雑記

キャンプが嫌いな理由は虫が嫌だから?キャンプ嫌いを克服しよう

アウトドアといえば人気があるものにキャンプがあげられますね!

外の空気を吸いながら食べるご飯や、テント泊はキャンプならでは楽しみです。最近はおしゃれキャンプも流行っていて、ますます注目されています。外でおしゃれなキャンプ飯を作ってSNSにあげる人もたくさんいて、一度はやってみたいなと憧れますよね。

雑貨屋や100円ショップでもアウトドア用品がたくさん売っているので、気軽にキャンプに行きやすくなりました。一方で、キャンプが嫌いな方もいますよね。どういった理由で嫌いなのか、見ていきましょう!

キャンプが嫌いな理由第1位は虫?

キャンプが嫌いな人に、どうしてキャンプが嫌いなのか聞いてみると「虫が嫌いだから」と答える人が1番多いです。蚊に刺されるのが嫌だったり、蜂やムカデなどの害虫が嫌だったりとさまざまな虫に関する理由があります。

他に嫌いな理由としてはトイレが不衛生だから、とか外では寝れないから、荷物が多いからなどが挙げられます。

ですが、やはりみなさん口々に「虫が嫌だ」と言います。

アウトドアは、普段屋内で生活している以上に虫と遭遇します。ご飯を食べている時だって匂いにつられて虫がやってくるし、人がいるから蚊も飛んでくるし、夜は明かりにたくさんの虫が集まってきます。

見たことのないような虫も飛んできますよね。蛾や蚊、ハエはもちろんアブやムカデもやってきます。いくら閉め切ったテントとはいえ、中まで入ってきたらどうしようと考えると夜も眠れません。

日帰りのアウトドアの倍以上、虫と遭遇する確率が増えるのです。

そして小さい頃から虫が嫌いな人に、「虫を克服しよう!」と言ってもなかなか難しいですよね。ちなみに筆者も虫が大嫌いで、軽い潔癖症のためあまりキャンプには行かないのですが様々な虫除け対策のおかげでキャンプを楽しめています!

虫さえいなければキャンプを楽しみたい!と考えている人も多いのではないでしょうか?もちろん完全に虫と遭遇せずに済むなんてことはありませんが、できればストレスフリーなキャンプを楽しみたいですよね!実際に試して効果的だった方法を教えます。

手軽にできる虫対策

キャンプをする場所を選ぼう

キャンプをする時は、まず水辺を避けましょう。水辺は蚊の大好きな場所です。川や海の近いキャンプ場は、夏は選ばないようにしましょうね。

次にテントを張るサイトも気を付けましょう!草木の長い場所はいろんな虫が潜んでいます。マダニが潜んでいるのも、草木の長い場所が多いです。できれば真っ平らな芝生がいいですね。また、陽が当たらない湿っぽいところも避けます。虫の大好きな空間なんです!

キャンプ場を選ぶときは、テントを張る場所もしっかりチェックしましょう

夜の明かりには虫がたくさんやってくる!

夜、外が暗くなると明かりをつけますがテーブルやテントなど虫が近づいてほしくないところから少し離れたところに置きましょう!

テーブルの上に置いた明かりにセミやアブが寄ってきたりテントの近くに明かりを置いたためにムカデが寄ってきたりします。あまり明るすぎる明かりも虫が寄ってきやすくなるので、ぼんやりとした薄暗い明かりに変えるのもおすすめです。

虫除けスプレー×蚊取り線香

虫除けスプレーはこまめに肌にかけるようにしましょう!暑い夏は汗で流れやすくなるので、23時間おきにかけ直すといいですね。

そして蚊取り線香は、やはり蚊には効果があります!水辺から離れても、草木があり夕方以降になると発生する蚊の対策に、ぜひ蚊取り線香を使用しましょう。

これらの対策をすることで、ある程度虫被害を抑えることができます!完全に虫と遭遇しないキャンプは無理ですが、虫が寄ってきたり刺されたりといった被害が少なくなればキャンプへの抵抗心も少なくなりますよね。

それでも虫が嫌な人は、寒い季節を選ぶとほぼ遭遇しません!筆者も11月にキャンプに行ったことがありますが、寒くて虫にほとんど遭遇しませんでした。代わりに夜はしっかりと防寒しないととても寒いです。

キャンプ嫌いな理由第2位はトイレの衛生問題

キャンプ嫌いな理由として虫の次に挙げられるのがトイレの衛生問題です。汚いトイレは、特に女性の方が嫌がることが多いですよね。キャンプ場によってトイレのきれいさは異なるので事前にホームページでしっかり確認しましょう!

