雑記

甥姪にお年玉いつまであげる?年齢別の金額相場もしらべてみた

投稿日:2017年12月30日 更新日:

子供のころはお正月が来るのがとても楽しみでした。皆さんもきっとそうだったと思います。その理由の大半を占めるのは、お正月のうたの歌詞にあるたこ揚げでもコマを回すのでもなく「お年玉をもらえるから」ではありませんでしたか?私は間違いなくそうでした。

ところが現金なもので、大人になるとお正月は少し憂鬱なものに変わりました。言うまでもなくお年玉をあげなければならなくなったからです。

いただいた分自分もあげるほうに回るのは当然の流れなのですが・・。色々と物入りの年末、大きな出費になるのは間違いありません。今回は、子供は嬉しい、大人は・・なお年玉についてのお話です。

☆お年玉はいつまで貰える?

皆さんは、お年玉っていつまでもらっていましたか?

大学を卒業するまで?それとも20歳になるまで?高校を卒業したら働き始めたからそれまでだったよ、という方もいれば、成人後の今もまだもらっています!なんて方もいるかもしれません。

おじいちゃんおばあちゃん、親、親戚のおじさんおばさんなどもらう関係性によっても、金額やもらえる時期が異なるでしょう大人になり自分があげる方になってからは、いつまであげればいいのか悩みどころでもありますね。

今回は、兄弟姉妹の子供、つまり自分から見た甥や姪に対してのお年玉事情について調べてみました。世間の皆さんはいつまであげているのか、いくらあげているのか、早速見ていきましょう。

甥、姪へのお年玉金額の相場

世間の皆さんは、甥、姪にいくらぐらいあげているのでしょうか?

ネット上などで見ていった結果、だいたいこれぐらいが相場のようです。

幼稚園 500円~1000

小学生

・低学年 1000円~3000

・高学年 3000円~5000

中学生 3000円~5000

高校生 5000円~10000

大学生 なし~10000

自分の時もらっていた金額と比べていかがでしょうか?私はだいたい相場くらいもらっていたのかなという印象でした。

小学校にまだ行ってない年齢の子供たちは、自分ひとりでお店でお買い物ができないことも多いのでお金ではなくお菓子などの物であげることも多いそうですよ。親戚の集まりは退屈でしょうし、その場ですぐ楽しみができてとてもよろこばれそうですね。

年齢で金額を区切ることで「お兄(姉)ちゃんの方が多い!ずるい!」といった兄弟げんかもおさまりそうです。「○年生になったらあなたもこれだけもらえるよ」いったルールがあれば文句も言えません。

その他にも、何歳の子にも一律でいくら、と決めてしまっている人もいるそうです。どこかの年齢で少なく感じてくる可能性はありますが、毎年悩むこともないですし用意するときも楽でいいかもしれませんね。

甥、姪へのお年玉。何歳まであげればいいの?

前の項でもあったように大学生になるとお年玉を渡さなくなるおうちも一定数はあるようです。ネット上でも、「大学生にもお年玉をあげるべきか」といった話題が多く上がっていました。

あげない理由としては、もうバイトもしているし・・、もういい大人でしょ・・、などが多いみたいです。意見は結構分かれていて、あげるのとあげないので半々といったところです。

半分もあげてない人がいるなら私もそっち側になろう!」「今年からあげないことにする!と自己都合で決めたいところですが、やはり念のため、親戚同士での相談はておきましょう。

あの家のおじさん(おばさん)はくれなかった・・と言われてケチの烙印を押されてしまうかもしれません、その家によっては親戚同士の何かしらのルールがあるかもしれません

新札への両替、どこでできる?

さっそくこの新年もお年玉をあげなければならない皆さん、お年玉のお札の準備はもうお済みですか?年末になると新札への両替で銀行窓口は大混雑、5000円札などは枚数制限があったりするので早めに準備をしなければなりませんよね。

新札への両替、銀行以外でもできないのか調べてみました

郵便局では扱っているところも。

2007年に民営化されてから、郵便局でも両替が可能になりました。ゆうちょ銀行の窓口がある郵便局で両替ができ、手数料はもちろんかかりません。郵便局は銀行よりも近くにあることが多いので、両替ができるならとてもありがたいですよね。

ただ、銀行ほどの用意がないことも多いのと、簡易郵便局などの小さな郵便局だとできないこともあるので、窓口に問い合わせてから行くようにしましょう。

・コンビニATM札が多い?!

