雑記

高校生の可愛くなる秘訣/美容法/高校生はスキンケアをしない事が大切?

高校生は50代や60代の方と違い、肌がとても綺麗な年代です。ただ、高校生は「もっと可愛くなりたい」という気持ちから、メイクをするようになってきて、自然とスキンケアも習慣づいてきています。

しかし、高校生のように元から綺麗な肌をしている方たちに本当にスキンケアが必要なのか?疑問に思う方も多いでしょう。

今回は、本当に高校生にスキンケアが必要なのか?必要ではないのか?考えていきませんか?あなたに当てはまるものがあれば、スキンケアの見直しが必要かも…?

高校生の美容法はスキンケアをしない事?

高校生の美容法はスキンケアをしない事?

「高校生はスキンケアが必要ない」と言われることがあります。この言葉にはいろんな意味が隠れていたのです。

スキンケアは年齢に合わせて行うことが大切になりますが、スキンケアをしているほとんどの高校生は「スキンケアのしすぎ」がいけないと感じます。高校生にとってスキンケアはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?

・必要な皮脂を落としてしまう

高校生になるとメイクをしたり、日焼けが嫌で日焼け止めを塗ったりしますよね。可愛くなるためにはメイクも、日焼け予防も必要なことです。しかし、そのメイクや日焼け止めをどのようにして落としていますか?

クレンジングで落としている高校生がほとんどになるでしょう。ただ、クレンジングには界面活性剤が入っていて肌を痛めてしまう可能性があります。

また、クレンジングの中でもクレンジングオイルはすぐメイクが落ちるメリットと共に、肌への刺激が強いというデメリットもあるのです。

そのため、クレンジングをすることで肌にとって必要な皮脂なども落としている可能性があります。肌の乾燥などに悩んでいる方は、クレンジングが原因かもしれません。

ただ、メイクや日焼け止めをしていてクレンジングをしない方が肌に悪いと感じますよね。もちろんメイクや日焼け止めを落とすことは必要です。ここでのポイントは「石鹸で落ちるものを使用する」ということになります。

メイクでも石鹸で落ちるものもありますし、日焼け止めも紫外線吸収剤不使用であれば石鹸で落とすことができるのです。このような、石鹸で落とせるタイプのものを選ぶようにしましょう。

そうすることで、クレンジングを使用しないでメイクや日焼け止めを落とすことができますよ。

・肌に刺激を与えすぎてしまう

スキンケアをすることで、肌に刺激を与えてしまうことになります。肌は思っている以上に繊細で、ちょっとした刺激で肌トラブルを招いてしまうのです。

肌の触り方を知りたい方は一度、エステの体験に行ってみることをおすすめします。エステティシャンの肌への触り方に驚くはず。というのも、エステティシャンの方は触るか触らないか?くらいの力加減で肌に触れているのです。

高校生はスキンケアをする際に、肌の触り方まで気を付けている方は少ないと言われています。その結果、スキンケアをきちんとしているのにも関わらず、肌トラブルを招いてしまうのです。

スキンケアをしているのに、肌トラブルに悩んでいる方はスキンケアしている時の力加減が原因かもしれません。また、スキンケアをすればするほど、肌に触ることになります。

敏感肌の方の場合は特に、肌への刺激を少なくしたほうがいいでしょう。スキンケアをするのであれば、オールインワンなどを使用して肌を触る回数を減らしてみて下さい。

・肌の再生力が低下してしまう

赤ちゃんは肌がプルプルで綺麗ですよね。赤ちゃんは肌の再生力がとても優れていると言われています。そのため、ちょっとした怪我も大人に比べて治る時間が早いです。

このように考えると高校生もまだまだ若いため、スキンケアの必要性はあまり感じません。スキンケアをしすぎてしまうと、肌が化粧品に頼ってしまい、自分自身で綺麗にしようとする肌の再生力が低下すると言われています。

スキンケアはしたらしただけ、肌が綺麗になると思っている高校生は多いですが、実はスキンケアのしすぎも肌の負担になるのです。

また、高校生からスキンケアに頼りすぎていると、大人になった時に肌が急に弱くなってしまう可能性もあります。スキンケアに頼るのではなく、自分で肌を綺麗にしようとする際精力を大切にしてください。

肌の再生力を向上させるためには、食事や睡眠など日々の生活を気を付けることがポイントです。

高校生が可愛くなる秘訣は?

