雑記

フライパンおすすめの素材や大きさまとめ!これであなたも料理上手!

料理で絶対に必要となってくるのが、フライパンですよね。

フライパンといっても、いろんな大きさのいろんな種類のフライパンがあって正直選ぶのに悩んでしまいませんか?

今回は、一番ベストで使いやすいフライパンの大きさや素材についてご紹介していきます。

フライパンのおすすめの大きさとは?

フライパンのおすすめの大きさとは?

フライパンにサイズがたくさんあることはご存知ですよね。

どんなものがあるかというと、

・16㎝フライパン

かなり小さいサイズのフライパンで、大きいサイズの食材を炒めたり、複数の食材を使った料理など量の多いものには使うことができません。

こちらのフライパンは、主にソースやちょっとしたサイドメニューを作るのに向いています。

・20㎝フライパン

16㎝フライパンよりちょっと大きめのフライパンです。

ちょっと大きくなったからといえども、小型のフライパンの種類に入ります。

少量の料理を作ったり、ちょっとしたおかずを作るのに便利な1つです。

・24㎝フライパン

さらに大きくなったフライパンが24㎝フライパンです。

適度な大きさがあるので、1~2人分の炒め物が十分できるサイズです。

それ以上の量を炒めるとなってくると、かなりいっぱいいっぱいになってしまうので不向きです。

ちょっと小腹が空いたな~というときに、ラーメンなんかをササっと作れるものこの大きさのフライパンです。

・26㎝フライパン

一般家庭で最も使われている大きさが26㎝フライパンです。

2~4人分くらいの料理に一番向いています。

大きすぎず小さすぎずの大きさなので、扱いやすさも抜群です。

初心者でも簡単に使うことができるでしょう。

・28㎝フライパン

こちらも一般家庭でよく使われているフライパンの大きさです。

4人前後の家族であったら十分な大きさです。

底の深いタイプであれば、煮物などもでき、鍋代わりにもなる優れものです。

・30㎝フライパン

業務用でも使うことができるちょっと大きめのフライパンです。

大家族でも十分な量を料理することができる大きさです。

大きいのでちょっと扱いずらいのが難点。

・30㎝以上のフライパン

これ以上大きくなると、ほとんどが業務用になってきます。

かなり大量の料理を作ることができます。

ご家庭でも、とにかく食べ盛りの息子がいてたくさん作らなくてはならないという場合には36㎝フライパンをオススメします。

それ以上は大きすぎるので、家庭では使いにくいでしょう。

このように、いろんな種類のフライパンがあります。

でも結局どのフライパンが一番使いやすいのかというと、人数でも変わってきますが、一人暮らしか2人暮らしなら26㎝フライパン、それ以上の家族は28㎝フライパンが一番使いやすいです。

一人暮らしはもっと小さくてもいいんじゃないの?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、私の経験上、一人暮らしでも友達が家にやってくることがあるので、26㎝フライパンの方が何かと便利で使いやすいです。

これからフライパンを買うという方は、26㎝フライパンか28㎝フライパンがオススメなのでぜひ参考にしてください。

フライパンのおすすめの素材はこれ!

フライパンのおすすめの素材はこれ!

次に、フライパンの素材についてですが、これまたいろんな素材があるんですね。

代表的なものは、鉄・アルミニウム・銅・ステンレス・チタン・ガラス・セラミック、があります。

それぞれ特徴がありますが、一番オススメはテフロン加工がされた「アルミニウムフライパン」です。

アルミニウムフライパンの特徴は、とにかく軽い!

食材が入るとさらに重くなるので、なるべくフライパンは軽いものにしたいですよね。

このアルミニウムフライパンは、力に自信のない女性にも軽くて使いやすいです。

また、熱伝導性も良いので、効率の良い調理が可能というメリットがあります。

しかし、そのままのアルミニウムフライパンは、油馴染みが良くないため食材が非常にくっつきやすく扱いにくいです。

なので、テフロン加工が施されたアルミニウムフライパンを選ぶようにしましょう。

テフロン加工がされていると、焦げ付きにくく食材もくっつきにくいのが特徴です。

アルミニウムフライパンのデメリットをしっかりカバーし、いいとこどりのフライパンがテフロン加工がされたアルミニウムフライパンなんです。

ただし、コーティングがはがれやすいので、数年に一度の買い替えをおススメします。

手軽に使いやすいフライパンを選ぶなら絶対にテフロン加工がされたアルミニウムフライパンです。

もし、ずっと一つのフライパンを使い続けたいという方には、「鉄フライパン」がオススメです。

とにかく丈夫で耐久性が高いのが特徴です。

熱伝導性も高く、食材に熱が伝わりやすいというメリットがあります。

しかし、とても重いので、力に自信のない人には扱いずらいかもしれません。

また、錆びやすくお手入れも入念にやらなくてはならないので、めんどくさがりの人にも不向きです。

大事に大事にお気に入りのフライパンを使い続けたいという方にオススメの「鉄フライパン」です。

フライパンの蓋の代わりに使えるものがある!?

