美容

綺麗になりたい高校生/可愛くなるには性格より顔が重要視される?

投稿日:

人として、第一印象はとても大切です。そのため、出来るだけ可愛くなりたいと思うのは自然のことになります。年齢関係なく可愛くいたいと思うのが女性ですが、今回は高校生に注目してみました。

可愛く見られるためには、顔よりも性格の方が大切だと言われることも多いです。しかし、本当に性格が良ければいいのでしょうか?どんな方でも始めは見た目から得る印象が強いと感じませんか?

実際に、初対面の人の性格を理解することは難しいですよね。そのかわりに見た目から得る情報で性格など内面を想像する方が多くなります。

見た目が可愛ければ少し態度が悪かったとしても「照れているのかな?」「人見知りなのかな?」と思ってもらえますが、見た目が可愛くないと「愛想が悪いな」などとマイナスなイメージを持たれてしまうことが多いです。

そのため、やはり顔も大切なことがわかります。

今回は高校生で可愛くなりたいと思っている方に顔と性格の関係性をお伝えしましょう。可愛くなるために参考にしてみて下さいね。

綺麗になりたい!高校生が可愛くなるには顔が重要

綺麗になりたい!高校生が可愛くなるには顔が重要

「綺麗になりたい」「可愛くなりたい」と思って始めに努力するのは顔ですよね。性格が大切と言われていますが、実際は顔なのではないか?と感じるのはどのような理由があるからなのでしょうか?

まずは、顔が可愛いとどんないいことがあるのか見ていきます。

・やはり第一印象は顔が大切

やはり人にあった時には性格はすぐにわかりませんが、顔はすぐに印象が強くつきます。相手にどう思われたいか?と考えた時に「可愛くない」と思われるよりも「可愛い」と思われたいですよね。

第一印象はとても大切なので、相手にいい印象を与えるためには性格よりも顔が大切ということになります。ただ、「可愛い」と思うタイプは人によって違うのですべての人に可愛いと思ってもらう事は不可能です。

そのため、自分は可愛いと思っていても、相手は思っていないことも多いため、「自意識過剰」にならないように気を付けなければいけません。いくら可愛かったとしても自意識過剰な方は周りから避けられてしまう可能性が高いですよ。

・顔に自信がないと笑顔が減る

顔に自信がないと笑顔が減る

顔に自信がないと笑顔が減ってしまいます。可愛い方の方が自分に自信があるので、笑顔で話している機会が多いと言われているのです。

そのため、可愛いと自信を持つことが大切になります。このように考えると顔によって性格が変わるということです。性格が暗くて、どうにか変わりたいと思っている方も、まずは外見を綺麗に可愛くする努力をしましょう。

外見が変わることで、自然と自信がつくので、性格も明るく変えていけるかもしれませんよ。「顔よりも性格」と言っている人が多いですが、周りがどう思うのか?ではなく「自分がどうしたいか?」が大切です。

自分に自信を持つために、明るい性格になるために、可愛くなることが大切だと感じるのであれば、まず、メイクをしてみたりして外見を磨くようにしましょう。

・テレビを見ていても顔が可愛い人の方が得している

テレビを見ていると女優のように綺麗な方の方が女性芸人よりも得して見えますよね。やはり顔が可愛い方は、男性にも優しくしてもらえるので得をすることは多いです。

異性だけではなく、同性も、可愛いかったり綺麗な人には人がよってきます。周りも魅力を感じる方と友達になりたい、彼女にしたいという気持ちになるはずです。

自分が魅力のある女子になれば自然と友人も増えていくことでしょう。友人が増えることでもっともっと綺麗になるためにはどうしたらいいのか?情報を得ることが出来るのです。

自分で可愛くなるためには、限界があるので友人などと情報交換しながらもっともっと可愛くなりましょう。

このように、可愛くなることで得することはたくさんあるのです。「可愛くない」よりも「可愛い」の方が得することは間違いないでしょう。

・男性も可愛い女子の方がみんなに紹介したくなる

彼氏ができた時に可愛い彼女は、彼氏も友人に紹介したいと思うことでしょう。やはり、可愛い女子の方が恋愛経験は多くなると感じます。そして、彼氏がみんなに紹介してくれることによって、浮気をされにくくなったりもするはずです。

不安になることが少なくなるので、自分自身も安心できることでしょう。また、いろんな男子とお付き合いすることで、男性だけではなく、人を見る目が養われます。

男性に限らず、人としてレベルアップするためにはいろんな人との関わりが大切です。

性格は顔の次に大切?

性格は顔の次に大切?

