雑記

小池真理子作お勧め小説は?恋はドラマ化したけどミステリーもお勧め!

憧れの世代があります。自分と同年代でもなく同じ中学校、高校に通うでもなく、親世代ほどは年上ではない世代です。

見た目とか何か偉業を成し遂げたというのではないのですが精神的に大人で開放されていて洗練された考え方に強く憧れるのです。

小池真理子との出会い

「知的悪女のすすめ」でデビューした短編の名手と言われる女流作家です。このタイトルを思いつく発想がありえません。単語を持ってくるに値する才女で悪女ではありませんが、嫉妬を買うような美人です。彼女との出会いは「殺意の爪」という本でした。

母の古い友人がそんなに読書が好きならと私に何の気なしにくれた文庫本です。思えば母も母の友人もこんな素晴らしい世界を既に堪能し互いに嘆息して共鳴しあっていたのかと羨ましい気持ちで一杯です。

そろそろデビューしてもいいのではないかとはなはだ不遜な対応かと思いますがこの世界を教えてくれたことには感謝です。さて、この出会いの本ですがタイトル通りミステリーです。それも普通のミステリーではありません。

大どんでん返しが待っているのです。今ではありがちなのかもしれませんが当時の私はとにかく驚いてこんなすごいこと書ける人がいるんだ!と感動しきりでした。それから彼女の本をかたっぱしから読みまくりました。

恋のドラマ化

小池真理子の作品は初期の頃から最近のものまで好きですが世間がやっとその魅力に気付き直木賞を取ったのが「恋」という作品です。

これももちろん好きです。内容は、ある素敵な夫婦との出会いから色々な愛情表現の形があること認め合う事の意味、信頼とは、人の心の本当に繊細な部分での「揺れ」やエゴを感じ主人公が苦悩しながらも激しく烈愛というものを静かに思い出すというものです。

石原さとみ、斉藤工、ARATA、田中麗奈など豪華ギャストでドラマ化されました。みなさんそこそこよかったのですが、田中麗奈が斉藤工に出会って恋に落ちるわけですが、これは本の中でも表現されていますが、雷に打たれたように恋にまさに堕ちるシーンなのです。

何が好きとか好みとか一切なしに一瞬で惹かれあう苛烈な刻でなくてはならないのです。残念すぎました。何を言われてもここだけは譲れません。

他は、田中麗奈が石原さとみにわかってもらいたいけれどわかってもらえないだろうなという諦めとわかるまいという優越のまざった感情表現、ARATAの認め合ってきたという自信がぶれて自分の主張の矛盾を突かれた苦い経験からくる苦悩、なかなかよく(えらそう)見所満載です。

小池真理子は自分は官能小説を書きたいといっています。それは生々しく男女の絡みを書くのではなく和室の畳に無造作におかれたべっこうのくしがそれを持つ女の艶かしさを語り届きそうで届かぬ一瞬の妄想ともいえる幻想を一枚の絵画にとどめる様な表現のある小説だそうです。

「恋」のドラマ化は見た人の記憶に一枚の絵画を残すことができたのでしょうか。

小池真理子の恋愛小説とミステリー

最初にも書きましたが小池真理子は短編の名手とも言われるほど主にミステリーの技巧者です。短編でいくつも2時間ドラマなどでドラマ化されて放映されています。

私的には少しシニカルなところがあって本当に好きです。小池真理子の「恋」に匹敵する恋愛小説とミステリー小説をいくつか紹介したいと思います。

~薔薇船~

表題に負けないこれでもか!と耽美主義というか自身の美意識を追究して表現しまくった多分陶酔しながら書いた作品です。一文一文にいちいち感動しながら時間をかけて楽しむ作品です。

~虹の彼方~

どれだけ批判されようと馬鹿にされようとないといえますか?

こんな風に恋に堕ちてみたい馬鹿になってみたい、そんな欲望が。私は主人公高木志摩子に憧れました。マジックにかかっています。(笑)

~無花果の森~

なんとなくハッピーエンド、イヤミスとかではありませんが、だから無花果っていまいち人気ないんだろうなと思ってみたり、本当に私的に主人公たちの恋愛を含めた関係よりもかくまってくれた画家の女性の欲望と死にざまにドラマを感じました。

~月狂ひ~

小池真理子らしい表題に昔のサスペンスを思い出して胸躍りましたが、この頃からか特に女性の晩年の恋愛についての小説が多くなってきたような気がします。その走りでしょうがどこか「和」を思わす出だしからまさに葛きりのような、熱情とは裏腹な静謐な恋愛を描ききっている秀作でした。

