お役立ち 恋愛

妻が家事をしない?共働きと専業主婦の家事分担や離婚状況について

投稿日:2017年12月23日 更新日:

皆様のおうちでは家事が原因でのもめごとは勃発していませんか?

挙げだすときりがない家事の数々ですが、どちらがやるか細かくルールを決めて分担しているご家庭もよく耳にしますし、逆にルールを決めずにやれるほうがやっているというご家庭も多いです。

夫婦のケンカの元にも円満の元にもなってしまいがちな毎日の家事。共働き家庭や専業主婦家庭、子供の有無や家族構成などでも考え方は変わってきます。

そこで今回は、家事分担について調べてみました。

☆家事は面倒だけど…

ほっておいてもお腹は空くし、買い物をしないと食べるものがありません。食材も誰かが調理しないと食べられないし、誰かが後片付けをしないとキッチンは虫が湧いて大変なことになってしまうでしょう。

誰かが洗濯しないとそのうちに着る服はなくなるし、誰も掃除もしないままでいるとほこりで具合が悪くなるかもしれません。決まった曜日にはごみを出して、お布団もたまには干して、それから・・。

まあその他もろもろありますが、家で快適に人間らしく過ごすためには家事は欠かせませんよね。

そして家の中だけでなく下手したら仕事にも支障が出てきてしまうでしょう。極端な例ですが、いつも洗っていない服の人や、なんとなくいつもほこりっぽい人がいたら周りも敬遠してしまいますし、職種によっては死活問題にもなりかねません。

究極の話だと職を失う可能性だってありますよね。

忙しい毎日、世間の人たちはうまく家事を分担しているのでしょうか。

☆共働き夫婦の家事分担は難しい?

最近では共働きの家庭が多いので、家事を分担している家庭も多いですよね。ただ残念ながら、多くの家庭で家事の割合について妻が夫に不満を持つことが多いようです。

家事は女性のやることで、夫はそれをサポートする手伝う役だと思っている方もまだまだ多いからだそう。かといって夫が家事をしないことを理由に離婚をするのは難しいことです。

多くの家庭では愚痴を言いながらどちらかが妥協をしつつ、なんとか毎日を回しているともいえるでしょう。ただこれも、しない夫が悪いとかではなく、余裕のない毎日のせいだとも言えますよね。

日本は夫が家事をする時間が世界でもとても短い国だそうです。その分妻の家事時間が多いということになりますが、それが要因なのか、専業主婦をしたい妻の割合も他の国よりも多いそうです。

2013年に厚生労働省が行った調査からその理由として「女性には家事や育児など仕事よりもするべきことがあるから」「夫がうまく働けるようサポートするのが妻の役目」と考えている方が多いからだそう。

外国では共働きが当たり前!というのは、日本ほど長時間勤務も少ないため夫も家事に参加ができ、それだけ夫も妻も家事をうまく分担して生活しているからこそかもしれませんね。

もっとゆとりのある働き方が出来れば、家にいる時間も長くなり、家事分担もうまくできるのですが・・勤務体制が整うのはまだまだ先になりそうです。

☆専業主婦の家事放棄は離婚できるのか

家事放棄を理由に離婚ができるのは専業主婦であることが前提だそうです。

専業主婦をされている方は夫のサポートをしている方がほとんどだと思うのですが、中には専業主婦なのに家事を放棄してしまって離婚になってしまうケースもあるんだそうです。

専業主婦の家庭は、分担として「夫が稼ぎ」「妻が家事をする」のが前提だと思うので、それが崩れてしまうと生活がうまくいかなくなるのは当然でしょう。

家庭に関するキーワードを検索するとQ&Aサイトがたくさん最初に出てくることが多いのですが、「専業主婦 家事放棄 離婚」などで検索すると法律事務所などの回答も上の方に出てきます。

男性は仕事も忙しく、ネット上で大っぴらに相談をせず、抱え込んでしまっている方が多いのかもしれません。もしかしたら隠れているだけでそんな家庭は思っているよりもたくさんあるのかもしれませんね。

民法770条の離婚事由には、

「婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき」

という文言があります。民法の書き方が何だかざっくりしているのは、人によってそう思うかどうかがあいまいな部分だからだとも言えます。いつもゴロゴロして散らかりっぱなしの部屋。帰ってきても食事も作らない・・。

夫がそんな毎日の家事放棄に納得がいかず、妻に健康上の理由なども特になければ十分この事由にあたると言えるでしょう。一切の家事も結局帰宅後の夫がしていて妻が何もしないとなると、夫からの離婚請求も認められることが多いでしょう。

☆「ありがとう」言えてますか?

