雑記

可愛くなるには顔が大切!?美肌になりたい高校生/中学生が意識すべき事

投稿日:

中学生や高校生にもなると、メイクを始めたり、顔への興味が深くなってくる年代になります。メイクをすることから「もっと可愛くなりたい」「美肌になりたい」という気持ちも出てくることでしょう。

可愛いと思われるための第一歩として肌が綺麗なことが大切になってきます。中学生や高校生はニキビなどのトラブルが多い年代です。特に、顔の中心や赤いニキビができてしまうと、テンションも下がりますよね。

そして、早く治したいという気持ちよりも、目立たなくさせたいという気持ちの強さからニキビをつぶしてしまったり、ケアの仕方を間違えてしまうのです。

今回は、そんな中学生や高校生が美肌になるために大切なことをご紹介していきます。また、可愛くなるためには美肌以外にもどのようなことが大切なのか参考にしてみて下さい。

美肌になりたい高校生/中学生におすすめのポイント

美肌になりたい高校生/中学生におすすめのポイント

高校生や中学生は若いために、何もしなくても肌が綺麗な状態の方が多いです。しかし、思春期だからこそのニキビなどの悩みを抱えている方もいますよね。

肌トラブルを抱えている人も、抱えていない人も大切なのは日々の積み重ねです。どんなに若かったとしてもメイクをしたまま寝てしまうと、次の日にニキビが増えていたり、肌がごわごわしてしまいます。

美肌になるためには基本をしっかりマスターして日々努力することが大切なのです。

・メイクをきちんと落とす

メイクは肌にとって負担になるものばかりが多いです。実際にメイクを落とさないで寝てしまうと、人それぞれいろんなトラブルが起きる原因となります。

最近では、肌に負担にならないメイク用品が多く出ていますが、それでも素肌よりは多少負担が掛かることになるでしょう。

そのため、寝る前には必ずメイクを落とすようにしてください。メイクを落とした後、アイメイクなどの濃い部分がきちんと落ちているか確認してみて下さい。

確認方法として乳液などを綿棒につけて目元をなぞってみましょう。メイクがきちんと落ちていない方は綿棒が黒くなったりします。

中学生や高校生に多いのですが、メイクを落としたつもりでも、落ちていないことがあるのです。ちょっとメイクが残っているだけでも肌へ負担をかけてしまうことになるので、丁寧にクレンジングをするようにしましょう。

・肌を強く触らない

中学生や高校生やスキンケアを始めたばかりの、年代になるので、肌をこすってしまうことが多いです。

特に、クレンジングなどは強くこすれば早くメイクが落ちると思っていませんか?クレンジングは肌を触る強さで早くメイクが落ちることはないのです。

肌を強く触ってしまうと、摩擦を感じて肌がトラブルを起こしやすくなります。そのため、クレンジングや洗顔、スキンケアは優しくなでるように触るようにしてください。

初めは優しく触ることで「本当に汚れが落ちるの?」と思ってしまいますが、確認してみましょう。優しく触ってもきちんと肌のケアをすることができますよ。

・保湿

美肌に保湿は基本になります。中学生や高校生のニキビ肌の方に多いのですが、肌がテカっているからという理由で乳液やクリームを付けないことがありませんか?

実は、その保湿をおろそかにしていることで皮脂が出てニキビになってしまう可能性があるのです。

テカっていたとしても、きちんと保湿をすることで、肌の状態が整い余分な皮脂を出すことがなくなるので、ニキビも改善されるかもしれません。

また、保湿をすることで化粧水などで肌に与えた栄養分をのがしにくくなります。スキンケアの最後には、必ず乳液かクリームを付けましょう。

・スキンケアをしすぎない

中学生や高校生はまだまだ、自分の力で肌を綺麗に保てる力があります。しかし、スキンケアをしすぎてしまうと、基礎化粧品に頼ってしまう肌になってしまうのです。

ただ、この説明だと分かりにくいので、分かりやすく例えると自然治癒力の力が弱まってしまうと考えてみて下さい。

本来なら、そのままでも綺麗なはずの肌が、今は化粧品やいろんな刺激から肌を守るためにスキンケアをするようになったと言われています。

ただ、若い頃から過剰なスキンケアをしすぎてしまうと肌が弱くなったり、敏感肌になってしまう可能性があるので、最小限のスキンケアを心がけましょう。

・紫外線対策をする

肌のないよりもの敵は紫外線です。最近は紫外線がとても強いことから、小さい子供用の日焼け止めもあります。中学生や高校生は日焼け止めの塗った後の感触を不快に感じて、塗らない方も多いです。