銀行も郵便局も行く時間がない・・というあなた郵便局よりもさらに身近なコンビニATM出金を試してみるのもいいかもしれません。コンビニATMは一般的なATMよりも狭いスペースにお札を入れなければならないので、綺麗なお札を入れている確率が高いのだそうです。

もちろん確実な方法でもないですし手数料がかかることもあるのですが、困ったときには試してみる価値はありそうです。

・最後の手段!自分で新札(風?)にしよう!

手持ちのお札を自宅できれいにしてみましょう。あくまでも新札「風」にする手段ですのであしからず。

自宅でどうにかする方法として、アイロンをかける方が多いかと思います。その際に水でぬらすのもいいのですが、裏技として「大根おろしの汁」を塗ってアイロンをかける方法があります。大根に含まれる消化酵素がお札をパリッときれいにしてくれんだそうです。

それでは簡単にその方法をご紹介します。

1.大根おろしをキッチンペーパーで包み、お札の表と裏にしっかり塗り込み濡らします。

2.そのお札を伸ばしながら「低温」のアイロンをゆっくり丁寧にかけます。

たったこれだけです。

緊急措置ですが、最終手段としてはかなり使えます。ぜひ一度お試しください。

☆まとめ

いかがだったでしょうか?今度のお正月、甥や姪にいくらあげるかの参考になりましたでしょうか?私は調べてみて改めて、自分のときはどうだったかな?と思い出すきっかけにもなりました。

ちなみにお年玉を入れるポチ袋の「ポチ」は「これっぽっち」の「ぽち」の意味だそうですよ。なかなかの金額なのにな・・というのはあげる立場になったからこその感想でしょうか。

最後まで読んで頂きありがとうございました。少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

<関連記事>

年の離れたいとこにお年玉はあげるべき?いとこ同士のお年玉の考え方

お年玉の相場まとめ!赤ちゃんから大学生までの相場額と使い道大調査

-雑記
-,

執筆者:

関連記事

会社の飲み会強制は普通?つまらないし苦痛と感じた時上手に断る方法

会社で飲み会は、参加したくないときもありますよね。そのときは、断る必要があるのですが、断るときは適切な方法で断ることが大切です。 中途半端な理由を言ってしまうと、思わぬ結果を招いてしまうかもしれません …

羽子板飾り処分の方法は?飾る場所や飾る時期についても調べてみた

皆様、お正月飾りの一つ羽子板ですが、羽子板を購入したのはいいけれど、飾る時期や飾り方そして、重要な処分方法が全くわからない…。 そんな方は意外にも沢山いるのでは? 今回はそんな悩みを解決す …

高校生の可愛くなる秘訣/美容法/高校生はスキンケアをしない事が大切?

高校生は50代や60代の方と違い、肌がとても綺麗な年代です。ただ、高校生は「もっと可愛くなりたい」という気持ちから、メイクをするようになってきて、自然とスキンケアも習慣づいてきています。 しかし、高校 …

テスト前日ゲームがやめれない/徹夜はしない方がいい?睡眠とその意味

テスト前日は勉強をしないといけないと分かっていても、ゲームがやめられないって学生あるあるではないでしょうか?その気持ちとっても良くわかります。 勉強を始めてみるとゲームの続きが気になったり、他の友人に …