フライパンの蓋の代わりに使えるものがある!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

よし、フライパンを買うぞ~といざ買ってみたら蓋がついてなかった!なんてことありませんか?

せっかく納得のいくフライパンを買えたとしても、蓋がないと料理のレパートリーが半減してしまいますよね。

フライパンの蓋だけ売っていたりしますが、なかなか買いに行く時間もない・・・。

というときには、アルミホイルまたはクッキングペーパーを使えば代用できるんです!

アルミホイルは形が作りやすいので、ドーム型に整えて蒸し焼きなんかに使うことができます。

クッキングペーパーは、ぺたっと密着しやすいので煮物なんかの落し蓋に最適です。

落し蓋をするときは、真ん中に十字の切れ込みをいれましょうね。

このように、蓋が無くても、蓋の代わりになるものがあるので安心してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

フライパンにもいろんな大きさや素材があり、それぞれの特徴がありました。

わたしの結論、一番使いやすいフライパンは26㎝テフロン加工アルミニウムフライパンでした!

しかし、自分がどんな風にフライパンを使いたいのか、自分は何人分の料理を作らなくてはいけないのか、といったことをもう一度考えて自分に合ったフライパンを選んでみてくださいね。

-雑記
-, ,

関連記事

中之島イルミネーション雨天の場合対策/過去の混雑状況は?

もう冬の寒さが肌に感じクリスマスも近くなっています。そんな12月にふさわしいイベントが2017大阪・光の饗宴、別名「中之島イルミネーション」と言われ全長4kmの光り輝く街の街道を堪能することができます …

小池真理子作お勧め小説は?恋はドラマ化したけどミステリーもお勧め!

憧れの世代があります。自分と同年代でもなく同じ中学校、高校に通うでもなく、親世代ほどは年上ではない世代です。 見た目とか何か偉業を成し遂げたというのではないのですが精神的に大人で開放されていて洗練され …