最近ではキャンプ場自体に公衆浴場ときれいな水洗トイレ付きの施設が併設されているところも増えました。お風呂にいたっては、天然温泉が湧いているところもあるですよ!

常に清掃のスタッフがいるキャンプ場であれば、衛生面で不快な気分になることもないので安心してキャンプに行けます。

子連れキャンプでも、やはり衛生面は気になりますもんね。汚いのは嫌だけど一泊だけだから、と我慢したらもう二度とキャンプに行きたくなくなりますよ!筆者は毎回キャンプ場を決めるときはトイレがきれいなところを選ぶようにしています。

キャンプ嫌いな理由第3位は荷物の多さ

キャンプが嫌いな人の中には、荷物が多いのが嫌だという人も多くいます。テントはもちろん寝袋や調理セット、食材に椅子やテーブルなど家に保管しておくだけでもかなりの量になりますよね。おしゃれなキャンプをしたい!と思ったらそれだけ持っていく荷物も増えます。

最近は、その量問題も解決できるようになったです。それは、キャンプ場でいろんなものをレンタルすることができる「手ぶらキャンプ」です。テントはもちろん、寝袋や調理器具、BBQセットなどもレンタルできるです。

これならキャンプ初心者の人もわざわざキャンプ用品を買わなくていいし、家に保管しておく必要もないですね。キャンプ嫌いな人がいて、一年に一回行くか行かないかの人はレンタルで十分楽しむことができます!

テントだけでなく、コテージを借りることもできるのでテント泊が苦手な人にもレンタルがオススメです!水洗トイレやシャワールーム付きのコテージなら、衛生面もあまり気にならずにキャンプできますよね。

キャンプ嫌いを克服してアウトドアを楽しもう!

筆者も最初はキャンプが苦手で、実は結婚するまで行ったこともなかったのですがしっかり対策を練って行けば十分楽しめます!

行く回数こそそれほど多くはないですが、いつ誘われても「行きた!」と言えるくらいキャンプが大好きです。

ぜひ一度、試しにキャンプに行ってみてその楽しさを感じてみてくださいね。

-雑記
-, ,

関連記事

人見知りしないことは短所!?おしゃべりな人との仕事は疲れる!?

人見知りしないことは短所!?おしゃべりな人との仕事は疲れる!?

人見知りないということはとてもいいことです。そして、人見知りが多い世の中には人見知りをしない方へ憧れを持っている方も多いでしょう。しかし、人見知りしないというのは長所というわけではありません。 短所も …

来年の春から1人暮らし/心配な費用とお金に対するやりくり術3選

来年の春から1人暮らしを始めるシュチュエーションってどんな場合?進学や就職が主な理由だと思いますが、初めての1人暮らしはとても楽しく実家から解放されて、自由に生活できると考えていませんか? 自由にでき …

可愛くなるには顔が大切!?美肌になりたい高校生/中学生が意識すべき事

中学生や高校生にもなると、メイクを始めたり、顔への興味が深くなってくる年代になります。メイクをすることから「もっと可愛くなりたい」「美肌になりたい」という気持ちも出てくることでしょう。 可愛いと思われ …

飛行機で化粧水が漏れる液漏れ対策法は?大事な化粧品を守る為の豆知識

飛行機で化粧水が漏れる液漏れ対策法は?大事な化粧品を守る為の豆知識

「化粧水が漏れてスーツケースがびしょ濡れ…!」 「この化粧水高かったのに漏れた。最悪!!」 こんな経験ありませんか? 私は普段よく仕事で飛行機を利用しますが、最初の頃はこんなトラブルがよく …

アゲハ蝶は蛹になる前の時期に移動する?蛹が羽化するのはいつ?

子どもの頃に、庭でアゲハ蝶の終齢幼虫を見つけて、2Lのペットボトルを切って作った簡易容器にみかんの葉とともに入れていました。何日か経った頃、ペットボトルをのぞくと幼虫の姿がないので大慌てをした覚えがあ …

< 注目記事 >