~天の刻~

上記の作風になって少し経ってからの作品でしょうか。とても好きです。満たされた生活を周りも自身も自覚しているはずなのに今際の刻には記憶にもないくらいの寧ろそうなってしまったが故の恋い焦がれたもしくは、全く違った感情で魅かれた相手の名を口にする。

しかも自分ではそのことすら自覚がない。自分にもそんな存在が刻があるのかと考えて想像を楽しむことができる作品です。

~倒錯の庭~

とにかく好きです。一番好きといってもいいです。何が倒錯かというと主人公るい子が幸せに自分は悪魔だと陶酔しきっているところが果てしなく美しいのです。

年下の男との関係がプラトニックで(書かれていないだけかもしれませんが)これが官能だと勝手に納得してしまいました。いうなればこれが作品「恋」の走りで原点だとこれも勝手に判断しています。

~妻の女友達~

シニカルです。奥様は本当にこれが等価交換なのかと疑いたくなるような選択をしてまるでそれこそ生きる屍のような旦那を手に入れるわけですが、生活も環境も損得もなしに恋とか愛情を自分で脚色して手に入れるならそんな選択するわけないと考えさせられる作品です。

~モンローが死んだ日~

小池真理子の作品の主人公は女性が多いですがみんな何かに耐えることが多い気がします。

この作品の主人公は私が知る限り2番目くらいに耐え忍んでいる女性です。だからこその名言と感じたのが「妄想は自分を破壊する」というセリフです。どんな時にこのセリフを思ったのか想像するもよし探すのもよしな作品です。

~二重生活~

割と最近映画化された気がします。個人的には長谷川博巳さんははまり役な気がします。

彼が演じたような男性がいたらみんな恋に堕ちます。

まとめ

憧れの世代女性だからでしょうか。

どの作品もキャラが素敵とかではなくて、共感とか憧れが多いのは彼女がそういう人間だからなのか寄り添って表現しているからなのか何もかもが美しく感じられて気持ちよく自分が陶酔できるところが私にはまっているのだと思います。

ぜひこの世界にはまってもらいたいと思います。

-雑記
-, ,

関連記事

ご近所トラブルはどこに相談すれば良い?ご近所トラブルの原因は子供?

日々快適な生活を送るためには、ご近所とのトラブルは出来るだけ避けたいですよね。 実際どのようなトラブルが多く発生しているのか、もし発生してしまった時にはどのような対処を取るべきなのか等をまとめていきま …

一人旅はおかしい?かわいそう?できる人とできない人の違いは?

一人旅はおかしい?かわいそう?できる人とできない人の違いは?

最近では「おひとりさま」と言われるほど、一人で行動をする方が多くなってきました。その中でも今回は「一人旅」に注目してみましょう。一人旅は一人で行動する中で一番、難易度が高い様に感じます。 しかし、一人 …

高3で本当に行きたい大学がない/わからない進路の選択肢は何がある?

高3で本当に行きたい大学がない/わからない進路の選択肢は何がある?

大学って何をする場所?本当に行く必要があるのか?と疑問に感じます。高校3年生で自分の進路を考えた時、行きたい大学がなくてどうしたらいいかわからない方はたくさんいるのです。 ただ、何をしたらいいのかわか …