結婚する前は「結婚したらしたいこと」がたくさんありましたよね。ところが現実は夕食後にゆったりおしゃべりをすることもままならず、休日はたまった家事に追われ、また一週間が始まる・・そんな日々でぶつかることが多くなったご家庭もあるかもしれません。

それはお互いが理想の家庭を持ちながら生活しているからこそ。もっと良くしたいと思っているからこそのすれ違いとも言えそうです。くたくたになって帰ってきた夫が何もしていない専業主婦の妻に怒るのも当然のことで「理想の家庭を築きたい」「そのために変わって欲しい」からこそです。

お疲れの毎日の中だとお互い、自分はこんなにやっているのに・・とついつい思ってしまっていませんか?ひとこと「ありがとう」と言い合うのを習慣づけてみてはいかがでしょうか。

専業主婦で何もしなくなった妻も、誰に褒められることのない家事の繰り返しで心が疲れて荒んでいるのかもしれません。

我慢してきた夫からすれば「なぜ自分が気を遣わなければいけないんだ」と思うとは思いますが・・少しだけ「ありがとう」を試してみることで、家事をすることに張り合いが出て変わってくれるかもしれません。離婚を考えるのはその後でも遅くないはず。

☆まとめ

せっかくご縁があって一緒になった二人です。一生を添い遂げようと思った瞬間があったはずです。これからの楽しい未来を描いた時もあったはずです。

お互いの存在価値を認め合うことで、お互いが自主的に家事について、家庭について考えられるきっかけがうまれるといいなと思います。

少しのもやもやの積み重ねがある日爆発してしまわないためにも、ただの日常である小さな家事のひとつひとつを見直す時間を作ってみてはいかがでしょうか。

<関連記事>

専業主婦の夫年収/収入はどのくらい?勝ち組と言われている実態は?

専業主婦はニートじゃない!育児パートに追われる主婦の本音と苦悩

共働きの離婚率ってどのくらい?離婚理由は家事をしない事や子供か?

-お役立ち, 恋愛
-, , ,

執筆者:

関連記事

お下がりがいらないときの断り方!上手に断るための心得3選

子供は成長するスピードが早く、食費以外にも洋服や靴といった衣類用品にも出費がかさみますよね。 そんな中、ありがたいことに近所のママ友や、親族からお下がりを譲り受ける方も多いのではないでしょうか? ただ …

ママ友地獄の意味は?距離を置かれたり好かれる人の特徴5選

子どもを通じてできるつながり、ママ友。 もしかしたらこれから一生のお友達になる可能性もありますが、気が合わない方ともうまくお付き合いしていかなければならない、難しい存在ですよね。今回の記事では、最近騒 …

妊婦の体重増加が止まらない!?我慢しなくていい食生活の送り方

私は二人の息子がいますが、1人目の妊娠時は出産前でプラス20kgも体重増加をしてしまいました(笑)今考えると、とても恐ろしいことなのですが、とにかくご飯が美味しくて妊婦生活の一番の楽しみといえるほど、 …

香典で住所や金額等書かないとマナー違反?書く内容と書き方まとめ

香典は、お通夜またはお葬式に持参するものです。お線香やお花の代わりにご霊前に供えるもので、現金を「のし袋」に包んで持参します。香典に使う不祝儀用の「のし袋」は香典袋とも呼ばれます。 お供えの意味ととも …

でき婚を後悔する女性!幸せじゃないのに幸せアピールをするのは?

「でき婚」は、かつては恥じらいを持って語られることが多かったですが、ポジティブに捉えるために「授かり婚」みたいな言い換えも登場してきました。私の同級生にも「でき婚」した人はいますが、うまくいっている家 …

< 注目記事 >