子育て 家族 雑記

北海道へ子連れ旅行は冬と9月どちらが人気?プランを立てるコツは?

投稿日:

日本で有数の観光地でもある北海道。大自然やおいしい食べ物が多いので、子連れで楽しく旅行するにはぴったりの場所です。しかし北海道へ子連れ旅行するとなれば、旅費の安さや過ごしやすさを考慮して、いつがおすすめなのでしょうか?

基本的にゴールデンウィーク・お盆休みを含む夏休み期間・年末年始を含む冬休み期間・春休み期間は、北海道旅行の人気が高まり、旅費が高くなります。

そのため旅費を抑えながらゆったりと子連れ旅行を楽しみたいのであれば、これらの時期を避けた秋と冬がおすすめです。

そこで今回は北海道へ子連れ旅行をしたいと考えているあなたに向けて、快適だと言われている9月のケースと比較しながら、冬の試練を徹底解説します。

また、冬の北海道の魅力や楽しみ方、子連れに役立つプラン作成の秘訣もあわせてご紹介するので、計画の参考にしてみてください。

北海道で子連れを悩ませる冬の試練とは?9月のケースと徹底比較!

北海道で子連れを悩ませる冬の試練とは?9月のケースと徹底比較!

空からふわふわと舞い落ちてくる雪、真っ白な銀世界、冬ならではの食材で作ったおいしい料理。もちろんどれもが冬の北海道の魅力ではありますが、現実はそんなに甘いものではありません。

・子連れは特に注意!冬の北海道に待ち受ける試練とは?

冬の北海道は交通の便が不安定です。飛行機は頻繁に離発着の時間が遅れますし、欠航になることも珍しくありません。空港で一晩明かす観光客のニュースを毎年目にしていることでしょう。

広大な北海道はレンタカーやバス・JRで移動することになりますが、積雪の量によって移動に掛かる時間が大幅に変わります。計画していたプラン通りに観光できない可能性もあり、ここが子連れにとって大きな試練になるかもしれませんね。

・冬の北海道は想像以上に寒い?外を歩くだけでも大変!

真冬の北海道は気温がとても低くなるので、子連れ旅行の寒さ対策は欠かせません。風が強いときは手や顔の冷えに悩まされるので、手袋や帽子・耳あてが大活躍します。

またインナーを重ね着して防寒対策をする方が多いのですが、屋外と室内の温度差が激しく、体温調節が難しくなります。特に子供は汗をかきやすいため、水分をこまめに与えて、室内にいるときは体温管理をしっかり行いましょう。

最後に忘れてはいけないのが、北海道だからこそ待ち受ける冬道の試練です。

雪の上を歩くのは、非常に疲れます。足元が悪いので神経をとがらせるためです。雪道用のシューズを用意しておくと歩きやすさは格段にアップするので、予算がある場合は購入をおすすめします。

・9月のケースと比較してみよう!

秋の北海道は天候が比較的安定している季節のため、冬ほど交通の不便さはありません。気温も朝晩は寒さを感じますが、防寒着さえあれば耐えられる範囲です。

もちろん靴は雪道用でなく、普通の靴で大丈夫!ただ子連れ旅行なので、子供を抱っこしているときに転ばない靴を選んでくださいね。

北海道へ子連れ旅行なら冬もあり!根拠とプラン作成の秘訣

北海道へ子連れ旅行なら冬もあり!根拠とプラン作成の秘訣

ここまで見てきて、冬の北海道で子連れ旅行するのは何だか大変そう…と思っていませんか?ですが冬の北海道には数多くの魅力があるため、思い出に残る子連れ旅行ができます。

その根拠とプラン作成の秘訣を見ていきましょう。

・冬の北海道は子連れにしかわからない魅力がある!

冬の北海道には至るところに雪があります。自由に触って遊ぶことができるので、子供にとっては最高のおもちゃです。(しかも無料!)

