雑記

通信制大学は新卒扱い?就職時にデメリットはあるのか調べてみた

通信制大学の課程を修了したら、新卒扱いになるのか?

高校卒業後に働くのか、もしくは大学進学をすべきか考えている人にとって、この点が気になっている人は少なくないでしょう。今の日本は学歴社会ですから、新卒の方が就職を有利に進めていけます。

また通信制大学ということで就職する際にデメリットはあるのかなども気にしている人はいますよね。今回はそんな人達のために、通信制大学は就職時に新卒扱いされるかや、デメリットはあるのかなどをまとめました。

通信制大学は新卒扱いになるのか?

まず、通信制大学は大学卒業と同様に新卒扱いになるのかという点についてお話します。この点は就職していく中で気になりますよね。結論から先に言いますと、通信制大学を卒業して「新卒扱い」になることはできます。

しかし新卒扱いになるためにはには条件があります。その条件とは一体何なのかについては次に続きます。

新卒扱いになるための条件

通信制大学を卒業してから新卒扱いになる条件は4年きっちり勉強して単位を取ることです。この点は通信制ではない通学型の大学と同じですね。最近では、通信制大学も通学型の大学同様に就職のサポートが充実しています。

ですので4年間勉強して学位を取得すれば新卒扱いで就職に臨むことが可能です。

4年制の通信制大学がありますので、短期の通信制大学ではなく4年制の通信制大学を選ぶといいでしょう。4年制の通信制大学を選べば4年間の学習は必須になるので新卒扱いの条件を満たしたことになります。

通信制大学のメリットは何?

通信制大学のメリットは、時間割がないので自分のスケジュールに合わせて学習ができるということです。実際に、年代幅広くいろんな人が通信制大学を利用しています。通学する手間もありませんし、やはり自分のペースで勉強していけるのは通信制の強みですね。

もう一つのメリットは、卒業をすれば大卒扱いになるということです。通信制大学と言っても大学ですので、卒業できれば大学卒業の資格を得ることができますね。今の日本は昔よりも就職時に学歴を重視するようになってきています。

高卒よりも大卒で就職する方が明らかに職業の選択肢もありますし、給料も上がりますので得しますよ。ですので通信制大学は学習意欲があれば入学して損はないです。この次に大学卒業がどれだけ大切なのかということを私の体験を交えてお話しします。

大学卒業は就職時すごく大切と感じた体験談

私は実際、過去に高校卒業で就職しましたが現実はそんなに甘くなく自分の望む仕事には就けずに給料もお世辞でも高いとは言えない額で働いていました。

求人記事を見ても、給料のいい仕事は大学卒業以上や大学在学中などが条件になっていて高卒では応募したくてもできないという状況が続きました。私はこの時に就職では学歴がとても大切なんだと知りました。

そこで私はこのままではまずいと思い、大学卒業の学歴になるために大学に行こうと決めました。私の場合、金銭的な事情で大学にはストレートに行けなかったので自力でお金を貯めて自分のペースで学習できる通信制大学に通うことにしました。

大学卒業してやりたい仕事の分野があったのでその目標に向かってひたすら勉強していきましたね

通信制大学のデメリットは?

次に通信制大学のデメリットの点をお話しします。メリットもあれば当然デメリットもあります。通信制大学のデメリットは、就職時に通学型の大学の新卒には書類審査では負けるということです。同じ新卒でも通学型か通信制かで採用の可否は変わります。

今の日本は就職氷河期と言われていて、GMARCHの新卒でも就職には結構苦戦しているということを耳にします。ですので同じ新卒扱いで点数は同じだとしても、通学型と通信制のどちらを採用するかというと通学型の大学に通っていた人の方を取るのが現実としてあります。

そういった点では通信制大学は不利だと思いますね。そしてもう一つのデメリットは、時間割がなく自分のペースでの学習になるためしっかりした人でなければ単位を取ることができず卒業することもできませんし留年することにもなります。

実際にそういった人は一定数います。大卒の資格が取れるメリットのある反面、自分がしっかりとスケジュールを管理して学習していかないと学費も水の泡になってしまいますね。

通信制大学に向いている人は?

