雑記

部活顧問に不満/クレーム出しまくりの保護者/口出しするのはダメ?

投稿日:2018年1月14日 更新日:

最近、教育問題で悩みなかなか糸口が見つからないどんな話し合いをして良いかわからないといった話は多く耳にします。

そこで今回は部活顧問に対するクレームについてや、保護者としてどこまでを口出しするべきなのかをまとめて見ました。

部活顧問/問題クレームの事態とは?

学校で揉めたり問題となることがある部活顧問・問題ですが、一体どのようなことがあるのか調べて見ました。

まずはクレームを良く出している保護者の立場をみてみましょう。クレームと言っても千差万別になりケースは色々とありますが、特に多いのは部活の運営方針や指導方法となります。

「運動部・文化部 保護者→部活顧問」

・自分の子がなかなかレギュラーになれずなぜ補欠なのか問う

・部活の指導が厳しく違う指導にしてほしい

・部活顧問がまったくの未経験者なので保護者から多様なクレームがはいる

・部活顧問の人間性に疑問を持ち学校にクレームを入れる

・部活顧問の生徒に対する扱いが酷いことからのらクレーム

・トレーニングが過酷過ぎる

・部活顧問が平等な教育をせず生徒により対応が違う

・保護者からの理不尽なクレーム

このように部活顧問に対する保護者からの強い反発やクレームがあることも確かですが、その一方で部活顧問にも問題があったりもします。

また部活顧問に関して、かなり無理なクレームを入れる保護者も居ますがこの場合は保護者側に問題があり学校側が納得してもらえるようにしっかり話し合いの場を設けなければいけません。

部活顧問にも問題が山積みだった?

実は今の部活顧問には色々と問題があります。それは通常の勉強を教えながら、顧問を務めなければならないということです。

部活顧問を兼任すれば朝早くからの練習、職員会議・朝礼・書類の見直し作成・HRの準備 教室で授業、昼休みや間の休憩時間も仕事に使いHRが終わり放課後からは部活顧問として生徒と練習に励み。大会や予選の出場は土・日・祝も休みなく出勤します。

さらに残業代はほぼなくサービス残業になり、これは小学校から高校まで一貫した問題と言えます。その顧問担任が、専門性のある顧問ならまだ良いかもしれませんが初めて受け持つとなるとさらに勉強や知識を身につけるため時間は無くなります。

この深刻な労働時間はさすがに過労死を認定されてもおかしくないくらいの働いている時間です。これは学校側が考え改善しなければならない問題でありますが、ちょっとしたことですぐにクレームを入れるのは酷とも言えます。

もちろんそのクレームが本当に正しいならば物申すべきではありますが、1人ひとりの生徒の為に先生方はこれだけ働いてくれていると保護者側は理解し決して忘れてはいけません。

もしこのような過酷な場所で働いておりクレームに追われる日々では、円滑な部活動どころか健康問題に発展してしまいます。実際に病院に行きたくても平日は学校で授業で土日もほとんど時間がないので、健康に違和感がありつつも出勤してくるという事例はかなりあるようです。

部活/保護者としてどの程度口出しすべき?

保護者として口を出す場合、色々と幅が広く一概に言うのは難しいですが、あえて考えるならば、先ほどの先生方の状況もしっかり踏まえつつ冷静に考えなければいけません。

まずは過度な暴力・いじめを助長するようなことがあれば小さいことでも言っても大丈夫ですし、これはそもそも問題がありますから迷うことなく学校長や責任者または教育委員会に申し出をしましょう。

また生徒の問題があるならばそれは程度にもよります。例えば補欠からレギュラーになれないなど、これは生徒が考え乗り越えるべき問題です。もちろん子供から相談され理不尽な待遇になければアドバイスをして生徒自身で行動しなければなりません。

そもそも部活動とはなんの為にあるのでしょうか?