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美肌を手に入れたい」と思ってもすぐ美肌になることは難しいです。 もちろん、メイクで隠すことは出来ますが、思春期の高校生の肌に厚塗りしたファンデーションはよくありません。皮脂が多い年代になりますので、厚塗りしてしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまうと言われています。 美肌になるために最も、大切なのはメイクではありません。スキンケアなのです。高校生は何もしなくても綺麗な肌だったり、乾燥が気にならなかったりしますが、それは若いからという理由だけになります。 また、ニキビなどの若い子特有の悩みも今だけかもしれません。ですが、今からきちんとスキンケアをしておくことで何歳になっても綺麗な美肌でいられる可能性が高いですよ。今回スキンケアについて勉強しましょう。 高校生のスキンケアに必要なケア用品 いざスキンケアを始めようと思っても、何から揃えたらいいのか分かりませんよね。高校生はまだまだ肌年齢が若いので、酸いんケアのしすぎもよくないのです。高校生はシンプルなスキンケアを心がける必要があります。そのためには、どのようなスキンケア用品が必要なのでしょうか? ・クレンジング 高校生によくある失敗がクレンジング選びです。クレンジングはメイクの落ちやすさからクレンジングオイルを選択する方を多く見かけます。しかしクレンジングオイルは必要な皮脂も落としてしまうのです。しっかりとメイクが落ちることが魅力のクレンジングオイルですが、必要なものまで落としてしまうので辞めましょう。高校生でニキビなどの肌トラブルに悩んでいる場合、ニキビの原因はクレンジングオイルの可能性もありますよ。 クレンジングはクリームやジェルなどの肌に優しいものを使用するようにしましょう。オイルに比べたらメイクが落ちる時間はゆっくりですが、ゆっくり落とす方が肌に優しいです。ナチュラルな肌に優しいものを選ぶようにしましょう。 ・洗顔 洗顔もクレンジング同様に肌に優しい物を選ぶことが大切です。肌に優しい洗顔でおすすめなのは固形石鹸になります。しかし、固形石鹸のデメリットは「清潔に石鹸を保つことが難しい」ということです。固形石鹸は常に外に出ていることになりますので、菌が繁殖しやすいと言われています。 そのため、固形石鹸を使用するのであれば、お風呂のような湿気の多い場所ではなく、洗面台などなるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。 そして固形石鹸を十分に泡立てて肌を優しく洗うようにしてください。固形石鹸を使用していても十分に泡立てないと肌をこすっていることになります。それでは肌に悪い刺激を与えていることになるので、固形石鹸を使用する意味がありません。 固形石鹸と同様洗顔フォームでもきちんと泡立てるようにしましょう。肌に刺激を与えずにスキンケアすることが美肌への近道ですよ。 ・スクラブ メイクをしたり、日々の生活をする中で角質が溜まっていきます。角質が溜まると化粧水などの栄養分が肌に浸透していかないと言われているのです。そこで活躍するのがスクラブになります。スクラブをすることで肌のいらない角質をとることができるため、化粧水などの浸透力が変わってくるはずです。また、スクラブをすることで肌触りも変わり、触り心地も良くなりますよ。 スクラブは肌へ刺激を与えることになってしまうので週に1回ほどにしておきましょう。 ・化粧水 化粧水はいろんなものが出ていますが、大きく分けて「さっぱり」「しっとり」です。これは肌質に合わせたものを購入することが大切になります。化粧水のポイントは付け方です。 手で付ける方と、コットンで付ける方がいるのですが、どちらも付け方としては間違っていません。よく手で付けると手が吸収してしまい、化粧水がもったいないという話を聞きますが、それは間違いの様です。顔の皮膚に比べて手の皮膚は何倍も厚いので、そのようなことはないと言われています。 手で付ける場合は優しく顔をなぞるように付けるようにしましょう。しかし、コットンはなぞって付けると肌トラブルの原因になるので辞めましょう。コットンを使用する場合は、優しく抑え込むようにポンポンと付けることが大切です。 ・乳液 乳液は化粧水を蒸発させない様にするために、必要なアイテムだと言われています。高校生は皮脂が気になることから、乳液を付けない方が多いです。しかし、きちんと乳液をすることで肌が整うので、健康的な肌にすることができるはず。きちんと最後までスキンケアを行いましょう。 高校生のスキンケアの手順 スキンケアの用品が分かったとしても、手順も知りたいところですよね。今回はそれぞれの手順で気を付けて欲しいポイントやおすすめ方法をご紹介していきます。 1.クレンジング クレンジングはアイメイクなどの濃いメイクをしている時は、ポイントメイク用のクレンジングを使用することで、目元をこする回数を減らすことができます。目元や口元の濃いメイクを落としてから顔全体のメイクを落としましょう。 2.洗顔 洗顔をする時はしっかりと泡立てることが大切です。泡立てることが苦手であれば、泡立てようのアイテムが100均やメイク用品を売っている場所で購入できるので探してみて下さい。 3.化粧水 肌は洗顔後が一番大切なので、洗顔後なるべく早く化粧水を付けるようにしましょう。そうすることで肌が整っていくと言われていますよ。 4.乳液・クリーム 乳液と同じような役割をするクリーム。高校生であればどちらかを付ければ十分です。乾燥が気になる方はクリームがおすすめ。肌の状態に合わせて選択しましょう。 まとめ 高校生のスキンケアはシンプルにすることが大切だと分かりました。肌トラブルに悩んでいたりすると、どうしてもどんどんスキンケアをしたくなってしまいますが、つけすぎると肌の負担になってしまうので、なるべく最低限のスキンケアをするようにしましょう。 どうしても、肌の乾燥などが気になる場合は週に1・2回ほどパックをするといいですよ。週に数回なら大きな負担が肌に掛からず、栄養分を入れられると言われているのでおすすめになります。

高校生のスキンケア用品/必要なものと手順を知って美肌になろう

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。 というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。 というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美 …

< 注目記事 >