しかし、今は分からないかもしれませんが、年齢を重ねた時に後悔することになります。美肌になりたいという気持ちは、今だけではなく女性なら永遠のテーマと言っていいほどの目標です。

今ももちろんですが、年齢を重ねても美肌にいられるように、今からきちんと紫外線対策をしておきましょう。

可愛くなるには顔全体を見ることが大切

可愛くなるには顔全体を見ることが大切

可愛くなるには、肌も大切ですがそれ以外にも大切なことはたくさんあります。中学生や校生となると好きな人ができたり、男性を恋愛対象として見始める頃です。

そのため、少しでも可愛くなるたいと思いますよね。可愛いと思われるためには、顔のどのような部分に着目したらいいのでしょうか?

・気になるところを分析してみる

肌意外に顔全体を見て気になるところはありませんか?例えば「目をもっと大きくしたい」「顔を小顔に見せたい」など人それぞれ気になると頃はちがうでしょう。

そこで、気になるところをどうしたら思うようになるのか考えてみて下さい。目を大きくしたいのであればアイメイクの方法を、小顔にしたいならマッサージをしてみましょう。

悩みが減ることで前向きになれますよ。

・笑顔でいる時間を増やす

笑顔でいるだけで可愛くなります。「女は愛嬌」という昔からの言葉があるように、いつも笑顔でいる女性は魅力的に感じられるのです。

反対にどれだけ可愛く、綺麗でも笑顔がないと近づきづらい言われます。顔も大切ですが、表情にも気を付けるようにしましょう。

まとめ

可愛くなりたいと思うことは、可愛くなるためにとても大切なことです。ただ、細かい目標を持ってもらいたいと感じます。

漠然と可愛くなりたいと思うよりも、○○を○○にしたいという気持ちがあるだけで、努力の仕方が分かってきます。

今よりも、可愛くなるためにはまず、鏡をもって自分の顔を見てどうしたいのか考えてみましょう。

-雑記
-, ,

執筆者:

関連記事

高齢者運転辞めさせたい/80歳の運転のやめさせ方は?免許返納後の生活

最近、高齢化が進んできていることと、同時に高齢者の運転の危険性を感じさせられることが多くなりました。その中でもよくニュースで見るのは逆走など「なんでそんなことになるの?」と感じることばかりです。 今は …

美容部員を辞めたい!仕事の悩みや仕事が大変な理由とは?

美容部員は女性が多い職場のために、人間関係の悩みが多かったり、メイクをきちんとしないといけなかったりと悩みの種がたくさんあります。 そんな毎日を過ごしているうちに段々と仕事に対して積極的になれずに、マ …

沖縄旅行/本島離島どっちいく?各有名観光スポット厳選まとめ

ふと南の島へ旅行や観光へ、そして日本で南の島へと言えば沖縄や離島が思い浮かびます。 でも沖縄本島と離島てどっちがよいのかわからない。 そんなあなたに、今回は沖縄本島の良さや離島ならではしか楽しめないス …

