶の味や香りがよく溶け出します。

透明なポットでジャンピングを見ながら、蒸らし時間を過ごすのも面白いと思います。

紅茶初心者でも出来る!美味しい紅茶の淹れ方

水は?

水道からくみたての水を使います。くみたての水は空気がたっぷり含まれています。紅茶の味や香りをうまく引き出すには、空気が充分含まれるお湯が必要だからです。

一度わかして冷ました水や、ペットボトルの水には空気が多く含まれていませんので、これらを使うことは、できるだけ避けてください。

どうしてもこれらの水を使う時は、ペットボトルに入れ、空気を残して、栓をしっかり閉めて、よく振って空気と混ぜてから使ってください。

お湯の温度は?

この水をぐらぐらするまで沸かします。目安は十円玉ぐらいの大きさの泡が出てくるまで沸かします。この時のお湯の温度が95℃から8℃です。

茶葉の量とお湯のは?

次に茶葉の量を量ります。1人分3gとして人数分を用意します。1人分の紅茶とはティーカップ2杯です。大きな茶葉ですとスプーン山盛り1杯で約3gです。細かい茶葉ですとスプーン平らに1杯で約3gです。

一度、スプーン1杯で3gの茶葉がどのくらいか、正しく量っておくといいですね。

お湯の量は、ティーカップ1杯分が160mlぐらいですので、2杯分ですと、320mlのお湯が必要になります。つまり、茶葉3g当たり320mlのお湯が必要です。

蒸らすのは2~3人分が適当です。

蒸らし方

蒸らし用ポットに茶葉を入れて、沸き立てのお湯を冷めないうちに、高い位置からポットに入れます。こうすると、空気が多く含まれます。熱湯ですから注意してください。あとは、3~5分間蒸らします。蒸らし用ポット1つの場合はこのまま放置します。

茶こしを使ってサーブ用ポットに紅茶を注ぎます。茶葉を除いて渋くならないようすることと、紅茶の味が均一になる様にするためです。

この後、冷めない様にティーコージをかぶせるか、なければタオルを巻いて保温するのもいいです。特に冬は冷めるのが早いので、ポットの下にコースターなどを使って保温するといいです。

ティーカップを暖める

紅茶を注ぐ前に、一度カップを熱湯で温めてから飲むと、紅茶が冷めにくいです。

ティーカップの受け皿、ソーサーを使うと、保温にもいいです。

まとめ

紅茶は蒸した茶葉をもむと汁がでますが、これを発酵(酸化)させて乾燥させたものです。

意外と思われるかもしれませんが、緑茶やウーロン茶も同じ茶の葉からできています。

発酵の度合いによってちがったお茶ができてきます。ほとんど発酵させない「緑茶」、半分発酵させたのが「ウーロン茶」、完全に発酵させたのが「紅茶」ということになります。

茶葉の保存は光と湿気を避けて保存してください。劣化が早いのでできるだけ新鮮なものを手に入れて、紅茶を楽しんでください。

-雑記
-, ,

関連記事

タルタルソースの発祥はどこ?名前のタルタルってどういう意味?

タルタルソースはエビフライやチキン南蛮など、家庭のメニューに欠かす事の出来ない存在ですが、タルタルという名前にどういう意味があるのかご存知の方はどのくらいいるでしょうか。 そもそもタルタルソースは日本 …

仕事辞める理由は人間関係の問題?退職決断きっかけや理由を大調査

昨今はブラック企業やホワイト企業にパワハラなど色々な労働問題がある現状ですが、今の社会がどんな一面を抱え多くの人がどんな悩みがあるのかクローズアップしました。 今回は退職をするにあたりどのような理由で …

読解力低下の問題が深刻に?大人になっても読解力が低い人の特徴5選

経済協力開発機構(OECD)が行った国際学力調査の結果(2017)によれば、15歳の読解力は前回の4位から8位へと大きく後退しました。しっかりと問題を読み取る力がないと複雑なタスクをこなしていくことは …

顔シミの落とし方/家で簡単にシミを消す方法!治したい時の自己流法

若い頃はシミやしわなんて気にしない生活をしていたはず…。しかし、年齢を重ねるごとに段々と出てくるシミにショックを受けている方は多いですよね。老化現象はどうしようもないですが、それでもシミが出ると「どう …

嫁の実家にお中元やお歳暮は贈るべき?お墓参りはどうすればいい⁈

単身赴任生活の過ごし方と必需品!暇つぶしで困らない楽しみ方6選

これからの時期、異動などが始まる季節となりました。 皆さんの職場では「単身赴任」で働かれてる方もいらっしゃるのではないでしょうか。見知らぬ土地で生活をするとなると色々と必要なものや不安なこともあると思 …

< 注目記事 >