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美肌を手に入れたい」と思ってもすぐ美肌になることは難しいです。 もちろん、メイクで隠すことは出来ますが、思春期の高校生の肌に厚塗りしたファンデーションはよくありません。皮脂が多い年代になりますので、厚塗りしてしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまうと言われています。 美肌になるために最も、大切なのはメイクではありません。スキンケアなのです。高校生は何もしなくても綺麗な肌だったり、乾燥が気にならなかったりしますが、それは若いからという理由だけになります。 また、ニキビなどの若い子特有の悩みも今だけかもしれません。ですが、今からきちんとスキンケアをしておくことで何歳になっても綺麗な美肌でいられる可能性が高いですよ。今回スキンケアについて勉強しましょう。 高校生のスキンケアに必要なケア用品 いざスキンケアを始めようと思っても、何から揃えたらいいのか分かりませんよね。高校生はまだまだ肌年齢が若いので、酸いんケアのしすぎもよくないのです。高校生はシンプルなスキンケアを心がける必要があります。そのためには、どのようなスキンケア用品が必要なのでしょうか? ・クレンジング 高校生によくある失敗がクレンジング選びです。クレンジングはメイクの落ちやすさからクレンジングオイルを選択する方を多く見かけます。しかしクレンジングオイルは必要な皮脂も落としてしまうのです。しっかりとメイクが落ちることが魅力のクレンジングオイルですが、必要なものまで落としてしまうので辞めましょう。高校生でニキビなどの肌トラブルに悩んでいる場合、ニキビの原因はクレンジングオイルの可能性もありますよ。 クレンジングはクリームやジェルなどの肌に優しいものを使用するようにしましょう。オイルに比べたらメイクが落ちる時間はゆっくりですが、ゆっくり落とす方が肌に優しいです。ナチュラルな肌に優しいものを選ぶようにしましょう。 ・洗顔 洗顔もクレンジング同様に肌に優しい物を選ぶことが大切です。肌に優しい洗顔でおすすめなのは固形石鹸になります。しかし、固形石鹸のデメリットは「清潔に石鹸を保つことが難しい」ということです。固形石鹸は常に外に出ていることになりますので、菌が繁殖しやすいと言われています。 そのため、固形石鹸を使用するのであれば、お風呂のような湿気の多い場所ではなく、洗面台などなるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。 そして固形石鹸を十分に泡立てて肌を優しく洗うようにしてください。固形石鹸を使用していても十分に泡立てないと肌をこすっていることになります。それでは肌に悪い刺激を与えていることになるので、固形石鹸を使用する意味がありません。 固形石鹸と同様洗顔フォームでもきちんと泡立てるようにしましょう。肌に刺激を与えずにスキンケアすることが美肌への近道ですよ。 ・スクラブ メイクをしたり、日々の生活をする中で角質が溜まっていきます。角質が溜まると化粧水などの栄養分が肌に浸透していかないと言われているのです。そこで活躍するのがスクラブになります。スクラブをすることで肌のいらない角質をとることができるため、化粧水などの浸透力が変わってくるはずです。また、スクラブをすることで肌触りも変わり、触り心地も良くなりますよ。 スクラブは肌へ刺激を与えることになってしまうので週に1回ほどにしておきましょう。 ・化粧水 化粧水はいろんなものが出ていますが、大きく分けて「さっぱり」「しっとり」です。これは肌質に合わせたものを購入することが大切になります。化粧水のポイントは付け方です。 手で付ける方と、コットンで付ける方がいるのですが、どちらも付け方としては間違っていません。よく手で付けると手が吸収してしまい、化粧水がもったいないという話を聞きますが、それは間違いの様です。顔の皮膚に比べて手の皮膚は何倍も厚いので、そのようなことはないと言われています。 手で付ける場合は優しく顔をなぞるように付けるようにしましょう。しかし、コットンはなぞって付けると肌トラブルの原因になるので辞めましょう。コットンを使用する場合は、優しく抑え込むようにポンポンと付けることが大切です。 ・乳液 乳液は化粧水を蒸発させない様にするために、必要なアイテムだと言われています。高校生は皮脂が気になることから、乳液を付けない方が多いです。しかし、きちんと乳液をすることで肌が整うので、健康的な肌にすることができるはず。きちんと最後までスキンケアを行いましょう。 高校生のスキンケアの手順 スキンケアの用品が分かったとしても、手順も知りたいところですよね。今回はそれぞれの手順で気を付けて欲しいポイントやおすすめ方法をご紹介していきます。 1.クレンジング クレンジングはアイメイクなどの濃いメイクをしている時は、ポイントメイク用のクレンジングを使用することで、目元をこする回数を減らすことができます。目元や口元の濃いメイクを落としてから顔全体のメイクを落としましょう。 2.洗顔 洗顔をする時はしっかりと泡立てることが大切です。泡立てることが苦手であれば、泡立てようのアイテムが100均やメイク用品を売っている場所で購入できるので探してみて下さい。 3.化粧水 肌は洗顔後が一番大切なので、洗顔後なるべく早く化粧水を付けるようにしましょう。そうすることで肌が整っていくと言われていますよ。 4.乳液・クリーム 乳液と同じような役割をするクリーム。高校生であればどちらかを付ければ十分です。乾燥が気になる方はクリームがおすすめ。肌の状態に合わせて選択しましょう。 まとめ 高校生のスキンケアはシンプルにすることが大切だと分かりました。肌トラブルに悩んでいたりすると、どうしてもどんどんスキンケアをしたくなってしまいますが、つけすぎると肌の負担になってしまうので、なるべく最低限のスキンケアをするようにしましょう。 どうしても、肌の乾燥などが気になる場合は週に1・2回ほどパックをするといいですよ。週に数回なら大きな負担が肌に掛からず、栄養分を入れられると言われているのでおすすめになります。

高校生のスキンケア用品/必要なものと手順を知って美肌になろう

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。 というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。 というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美 …

サッカーとフットボール、どっちが正しい?語源をイギリスから探る!

ふだんはあまりサッカーに関心がない人でも、4年に1回はその名を耳にしますね。 ワールドカップが開催されると、意識しなくともいろんなメディアを通してサッカーに関する情報が流れてきます。各国の選手たちが威 …

< 注目記事 >