スキー場や大きい公園に行くとそりすべりなど雪を使ったアクティビティーが楽しめるので、旅行前にチェックしておくことをおすすめします。

夏に北海道へ子連れ旅行し涼もうと考える方が多いのですが、温暖化の影響なのか、札幌や旭川など道央はしっかりと暑い夏がやってきます。屋外での観光が辛くなるほど気温が高くなる日もあるので、子連れ旅行の場合暑さ対策は欠かせません。

寒ければ衣類や暖房で簡単に対策ができるのですが、北海道はまだクーラーが設置されていない場所も多く、暑さ対策は後回しになっています。そのため意外にも冬の方が快適だと感じる道民もが多く、冬に子連れ旅行をおすすめする根拠の一つです。

・北海道への子連れ旅行を快適にするプランを作ろう!

北海道へ子連れ旅行する際のプランを作成するにあたって、大前提は臨機応変に対応できるスケジュールにすることです。大雪や吹雪・移動時間の遅れ・子供の体調不良など、想定外の場面で焦らないよう、ゆとりのあるプランを作成しましょう。

北海道は広大な土地のため、色々な観光地をプランに盛り込むと、移動にほとんどの時間を取られてしまいます。そうなれば子供も楽しくないため、機嫌を損ねてしまうでしょう。

そこで子連れ旅行の場合は、道南・道央・道北・道東の中から一か所をピックアップし、その中で観光して歩くことをおすすめします。だいたい一か所の地域を観光するのに3日掛かると想定しておくと、ゆとりのあるプランが作成できます。

自然を眺めるだけの観光スポットは子供が興味を示さないことが多いので、プランの中には子供が思い切り遊べる場所を盛り込んでください。北海道の玄関口である新千歳空港の中には子供が遊べるスポットもあるので、移動と合わせてプランに加えるのがおすすめです。

最後に北海道を賢く旅するための、プラン作成の秘訣をご紹介します。

多くの人が飛行機を利用して北海道に訪れていますが、新千歳空港を選ぶ人が圧倒的多数です。便数が多く利便性の高さから選ばれているのですが、新千歳空港は冬になると飛行機が飛ばなくなる欠航が増えます。

そこで子連れ旅行のプランを作成するときは、帰りに道内に点在する欠航率が低い空港を利用する方法がおすすめ。特に道東にある空港は欠航が少ないので、足止めを食らう心配を減らせます。

まとめ

大人だけの旅行とは違い、子連れ旅行はプランをしっかり計画しておくことが大切です。特に冬の北海道は子連れを悩ませる想定外が起こりやすいので、大人も子供も楽しめるよう、ゆったりとしたスケジュールを心がけましょう。

必要な準備をして北海道の子連れ旅行に挑めば、家族みんなで素敵な思い出を作ることができます。9月や冬の北海道で、楽しい時間を過ごしてください。

-子育て, 家族, 雑記
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

旦那が好きで仕方ない!旦那を幸せにしたい/旦那さんを幸せにする方法

旦那が好きということはとても素敵なことです。旦那が笑っていたり、楽しそうにしていると、見ているあなたも幸せを感じていることでしょう。 旦那が幸せそうにしているのはあなたとの関係がうまくいっていたり、旦 …

しつけが厳しい、怒鳴るママはもうバイバイ!イライラしない子育て法

自分の子どもにはちゃんとした大人になってほしいと願うのは、ほとんどの親が思っていることで、当たり前の考えだと私は思います。しかし、しつけのつもりでもつい怒鳴ってしまったり、厳しくしすぎてしまったりして …

育てにくい子だと言われる中学生!癇癪持ちの原因は?中学生に特有?

中学生の頃になると、多くの子どもたちは反抗期を迎えることになります。とにかく親から言われること、されることのすべてが嫌で仕方がなくなってしまいます。 そんな反抗期とはちょっと違う、うちの子は、なんでこ …

職場でうるさいおばさん/おしゃべりな人が迷惑!仕事に集中する方法

職場でうるさいおばさん/おしゃべりな人が迷惑!仕事に集中する方法

職場に1人はいるおばさんを迷惑だと感じている方は多いです。そんなうるさいおばさんに気に入られてしまったら、仕事へ支障が出ることもあります…。仕事に集中出来ない程に迷惑をかけられているのであれば、対策を …

100均の布/生地を布テープやスタンプで可愛くアレンジする方法とは!?

100均に売っている、はぎれ布・生地を誰でも簡単にアレンジできる方法があるんです。 100均に売っている布テープやスタンプを使えばおしゃれで可愛いグッズに大変身です。 すべて100円で買えるので低価格 …

< 注目記事 >