顔が大切なことは分かりましたが、顔が良ければ性格は全く気にしなくてもいいのでしょうか?いや!そうではないですよね。人と付き合ううえで性格はとても大切なものになります。性格はどのように重要なのでしょうか?

・性格が悪いと人間関係が薄くなる

性格が悪いと周りから人はいなくなってしまいます。いくら可愛く綺麗になったとしても、人が周りにいないことはとてもつまらない毎日です。友人がいるからこそ、好きな人がいるからこそ楽しい高校生活のはず。

周りに人がいることはとても幸せなことです。あなたが困った時に助けてくれるのは人になります。見た目も大切ですが、これを気に性格も見直してみましょう。

・性格を重要視する男性も多い

性格を重要視する男性は多いです。というのも彼氏彼女になると、お互い顔だけでは付き合っていけません。

楽しいことを共有したり、好きなものを共有したり、そしてお互いに歩み寄ることが大切なのです。好きな人を思いやるような、優しい気持ちを持つようにしましょう。

・同性から好かれるためには性格の良さも必要

同性の友人は一生のお付き合いになる方も多いです。そのくらい友人という存在は人にとって大切になります。

今はまだ「友人=遊ぶ相手」という考えかもしれませんが、この先「友人=困った時に頼れる相手・助けたい相手」となるのです。友人がいることであなたの人生はとても楽しいものになるといっても過言ではありません。

まとめ

結局は性格も顔も大切ということがわかりましたね。

人としてどちらも必要で、どちらも生きていくうえで必要なことなのです。人と人との関わり合いと考えると、すごく思い感じがしますが、そんなに重く考えなくても大丈夫です。

自分に自信が持てるようにメイクや髪形などを研究することは大切になります。そして、人として成長するためには、友人などが大切です。今、目の前にいてくれる人や自分を大切にしましょうね。

-美容
-, ,

執筆者:

