雑記

高校生の車の免許はいつからとれる?運転免許の取得期間の平均は?

車の免許を早く欲しい高校生は多いですが、学校が禁止していたりして車の免許を取るタイミングがわからない方もたくさんいます。また、入校するためにはたくさんの費用が掛かることを知っていますでしょうか?

ある程度のお金を溜めておかないと年齢は問題なくても、金銭面が理由で免許を取れない可能性が出てくるのです。合宿に行くのか、自動車学校に行くのかで金額が変わってくるので調べておくようにしましょう。

また、高校生を受け入れる時期がある学校の場合はその時期に入校すると割引されていたりもするので、免許を取れる時期と同じように料金も調べて置くようにしてください。

ここでは、高校生が抱えるちょっとした免許への悩みを解決していきます。早く車の免許が欲しいと思っている方は、免許が取れるようになった時期にすぐ行動できるように覚えておきましょう。

高校生の車の免許はいつからとれる?

高校生の車の免許はいつからとれる?

高校生は車の免許を取ることが出来ないと思われがちですが、実は年齢が達していれば自動車学校へ入校することは出来るのです。

ただ、高校のきまりがあったりして免許を取れる環境にいないこともあるでしょう。あなたの環境にあった免許を取る時期はいつなのか考えてみて下さい。

・自動車学校への入校は17歳から

車の免許は18歳から発行されます。しかし、免許を取る際に18歳になっていればいいので、17歳から自動車学校へ入校することは出来るのです。

ただ、そのため18歳になる一か月前程から入校できる自動車学校は多い様に感じます。ただ、17歳での入校時期は自動車学校によって違うので、事前に調べて置くようにしてください。

・学校の許可が出てから

高校生の場合は、学校が免許を取ることを禁止しているところも多いです。そのため、学校の許可が出てから免許を取りに行くと、友人と通うこともできるので、楽しく自動車学校へ通うことができます。

友人と通うことが出来るので、いろいろ教え合ったり、予定の組み方を一緒にしたりできるのも嬉しいですよね。ただ、学校の許可が出る時期は大体秋ごろになるので、そこから2カ月か3カ月を目安にとるようにしてください。

春休みになる2月頃からは、高校生が一番多くなる時期なので、予定が組みにくかったり、入りたい学科に入れないことが出てきます。

思うように学科が受けられないとどんどん免許を取る時期が遅くなってしまうので、早く免許が欲しい方は年内か遅くても1月ごろまでには教習所を卒業できるようにしましょう。

・高校を卒業してから

車の免許はしっかりと勉強しておかないといけないので、自分のペースで通いたいというような理由がある場合は、高校を卒業してから車の免許を取ることをおすすめします。

高校生のうちに免許を取ることが出来れば、割引などで金銭的に楽になるかもしれませんが、周りの友人が仮免許や免許を取ることであなた自身が焦ってしまう可能性もあるのです。

高校生のうちに免許を取ることのメリットやデメリットを考えて、デメリットの方が気になるのであれば、高校を卒業してからゆっくりと勉強をしましょう。

私自身も高校を卒業して大学へ入ってから自動車学校へ入ったので、マイペースに通うことが出来て良かったと思っています。また、高校を卒業してから免許を取る方も多いので、友人が一人もいないというような状況にはならないと感じますよ。

運転免許の取得期間の平均

運転免許の取得期間の平均

運転免許を取るとなると期間はどれくらいでとれるのか気になります。ただ、免許取得期間はとても個人差があるために、平均よりも遅いからと言って気にする必要はありません。

ただ、自動車学校の場合は、入ってから9か月以内に卒業しないといけないので、遅くても9カ月までに卒業できるようにしてください。

・5カ月程

自動車学校へ通うとなると大体の方が5カ月程掛かっています。早い方だと3カ月程で免許を取っている様ですが、その場合は、とても忙しい毎日を送ることになりますし、勉強もそれだけしっかりとしないといけないです。

また、混む時期になると人が多いので、思うように進まないこともあります。なので、早くとりたい方は人が少なそうな時期を選ぶようにしてください。

また、本当に免許が取れるか不安な方もいるかもしれませんが、ほとんどの方が5カ月から6カ月程度で取得していますし、入校してからの期限はもう少しあるので、多少ゆっくり進んでいっても問題はありません。

あなたのペースを大切にしてください。

・2週間前後

自動車学校へ行くのではなく、合宿で免許を取る場合は大体2週間前後でとることができます。ただ、合宿は短期間でとれるというメリットがありますが、その反面、合宿中はその他の予定を入れることができませんし、勉強も短期間で集中的にすることになるのです。