通信制大学にはメリットとデメリットがあるということをお話ししましたが、通信制大学に向いてる人とはどんな人なのかをお話ししていきます。通信制大学に向いてる人は、まず学習意欲が高い人です。

学ぶことが好きとか、将来の明確なビジョンが見えていてそれに向かって一途に頑張っていける人が通信制に向いていると思います。

やはりただ大卒が欲しいというだけで明確な目標がないと、いつか取ればいいとか自分の空いた時間にコツコツとやっていけばいいと言って、長続きせずサボるようになってきます。通信制大学は時間割が無いため、拘束力がありません。

ですので敢えて自分を厳しい環境に置きます。人の目が行き届くところで勉強するとか、集中しやすい場所で学習すると怠けなくて済みます。通信制大学は入るだけでは卒業はできませんので高校や普通の大学と同様に単位を取らなくてはなりません。

ですので繰り返しにはなりますが、学習意欲があり明確な将来の目標がある人でないとあまり意味はないでしょう。

まとめ

今回は通信制大学は新卒扱いになるのかということや、デメリットなどをまとめました。

これを読んで自分が通信制大学に向いているか向いていないかなど参考にしていただければ幸いです。通信制大学は、学習意欲のある人ならばプラスに働いてくれるでしょう。

今の状況に満足していなくてもう少し給料のいい仕事をしたいという方や、大学に行けなかったけどこれから大学に通って自分の好きなことを学んでみたいという方、通信制大学を考えてみてはいかがでしょうか。

デメリットはありますが、当然メリットもありますよ。

これらを踏まえて通信制大学を利用するかしないかなどを皆さんご自身で決めていただけたらなと思います。

-雑記
-,

関連記事

したいことがない/行きたい学部がない!進路が決まらない大学生がするべき事

したいことがない/行きたい学部がない!進路が決まらない大学生がするべき事

大学は将来を決める大切な場所です。そのため、どこの学部に行くのか?というところがとても大切になります。どんな学部に行くのか迷っていると高校生と同じように、進路が決まらずに悩んでいる大学生もいます。 し …