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美肌を手に入れたい」と思ってもすぐ美肌になることは難しいです。 もちろん、メイクで隠すことは出来ますが、思春期の高校生の肌に厚塗りしたファンデーションはよくありません。皮脂が多い年代になりますので、厚塗りしてしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまうと言われています。 美肌になるために最も、大切なのはメイクではありません。スキンケアなのです。高校生は何もしなくても綺麗な肌だったり、乾燥が気にならなかったりしますが、それは若いからという理由だけになります。 また、ニキビなどの若い子特有の悩みも今だけかもしれません。ですが、今からきちんとスキンケアをしておくことで何歳になっても綺麗な美肌でいられる可能性が高いですよ。今回スキンケアについて勉強しましょう。 高校生のスキンケアに必要なケア用品 いざスキンケアを始めようと思っても、何から揃えたらいいのか分かりませんよね。高校生はまだまだ肌年齢が若いので、酸いんケアのしすぎもよくないのです。高校生はシンプルなスキンケアを心がける必要があります。そのためには、どのようなスキンケア用品が必要なのでしょうか? ・クレンジング 高校生によくある失敗がクレンジング選びです。クレンジングはメイクの落ちやすさからクレンジングオイルを選択する方を多く見かけます。しかしクレンジングオイルは必要な皮脂も落としてしまうのです。しっかりとメイクが落ちることが魅力のクレンジングオイルですが、必要なものまで落としてしまうので辞めましょう。高校生でニキビなどの肌トラブルに悩んでいる場合、ニキビの原因はクレンジングオイルの可能性もありますよ。 クレンジングはクリームやジェルなどの肌に優しいものを使用するようにしましょう。オイルに比べたらメイクが落ちる時間はゆっくりですが、ゆっくり落とす方が肌に優しいです。ナチュラルな肌に優しいものを選ぶようにしましょう。 ・洗顔 洗顔もクレンジング同様に肌に優しい物を選ぶことが大切です。肌に優しい洗顔でおすすめなのは固形石鹸になります。しかし、固形石鹸のデメリットは「清潔に石鹸を保つことが難しい」ということです。固形石鹸は常に外に出ていることになりますので、菌が繁殖しやすいと言われています。 そのため、固形石鹸を使用するのであれば、お風呂のような湿気の多い場所ではなく、洗面台などなるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。 そして固形石鹸を十分に泡立てて肌を優しく洗うようにしてください。固形石鹸を使用していても十分に泡立てないと肌をこすっていることになります。それでは肌に悪い刺激を与えていることになるので、固形石鹸を使用する意味がありません。 固形石鹸と同様洗顔フォームでもきちんと泡立てるようにしましょう。肌に刺激を与えずにスキンケアすることが美肌への近道ですよ。 ・スクラブ メイクをしたり、日々の生活をする中で角質が溜まっていきます。角質が溜まると化粧水などの栄養分が肌に浸透していかないと言われているのです。そこで活躍するのがスクラブになります。スクラブをすることで肌のいらない角質をとることができるため、化粧水などの浸透力が変わってくるはずです。また、スクラブをすることで肌触りも変わり、触り心地も良くなりますよ。 スクラブは肌へ刺激を与えることになってしまうので週に1回ほどにしておきましょう。 ・化粧水 化粧水はいろんなものが出ていますが、大きく分けて「さっぱり」「しっとり」です。これは肌質に合わせたものを購入することが大切になります。化粧水のポイントは付け方です。 手で付ける方と、コットンで付ける方がいるのですが、どちらも付け方としては間違っていません。よく手で付けると手が吸収してしまい、化粧水がもったいないという話を聞きますが、それは間違いの様です。顔の皮膚に比べて手の皮膚は何倍も厚いので、そのようなことはないと言われています。 手で付ける場合は優しく顔をなぞるように付けるようにしましょう。しかし、コットンはなぞって付けると肌トラブルの原因になるので辞めましょう。コットンを使用する場合は、優しく抑え込むようにポンポンと付けることが大切です。 ・乳液 乳液は化粧水を蒸発させない様にするために、必要なアイテムだと言われています。高校生は皮脂が気になることから、乳液を付けない方が多いです。しかし、きちんと乳液をすることで肌が整うので、健康的な肌にすることができるはず。きちんと最後までスキンケアを行いましょう。 高校生のスキンケアの手順 スキンケアの用品が分かったとしても、手順も知りたいところですよね。今回はそれぞれの手順で気を付けて欲しいポイントやおすすめ方法をご紹介していきます。 1.クレンジング クレンジングはアイメイクなどの濃いメイクをしている時は、ポイントメイク用のクレンジングを使用することで、目元をこする回数を減らすことができます。目元や口元の濃いメイクを落としてから顔全体のメイクを落としましょう。 2.洗顔 洗顔をする時はしっかりと泡立てることが大切です。泡立てることが苦手であれば、泡立てようのアイテムが100均やメイク用品を売っている場所で購入できるので探してみて下さい。 3.化粧水 肌は洗顔後が一番大切なので、洗顔後なるべく早く化粧水を付けるようにしましょう。そうすることで肌が整っていくと言われていますよ。 4.乳液・クリーム 乳液と同じような役割をするクリーム。高校生であればどちらかを付ければ十分です。乾燥が気になる方はクリームがおすすめ。肌の状態に合わせて選択しましょう。 まとめ 高校生のスキンケアはシンプルにすることが大切だと分かりました。肌トラブルに悩んでいたりすると、どうしてもどんどんスキンケアをしたくなってしまいますが、つけすぎると肌の負担になってしまうので、なるべく最低限のスキンケアをするようにしましょう。 どうしても、肌の乾燥などが気になる場合は週に1・2回ほどパックをするといいですよ。週に数回なら大きな負担が肌に掛からず、栄養分を入れられると言われているのでおすすめになります。

高校生のスキンケア用品/必要なものと手順を知って美肌になろう

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。 というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。 というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美 …

早寝早起きする方法!何時から何時までの睡眠が大人向け?

社会人になった今でも、なかなか朝が苦手で起きられないって人はいませんか!?  私は、夜型人間ではないので朝起きる際に苦労したことはありません。 小学3年生くらいまでは午後9時までには布団に入るように言 …

< 注目記事 >