その負担を考えると合宿が合わない方もいます。また、仮免許などが受からなかった場合合宿が伸びてしまったりということもありますので、勉強面に不安を感じる方は合宿ではなく自動車学校へ行くことをお勧めします。

しかし、免許を急いで取りたい方や、集中的に勉強した方がスムーズにできるようなタイプの方は合宿がとても向いていますよ。

・長期休暇の時は思うように免許が取れない

自動車学校や合宿での平均的な免許取得までの期間は分かりました。しかし、これはあくまで平均になります。そのため、春休みや夏休みなどの混んでいる時期は早く行動しないとどんどん免許を取る時期が遅くなってしまうのです。

自動車学校の場合は9カ月という期間が決まっているので、入校してから9カ月目が夏休みや春休みに被っていると、期間がギリギリなのに関わらず学科を受講できずに焦ったり不安になる可能性があります。

よほどのことがない限り9カ月前には取れるとは思いますが、念のため、混む時期を考えた上で入校する時期や、勉強の進め方を考えておきましょう。また、合宿の場合は早めに申し込みをしないと定員オーバーしてしまう可能性があります。

そうなることがない様に、春休みや夏休みに免許を取るのであれば、早めに申し込みをしましょう。

まとめ

高校生にとって免許を取ることはとても楽しみで、夢のように感じます。また、車の免許を取ることで行動範囲も広がり大人になったような気分になることでしょう。

しかし、車の事故は人の命も奪ってしまうような危ない乗り物だということもしっかりと覚えておいてください。車の運転は楽しいですが、気が大きくならず安全運転を心がけましょう。

-雑記
-, ,

関連記事

ガラケーからガラホに乗り換え検討中の人必見!評判と買った人の感想

ガラケーからガラホに乗り換え検討中の人必見!評判と買った人の感想

今ではスマホやiPhoneを使っている人のほうが多くなりました。でも通話とメールしかしないからガラケーで十分なのに、という声も多い中、ガラケーの生産が終了して使えなくなるというお知らせが…。 今販売さ …