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美肌を手に入れたい」と思ってもすぐ美肌になることは難しいです。 もちろん、メイクで隠すことは出来ますが、思春期の高校生の肌に厚塗りしたファンデーションはよくありません。皮脂が多い年代になりますので、厚塗りしてしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまうと言われています。 美肌になるために最も、大切なのはメイクではありません。スキンケアなのです。高校生は何もしなくても綺麗な肌だったり、乾燥が気にならなかったりしますが、それは若いからという理由だけになります。 また、ニキビなどの若い子特有の悩みも今だけかもしれません。ですが、今からきちんとスキンケアをしておくことで何歳になっても綺麗な美肌でいられる可能性が高いですよ。今回スキンケアについて勉強しましょう。 高校生のスキンケアに必要なケア用品 いざスキンケアを始めようと思っても、何から揃えたらいいのか分かりませんよね。高校生はまだまだ肌年齢が若いので、酸いんケアのしすぎもよくないのです。高校生はシンプルなスキンケアを心がける必要があります。そのためには、どのようなスキンケア用品が必要なのでしょうか? ・クレンジング 高校生によくある失敗がクレンジング選びです。クレンジングはメイクの落ちやすさからクレンジングオイルを選択する方を多く見かけます。しかしクレンジングオイルは必要な皮脂も落としてしまうのです。しっかりとメイクが落ちることが魅力のクレンジングオイルですが、必要なものまで落としてしまうので辞めましょう。高校生でニキビなどの肌トラブルに悩んでいる場合、ニキビの原因はクレンジングオイルの可能性もありますよ。 クレンジングはクリームやジェルなどの肌に優しいものを使用するようにしましょう。オイルに比べたらメイクが落ちる時間はゆっくりですが、ゆっくり落とす方が肌に優しいです。ナチュラルな肌に優しいものを選ぶようにしましょう。 ・洗顔 洗顔もクレンジング同様に肌に優しい物を選ぶことが大切です。肌に優しい洗顔でおすすめなのは固形石鹸になります。しかし、固形石鹸のデメリットは「清潔に石鹸を保つことが難しい」ということです。固形石鹸は常に外に出ていることになりますので、菌が繁殖しやすいと言われています。 そのため、固形石鹸を使用するのであれば、お風呂のような湿気の多い場所ではなく、洗面台などなるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。 そして固形石鹸を十分に泡立てて肌を優しく洗うようにしてください。固形石鹸を使用していても十分に泡立てないと肌をこすっていることになります。それでは肌に悪い刺激を与えていることになるので、固形石鹸を使用する意味がありません。 固形石鹸と同様洗顔フォームでもきちんと泡立てるようにしましょう。肌に刺激を与えずにスキンケアすることが美肌への近道ですよ。 ・スクラブ メイクをしたり、日々の生活をする中で角質が溜まっていきます。角質が溜まると化粧水などの栄養分が肌に浸透していかないと言われているのです。そこで活躍するのがスクラブになります。スクラブをすることで肌のいらない角質をとることができるため、化粧水などの浸透力が変わってくるはずです。また、スクラブをすることで肌触りも変わり、触り心地も良くなりますよ。 スクラブは肌へ刺激を与えることになってしまうので週に1回ほどにしておきましょう。 ・化粧水 化粧水はいろんなものが出ていますが、大きく分けて「さっぱり」「しっとり」です。これは肌質に合わせたものを購入することが大切になります。化粧水のポイントは付け方です。 手で付ける方と、コットンで付ける方がいるのですが、どちらも付け方としては間違っていません。よく手で付けると手が吸収してしまい、化粧水がもったいないという話を聞きますが、それは間違いの様です。顔の皮膚に比べて手の皮膚は何倍も厚いので、そのようなことはないと言われています。 手で付ける場合は優しく顔をなぞるように付けるようにしましょう。しかし、コットンはなぞって付けると肌トラブルの原因になるので辞めましょう。コットンを使用する場合は、優しく抑え込むようにポンポンと付けることが大切です。 ・乳液 乳液は化粧水を蒸発させない様にするために、必要なアイテムだと言われています。高校生は皮脂が気になることから、乳液を付けない方が多いです。しかし、きちんと乳液をすることで肌が整うので、健康的な肌にすることができるはず。きちんと最後までスキンケアを行いましょう。 高校生のスキンケアの手順 スキンケアの用品が分かったとしても、手順も知りたいところですよね。今回はそれぞれの手順で気を付けて欲しいポイントやおすすめ方法をご紹介していきます。 1.クレンジング クレンジングはアイメイクなどの濃いメイクをしている時は、ポイントメイク用のクレンジングを使用することで、目元をこする回数を減らすことができます。目元や口元の濃いメイクを落としてから顔全体のメイクを落としましょう。 2.洗顔 洗顔をする時はしっかりと泡立てることが大切です。泡立てることが苦手であれば、泡立てようのアイテムが100均やメイク用品を売っている場所で購入できるので探してみて下さい。 3.化粧水 肌は洗顔後が一番大切なので、洗顔後なるべく早く化粧水を付けるようにしましょう。そうすることで肌が整っていくと言われていますよ。 4.乳液・クリーム 乳液と同じような役割をするクリーム。高校生であればどちらかを付ければ十分です。乾燥が気になる方はクリームがおすすめ。肌の状態に合わせて選択しましょう。 まとめ 高校生のスキンケアはシンプルにすることが大切だと分かりました。肌トラブルに悩んでいたりすると、どうしてもどんどんスキンケアをしたくなってしまいますが、つけすぎると肌の負担になってしまうので、なるべく最低限のスキンケアをするようにしましょう。 どうしても、肌の乾燥などが気になる場合は週に1・2回ほどパックをするといいですよ。週に数回なら大きな負担が肌に掛からず、栄養分を入れられると言われているのでおすすめになります。

高校生のスキンケア用品/必要なものと手順を知って美肌になろう

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。 というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。 というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美 …

アイメイクが似合わない/変わらない/下手!顔に合ったメイクとは

アイメイクは顔のパーツの中でも最も重要だと言われている部分です。 というのも話をしたりするときに必然と目を見られるからでしょう。それだけアイメイクは重要ですし、アイメイク次第で印象も変わってきてしまい …

海外赴任が辛い/疲れた!慣れるまでの期間は?慣れるまでの過ごし方とは?

海外赴任が辛い/疲れた!慣れるまでの期間は?慣れるまでの過ごし方とは?

海外赴任は日本と大きく環境が変わってるため、いろんな心配が出てくるはずです。また、仕事で行くために仕事環境も変わりプライベートの環境もすべて変わることに対して不安しか出てきません。 しかし、海外赴任と …

腕時計をはめるのに痛いと感じない位置は?外れない場合の外し方は?

腕時計をはめるのに痛いと感じない位置は?外れない場合の外し方は?

今まで腕時計をつける際に、つけにくいとか、痛いと感じたことはないでしょうか? もしそうだとわかっても、調節の仕方が分からなくて戸惑っている方もいらっしゃるのではないかと思います。 今回はそのような方々 …

< 注目記事 >