高校生が可愛くなる秘訣は?

可愛くなりたくてスキンケアを頑張っていた高校生は他にどんなことをしたら可愛くなれるのでしょうか?ちょっとしたスキンケア方法もお伝えします。試してみて下さい。

・正しいスキンケア法を知る

高校生にスキンケアが全く必要ないとは言いません。「スキンケアを必ずしなければいけない年齢ではない」ということです。

スキンケアをするのであれば、シンプルなスキンケアにしましょう。シンプルというのは化粧水や乳液で十分ということです。美容液やクリームまで付けてしまうと肌の再生力が低下してしまう可能性があるので気を付けましょう。

・中身を磨く

スキンケアなどの見た目を磨くことも可愛くなるためには、必要なことです。しかし、笑顔があったり、性格が良かったりと中身が可愛いと思われることも大切になります。中身を磨くためには、いろんな人と関わりましょう。

学校の友人や先輩・後輩でもいいですし、バイトでも十分です。たくさんの人と関わることで、いろんな人との関わり方を勉強することができます。その結果、あなた自身の人としての魅力向上になり素敵な可愛らしい女性になることが出来るでしょう。

・ファッションを勉強する

ファッションで人へ与える印象は大きく変わります。芸能人を見ていてもファッションによって雰囲気が違うことにきずくはずです。あなたに合うファッションはどのようなものなのか勉強しましょう。

あなたに合ったファッションを勉強することでワンランク上の女性になることができますよ。ファッションでスタイルアップをすることもできるのです。雑誌やSNSなどで自分に合うファッションを研究して下さい。

まとめ

可愛くなるためにスキンケアをしたり、努力することはとても大切です。

しかし、スキンケアをしたことがきっかけで肌トラブルに悩んでいる方もいます。スキンケアが必要なのか?そうでないのか?は人によるのです。それぞれ肌質が違い、悩みも違います。

肌が弱い方はスキンケアをするよりも、皮膚科で保湿剤などをもらった方がいいかもしれない…。また、肌が丈夫な方は何もしない方が綺麗な肌でいられるかもしれない…。こればかりは、それぞれでしか分かりません。

しかし、いろいろ試してみることが大切です。薬局などには美容部員の方もいます。いろんな方に相談してみながら、あなたが更に可愛くなれるように努力をしてみましょう。

-雑記
-, ,

関連記事

子育て中のママは趣味がない?育児の合間に趣味を見つける方法とは?

子育て中というのは、気づいたら子供ばかりに必死になっている毎日を過ごしています。子育ては楽しいく、幸せと感じている反対で、少し辛くなることもありますよね? そんな時には息抜きをすることが大切です。息抜 …

化粧品は何を使っても変わらない?高い化粧品は無駄遣いなの?

一言に化粧品と言っても安いプチプラの化粧品から高いデパコスのような化粧品までありますね。しかし、高ければ高いほどいいものなのでしょうか?安いと何がいけないのでしょうか? これは、化粧品を使用していると …

美容院/美容室に行く頻度は男性女性で違う?大学生の現状を調べてみた

美容室へ行く頻度って人によって大きく違います。今回は大学生の美容院へ行く頻度に着目して見ました。大学生だと美容への意識も高く、ある程度バイトなどでお金を持っているイメージです。美容院となると、カラーを …

車が止まったらバッテリーの電圧の確認が大事?CADデータとは??

皆さんは、お車を走行中に急に止まってしまったという経験はおありでしょうか?急に止まってしまった場合は、大変慌ててしまいますよね。   今回は、そのようなお車の止まる原因となるバッテリーのお話や、それに …

職場の悩み原因は人間関係が多い?めんどくさい人間関係から逃げる方法

仕事や職場に行きたくないと感じたり、行くのが億劫になった経験はありますか。社会人400人を対象にしたアンケートによると、職場で悩みがあると答えた人は約70%と、3人中2人になんらかの悩みがあるという結 …

< 注目記事 >