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美肌を手に入れたい」と思ってもすぐ美肌になることは難しいです。 もちろん、メイクで隠すことは出来ますが、思春期の高校生の肌に厚塗りしたファンデーションはよくありません。皮脂が多い年代になりますので、厚塗りしてしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまうと言われています。 美肌になるために最も、大切なのはメイクではありません。スキンケアなのです。高校生は何もしなくても綺麗な肌だったり、乾燥が気にならなかったりしますが、それは若いからという理由だけになります。 また、ニキビなどの若い子特有の悩みも今だけかもしれません。ですが、今からきちんとスキンケアをしておくことで何歳になっても綺麗な美肌でいられる可能性が高いですよ。今回スキンケアについて勉強しましょう。 高校生のスキンケアに必要なケア用品 いざスキンケアを始めようと思っても、何から揃えたらいいのか分かりませんよね。高校生はまだまだ肌年齢が若いので、酸いんケアのしすぎもよくないのです。高校生はシンプルなスキンケアを心がける必要があります。そのためには、どのようなスキンケア用品が必要なのでしょうか? ・クレンジング 高校生によくある失敗がクレンジング選びです。クレンジングはメイクの落ちやすさからクレンジングオイルを選択する方を多く見かけます。しかしクレンジングオイルは必要な皮脂も落としてしまうのです。しっかりとメイクが落ちることが魅力のクレンジングオイルですが、必要なものまで落としてしまうので辞めましょう。高校生でニキビなどの肌トラブルに悩んでいる場合、ニキビの原因はクレンジングオイルの可能性もありますよ。 クレンジングはクリームやジェルなどの肌に優しいものを使用するようにしましょう。オイルに比べたらメイクが落ちる時間はゆっくりですが、ゆっくり落とす方が肌に優しいです。ナチュラルな肌に優しいものを選ぶようにしましょう。 ・洗顔 洗顔もクレンジング同様に肌に優しい物を選ぶことが大切です。肌に優しい洗顔でおすすめなのは固形石鹸になります。しかし、固形石鹸のデメリットは「清潔に石鹸を保つことが難しい」ということです。固形石鹸は常に外に出ていることになりますので、菌が繁殖しやすいと言われています。 そのため、固形石鹸を使用するのであれば、お風呂のような湿気の多い場所ではなく、洗面台などなるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。 そして固形石鹸を十分に泡立てて肌を優しく洗うようにしてください。固形石鹸を使用していても十分に泡立てないと肌をこすっていることになります。それでは肌に悪い刺激を与えていることになるので、固形石鹸を使用する意味がありません。 固形石鹸と同様洗顔フォームでもきちんと泡立てるようにしましょう。肌に刺激を与えずにスキンケアすることが美肌への近道ですよ。 ・スクラブ メイクをしたり、日々の生活をする中で角質が溜まっていきます。角質が溜まると化粧水などの栄養分が肌に浸透していかないと言われているのです。そこで活躍するのがスクラブになります。スクラブをすることで肌のいらない角質をとることができるため、化粧水などの浸透力が変わってくるはずです。また、スクラブをすることで肌触りも変わり、触り心地も良くなりますよ。 スクラブは肌へ刺激を与えることになってしまうので週に1回ほどにしておきましょう。 ・化粧水 化粧水はいろんなものが出ていますが、大きく分けて「さっぱり」「しっとり」です。これは肌質に合わせたものを購入することが大切になります。化粧水のポイントは付け方です。 手で付ける方と、コットンで付ける方がいるのですが、どちらも付け方としては間違っていません。よく手で付けると手が吸収してしまい、化粧水がもったいないという話を聞きますが、それは間違いの様です。顔の皮膚に比べて手の皮膚は何倍も厚いので、そのようなことはないと言われています。 手で付ける場合は優しく顔をなぞるように付けるようにしましょう。しかし、コットンはなぞって付けると肌トラブルの原因になるので辞めましょう。コットンを使用する場合は、優しく抑え込むようにポンポンと付けることが大切です。 ・乳液 乳液は化粧水を蒸発させない様にするために、必要なアイテムだと言われています。高校生は皮脂が気になることから、乳液を付けない方が多いです。しかし、きちんと乳液をすることで肌が整うので、健康的な肌にすることができるはず。きちんと最後までスキンケアを行いましょう。 高校生のスキンケアの手順 スキンケアの用品が分かったとしても、手順も知りたいところですよね。今回はそれぞれの手順で気を付けて欲しいポイントやおすすめ方法をご紹介していきます。 1.クレンジング クレンジングはアイメイクなどの濃いメイクをしている時は、ポイントメイク用のクレンジングを使用することで、目元をこする回数を減らすことができます。目元や口元の濃いメイクを落としてから顔全体のメイクを落としましょう。 2.洗顔 洗顔をする時はしっかりと泡立てることが大切です。泡立てることが苦手であれば、泡立てようのアイテムが100均やメイク用品を売っている場所で購入できるので探してみて下さい。 3.化粧水 肌は洗顔後が一番大切なので、洗顔後なるべく早く化粧水を付けるようにしましょう。そうすることで肌が整っていくと言われていますよ。 4.乳液・クリーム 乳液と同じような役割をするクリーム。高校生であればどちらかを付ければ十分です。乾燥が気になる方はクリームがおすすめ。肌の状態に合わせて選択しましょう。 まとめ 高校生のスキンケアはシンプルにすることが大切だと分かりました。肌トラブルに悩んでいたりすると、どうしてもどんどんスキンケアをしたくなってしまいますが、つけすぎると肌の負担になってしまうので、なるべく最低限のスキンケアをするようにしましょう。 どうしても、肌の乾燥などが気になる場合は週に1・2回ほどパックをするといいですよ。週に数回なら大きな負担が肌に掛からず、栄養分を入れられると言われているのでおすすめになります。

高校生のスキンケア用品/必要なものと手順を知って美肌になろう

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。 というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。 というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美 …

部活やめたい/部活辞めたいけど親に言えない説得する方法とは?

部活やめたい/部活辞めたいけど親に言えない説得する方法とは?

部活を辞める際に一番に言わなければいけないのは親です。親は部活を応援してくれていますし、部活に必要なものを購入してくれていたり、いろいろな面でサポートしてくれているのは親になります。 ただ、親だからこ …

「躾」って漢字の成り立ちについて知っている!?漢字の意味は何?

子どもが生まれれば、嬉しさと同時に、親としての責任を感じる人も多いでしょう。 その中の1つに「躾」も含まれています。現代社会において親が幼い我が子へ接する方法は、両極端にブレているような気がしてなりま …

引越しの準備期間はどのくらい必要?役所等の引越し手続きは何する?

引越しをすると色々とすることがあり大変だと思います。今回はそんな方必見で耳寄りでお得な情報も添えています。 さらに引越し業者の選定の他にも不動産会社のやりとり、さらには気になる引越し料金単身・家族での …

< 注目記事 >