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美肌を手に入れたい」と思ってもすぐ美肌になることは難しいです。 もちろん、メイクで隠すことは出来ますが、思春期の高校生の肌に厚塗りしたファンデーションはよくありません。皮脂が多い年代になりますので、厚塗りしてしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまうと言われています。 美肌になるために最も、大切なのはメイクではありません。スキンケアなのです。高校生は何もしなくても綺麗な肌だったり、乾燥が気にならなかったりしますが、それは若いからという理由だけになります。 また、ニキビなどの若い子特有の悩みも今だけかもしれません。ですが、今からきちんとスキンケアをしておくことで何歳になっても綺麗な美肌でいられる可能性が高いですよ。今回スキンケアについて勉強しましょう。 高校生のスキンケアに必要なケア用品 いざスキンケアを始めようと思っても、何から揃えたらいいのか分かりませんよね。高校生はまだまだ肌年齢が若いので、酸いんケアのしすぎもよくないのです。高校生はシンプルなスキンケアを心がける必要があります。そのためには、どのようなスキンケア用品が必要なのでしょうか? ・クレンジング 高校生によくある失敗がクレンジング選びです。クレンジングはメイクの落ちやすさからクレンジングオイルを選択する方を多く見かけます。しかしクレンジングオイルは必要な皮脂も落としてしまうのです。しっかりとメイクが落ちることが魅力のクレンジングオイルですが、必要なものまで落としてしまうので辞めましょう。高校生でニキビなどの肌トラブルに悩んでいる場合、ニキビの原因はクレンジングオイルの可能性もありますよ。 クレンジングはクリームやジェルなどの肌に優しいものを使用するようにしましょう。オイルに比べたらメイクが落ちる時間はゆっくりですが、ゆっくり落とす方が肌に優しいです。ナチュラルな肌に優しいものを選ぶようにしましょう。 ・洗顔 洗顔もクレンジング同様に肌に優しい物を選ぶことが大切です。肌に優しい洗顔でおすすめなのは固形石鹸になります。しかし、固形石鹸のデメリットは「清潔に石鹸を保つことが難しい」ということです。固形石鹸は常に外に出ていることになりますので、菌が繁殖しやすいと言われています。 そのため、固形石鹸を使用するのであれば、お風呂のような湿気の多い場所ではなく、洗面台などなるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。 そして固形石鹸を十分に泡立てて肌を優しく洗うようにしてください。固形石鹸を使用していても十分に泡立てないと肌をこすっていることになります。それでは肌に悪い刺激を与えていることになるので、固形石鹸を使用する意味がありません。 固形石鹸と同様洗顔フォームでもきちんと泡立てるようにしましょう。肌に刺激を与えずにスキンケアすることが美肌への近道ですよ。 ・スクラブ メイクをしたり、日々の生活をする中で角質が溜まっていきます。角質が溜まると化粧水などの栄養分が肌に浸透していかないと言われているのです。そこで活躍するのがスクラブになります。スクラブをすることで肌のいらない角質をとることができるため、化粧水などの浸透力が変わってくるはずです。また、スクラブをすることで肌触りも変わり、触り心地も良くなりますよ。 スクラブは肌へ刺激を与えることになってしまうので週に1回ほどにしておきましょう。 ・化粧水 化粧水はいろんなものが出ていますが、大きく分けて「さっぱり」「しっとり」です。これは肌質に合わせたものを購入することが大切になります。化粧水のポイントは付け方です。 手で付ける方と、コットンで付ける方がいるのですが、どちらも付け方としては間違っていません。よく手で付けると手が吸収してしまい、化粧水がもったいないという話を聞きますが、それは間違いの様です。顔の皮膚に比べて手の皮膚は何倍も厚いので、そのようなことはないと言われています。 手で付ける場合は優しく顔をなぞるように付けるようにしましょう。しかし、コットンはなぞって付けると肌トラブルの原因になるので辞めましょう。コットンを使用する場合は、優しく抑え込むようにポンポンと付けることが大切です。 ・乳液 乳液は化粧水を蒸発させない様にするために、必要なアイテムだと言われています。高校生は皮脂が気になることから、乳液を付けない方が多いです。しかし、きちんと乳液をすることで肌が整うので、健康的な肌にすることができるはず。きちんと最後までスキンケアを行いましょう。 高校生のスキンケアの手順 スキンケアの用品が分かったとしても、手順も知りたいところですよね。今回はそれぞれの手順で気を付けて欲しいポイントやおすすめ方法をご紹介していきます。 1.クレンジング クレンジングはアイメイクなどの濃いメイクをしている時は、ポイントメイク用のクレンジングを使用することで、目元をこする回数を減らすことができます。目元や口元の濃いメイクを落としてから顔全体のメイクを落としましょう。 2.洗顔 洗顔をする時はしっかりと泡立てることが大切です。泡立てることが苦手であれば、泡立てようのアイテムが100均やメイク用品を売っている場所で購入できるので探してみて下さい。 3.化粧水 肌は洗顔後が一番大切なので、洗顔後なるべく早く化粧水を付けるようにしましょう。そうすることで肌が整っていくと言われていますよ。 4.乳液・クリーム 乳液と同じような役割をするクリーム。高校生であればどちらかを付ければ十分です。乾燥が気になる方はクリームがおすすめ。肌の状態に合わせて選択しましょう。 まとめ 高校生のスキンケアはシンプルにすることが大切だと分かりました。肌トラブルに悩んでいたりすると、どうしてもどんどんスキンケアをしたくなってしまいますが、つけすぎると肌の負担になってしまうので、なるべく最低限のスキンケアをするようにしましょう。 どうしても、肌の乾燥などが気になる場合は週に1・2回ほどパックをするといいですよ。週に数回なら大きな負担が肌に掛からず、栄養分を入れられると言われているのでおすすめになります。

高校生のスキンケア用品/必要なものと手順を知って美肌になろう

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。 というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。 というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美 …

合格祝いは何が人気?中学高校大学別/受験合格の友達に贈るプレゼント

努力した受験勉強を終えて、やっとつかんだ新生活。 春からの新生活を迎える友達へお祝いを込めたプレゼントを贈ってみませんか? 中学校から受験という家庭もあると思いますが、小学校と比べて学ぶ内容や、部活動 …

物流 女性 職業

物流関係の仕事で有利なものは!?女性も職業として選択できる!

大丈夫!できるよ!と言われて結構長く物流業界に身をおいていますが、日々あれこれどうしようと悩んだり考えたりはしないのかなと思っていたのですが意外に飽きずに毎日やりがいを感じるものだなと感慨にふけったり …

< 注目記事 >