部活動をする以上はスポーツマンシップに則り、強豪校に勝ち続け優勝することが最大の目的です。しかし部活動という意義はそれだけではないはずです。

コミュニケーション能力・協調性・目標達成を仲間と共に喜び合う・道徳や人間性の成長・将来に繋がるかもしれない何かを得る。感じ方や受け止め方は人それぞれかも知れないですが、部活動の本来の意義とは、このようなものではないでしょうか?

部活動顧問のことで問題がありすぎるならそれは保護者として躊躇せず発言すべきですが、部活動のやり方や指導方法などはやり過ぎでない限り保護者が口を挟むのはちょっと違うのではないでしょうか。

もっと言えば保護者が口を挟む時は子供達が対処困難な時になった時だと思います。

部活動で起きる大体の事は顧問と生徒達で解決できるはずで、必要以上に保護者が介入してしまっては、何の為の学校で何の為の部活動なのか意味が無くなってしまいます。

大切なのは状況把握!

ここまで、現代で起こる顧問側の問題や保護者側の問題などに触れてきましたが、やはりケースバイケースなので対処の仕方はたくさんあり見極めが難しいと思ってしまいますが、しっかりと状況把握をしていくことが大切になります。

顧問に話すか話さないか迷われる方もたくさんいると思いますが、先ほどもあったように子供だけで対処出来るか出来ないか、重大な問題なのかそうでないのかなどしっかり自分ではなく子供の目線で考えてあげないといけません。

逆に子供の為だからと言ってあれもこれもしてあげなきゃなど過保護になりすぎることもNGです。これらを踏まえて考えて行けば、相談して良いのか悪いのかはわかってくると思います。

まとめ

いかがでしたか?今回は様々なことが織り混ざっているので、判断が難しいと思われるかもしれませんが、記事で書いて来た通りに参考にして頂き役立て頂ければ幸いです。

またどうしても相談したいがなかなか出来ない時は、管轄する教育委員会か専門に扱う法人などから先に相談していくと良い結果を得られるかもしれません。

他にもこうした問題を取り扱っているサイトやコミュニティサイトなどをインターネットで運営していることもあるので、そこで保護者同士の意見交流を行ないつつ問題解決に勤めても良いかもしれません。

-雑記
-, ,

執筆者:

関連記事

日焼け皮むけない方法は?防止法を正しく理解して綺麗な肌を保とう

日焼け皮むけない方法は?防止法を正しく理解して綺麗な肌を保とう

日焼けでどうしても皮がむけてしまい肌が露出する服を着れない、肌がヒリヒリして痛い、赤く腫れ上がってしまう。 特に肌に対して美意識が高い女性にとっては天敵です。 そこで今回は日焼けから守る方法や防止法そ …

高齢者運転辞めさせたい/80歳の運転のやめさせ方は?免許返納後の生活

最近、高齢化が進んできていることと、同時に高齢者の運転の危険性を感じさせられることが多くなりました。その中でもよくニュースで見るのは逆走など「なんでそんなことになるの?」と感じることばかりです。 今は …

単身赴任で帰ってきてほしくない妻心理/帰る頻度と妻のストレスの関係

単身赴任で帰ってきてほしくない妻心理/帰る頻度と妻のストレスの関係

今回は単身赴任で妻にかかってしまうストレスや帰る頻度について、調べてみました。 何の前触れもなく急に妻に帰ってこないでと言われるのは辛いですし、それに悩んでいる旦那さんは多いのではないでしょうか。 こ …

占いを信じる理由は何?バカを見ない為に心掛けておくべき事とは?

占い、好きですか? 女性雑誌の最後のページによくある簡単な占いから、実際に対面して診てもらう占いなど、占いにどのような印象をお持ちでしょうか。 私自身の占い体験談と共に、占いに対して思う事などお話して …

保育士と幼稚園教諭の給与はどっちがいい?大学卒業資格は必要なの?

今回は保育士と幼稚園の給与の比較や大学や必要な資格はどんなものかにスポットライトを当てました。しっかりと徹底解説をしますから、どっちの仕事を選ぶか迷ってるあなたには耳寄りな情報になりますし、知らないあ …

< 注目記事 >