関連記事

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美肌を手に入れたい」と思ってもすぐ美肌になることは難しいです。 もちろん、メイクで隠すことは出来ますが、思春期の高校生の肌に厚塗りしたファンデーションはよくありません。皮脂が多い年代になりますので、厚塗りしてしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまうと言われています。 美肌になるために最も、大切なのはメイクではありません。スキンケアなのです。高校生は何もしなくても綺麗な肌だったり、乾燥が気にならなかったりしますが、それは若いからという理由だけになります。 また、ニキビなどの若い子特有の悩みも今だけかもしれません。ですが、今からきちんとスキンケアをしておくことで何歳になっても綺麗な美肌でいられる可能性が高いですよ。今回スキンケアについて勉強しましょう。 高校生のスキンケアに必要なケア用品 いざスキンケアを始めようと思っても、何から揃えたらいいのか分かりませんよね。高校生はまだまだ肌年齢が若いので、酸いんケアのしすぎもよくないのです。高校生はシンプルなスキンケアを心がける必要があります。そのためには、どのようなスキンケア用品が必要なのでしょうか? ・クレンジング 高校生によくある失敗がクレンジング選びです。クレンジングはメイクの落ちやすさからクレンジングオイルを選択する方を多く見かけます。しかしクレンジングオイルは必要な皮脂も落としてしまうのです。しっかりとメイクが落ちることが魅力のクレンジングオイルですが、必要なものまで落としてしまうので辞めましょう。高校生でニキビなどの肌トラブルに悩んでいる場合、ニキビの原因はクレンジングオイルの可能性もありますよ。 クレンジングはクリームやジェルなどの肌に優しいものを使用するようにしましょう。オイルに比べたらメイクが落ちる時間はゆっくりですが、ゆっくり落とす方が肌に優しいです。ナチュラルな肌に優しいものを選ぶようにしましょう。 ・洗顔 洗顔もクレンジング同様に肌に優しい物を選ぶことが大切です。肌に優しい洗顔でおすすめなのは固形石鹸になります。しかし、固形石鹸のデメリットは「清潔に石鹸を保つことが難しい」ということです。固形石鹸は常に外に出ていることになりますので、菌が繁殖しやすいと言われています。 そのため、固形石鹸を使用するのであれば、お風呂のような湿気の多い場所ではなく、洗面台などなるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。 そして固形石鹸を十分に泡立てて肌を優しく洗うようにしてください。固形石鹸を使用していても十分に泡立てないと肌をこすっていることになります。それでは肌に悪い刺激を与えていることになるので、固形石鹸を使用する意味がありません。 固形石鹸と同様洗顔フォームでもきちんと泡立てるようにしましょう。肌に刺激を与えずにスキンケアすることが美肌への近道ですよ。 ・スクラブ メイクをしたり、日々の生活をする中で角質が溜まっていきます。角質が溜まると化粧水などの栄養分が肌に浸透していかないと言われているのです。そこで活躍するのがスクラブになります。スクラブをすることで肌のいらない角質をとることができるため、化粧水などの浸透力が変わってくるはずです。また、スクラブをすることで肌触りも変わり、触り心地も良くなりますよ。 スクラブは肌へ刺激を与えることになってしまうので週に1回ほどにしておきましょう。 ・化粧水 化粧水はいろんなものが出ていますが、大きく分けて「さっぱり」「しっとり」です。これは肌質に合わせたものを購入することが大切になります。化粧水のポイントは付け方です。 手で付ける方と、コットンで付ける方がいるのですが、どちらも付け方としては間違っていません。よく手で付けると手が吸収してしまい、化粧水がもったいないという話を聞きますが、それは間違いの様です。顔の皮膚に比べて手の皮膚は何倍も厚いので、そのようなことはないと言われています。 手で付ける場合は優しく顔をなぞるように付けるようにしましょう。しかし、コットンはなぞって付けると肌トラブルの原因になるので辞めましょう。コットンを使用する場合は、優しく抑え込むようにポンポンと付けることが大切です。 ・乳液 乳液は化粧水を蒸発させない様にするために、必要なアイテムだと言われています。高校生は皮脂が気になることから、乳液を付けない方が多いです。しかし、きちんと乳液をすることで肌が整うので、健康的な肌にすることができるはず。きちんと最後までスキンケアを行いましょう。 高校生のスキンケアの手順 スキンケアの用品が分かったとしても、手順も知りたいところですよね。今回はそれぞれの手順で気を付けて欲しいポイントやおすすめ方法をご紹介していきます。 1.クレンジング クレンジングはアイメイクなどの濃いメイクをしている時は、ポイントメイク用のクレンジングを使用することで、目元をこする回数を減らすことができます。目元や口元の濃いメイクを落としてから顔全体のメイクを落としましょう。 2.洗顔 洗顔をする時はしっかりと泡立てることが大切です。泡立てることが苦手であれば、泡立てようのアイテムが100均やメイク用品を売っている場所で購入できるので探してみて下さい。 3.化粧水 肌は洗顔後が一番大切なので、洗顔後なるべく早く化粧水を付けるようにしましょう。そうすることで肌が整っていくと言われていますよ。 4.乳液・クリーム 乳液と同じような役割をするクリーム。高校生であればどちらかを付ければ十分です。乾燥が気になる方はクリームがおすすめ。肌の状態に合わせて選択しましょう。 まとめ 高校生のスキンケアはシンプルにすることが大切だと分かりました。肌トラブルに悩んでいたりすると、どうしてもどんどんスキンケアをしたくなってしまいますが、つけすぎると肌の負担になってしまうので、なるべく最低限のスキンケアをするようにしましょう。 どうしても、肌の乾燥などが気になる場合は週に1・2回ほどパックをするといいですよ。週に数回なら大きな負担が肌に掛からず、栄養分を入れられると言われているのでおすすめになります。

高校生のスキンケア用品/必要なものと手順を知って美肌になろう

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。 というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。 というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美 …

ディズニーは高カロリー地獄!?ダイエット中に食べれる食べ物とは

美しくなるために一生懸命ダイエットをしている方は多いと思います。ダイエット中は食べ物にもとても気を遣い、カロリーなど特に気にしてしまいますよね。 でもダイエット中でも旅行を楽しみたいですよね!みんなで …

可愛くなるには顔が大切!?美肌になりたい高校生/中学生が意識すべき事

中学生や高校生にもなると、メイクを始めたり、顔への興味が深くなってくる年代になります。メイクをすることから「もっと可愛くなりたい」「美肌になりたい」という気持ちも出てくることでしょう。 可愛いと思われ …

リップメイクは必要ある?必要ない?リップメイクが与える印象の違い

リップメイクはファンデーションや目元のメイクに比べて、していない方が多い。実際に私も高校生の頃はほとんどリップメイクをしていませんでした。しかし、今はリップメイクをしています。ただ、なにか理由があって …

メンソレータム/リップクリームの成分で唇が荒れる/腫れる事態に!?

冬は空気が乾燥している、夏もクーラーで乾燥していて、1年中肌は乾燥する環境にあります。中でも乾燥しやすい唇は、乾燥すると皮がめくれたりひび割れたりしてとっても痛いですよね。 何とかそうなる前に乾燥を防 …

< 注目記事 >