夫婦関係

婚活に疲れた・やめたい人増加中?/うまくいかない原因は高望みか?

投稿日:

皆さんは婚活されていますか?

もしくは身近に婚活している人はいますか?結婚は人生の一大イベントですよね。なにせ自分が生涯添い遂げる人を選ぶのですから。

早く結婚しい、でも少しでも自分に会う人を選びたいと高望みをしてしまう人が多く、条件を厳しくした結果中々結婚に至らない人がかなりいるそうです。

婚活している人中には、

「もう自分に結婚は向かないのではないか。」

「婚活やめたい・・・。疲れた。」

という人も数多くいます。

今回は婚活に疲れた人またはうまくいかない人は高望みをしすぎているのか、という点にスポットを当てて行きます。

今の婚活現状とは?悩みや原因を追ってみました。

スポンサードリンク

☆婚活するのが辛い理由とは!?

婚活に疲れている女性や男性は今増加傾向にあるようで、婚活ならではの悩みがあるようです。実態を調べてみました。

・男性と会うたびに同じ挨拶や始めましてをする作業に疲れた

・ゼロからまた築いていかないのでそのサイクルに疲れる。

・男性に会う数が多すぎて何がいいのかわからなくなった。

・笑顔を作るのに疲れた。

・午前 午前 夜と1日3回も会うを繰り返し誰がいいかもわからなくなった

このように長期的な婚活と同じサイクルを繰り返し、笑顔での対応などマンネリ化と疲労の蓄積が重なっているケースが多くみられているようです。

婚活する女性・男性はもちろん仕事もあり、忙しい合間の隙間、時間を利用して結婚というゴールに向かい戦っています。

しかし回数を1.3.5.10.30.50.回と繰り返すうちに上手くいかない辛さや、なかなか良い人に出会えず負のスパイラルに落ち込んでいました。

結婚相談所に行けば結婚できる!最初はそのように意気込んで一生懸命頑張りますが、回数が増えれば増えるほど自信をなくしている現状が見えてきました。

スポンサードリンク

☆結婚相談所の成約率は!?

大手結婚相談所で成約率を公表されていないというのが実態でした。実際の平均は数%台が多いという情報もありました。このことから結婚相談所でも狭き門とは言えます。

しかしながらオーネットという相談所は年間1割台そしてパートナーエージェントに関しては2割の実績がありました。どちらもきめ細やかなサービスがあり、対応も良いみたいです。

さらに調べると個人としての問題が見えて来ました。婚活がうまくいくポイントを結婚相談所職員にアンケートしたところ「臨機黄変・聞く力・柔軟性」など共通するポイントも上がりました。婚活にどのような姿勢で臨むかも重要という事がわかりました。

しかしながら結婚したくてもなかなか上手くいかないのも事実です。そして男性側と女性側で婚活の姿勢や考え方が違うのも事実です。

女性側からすれば男性に求めるものはやはり収入を気にされる方が多いのではないでしょうか?調べてみると多くの婚活女性が相手の男性に求める収入は年収500万以上や600万以上だそうです。

しかしながら日本の現状を考えるとそう上手くいかないのが事実です。

例えば年収100万円から1000万円の分布を厚生労働省のデータで見ると

100万以下6.6% 100万〜200万 12.7%

200万〜300万13.9% 300万〜400万

13.3% 400万〜500万 10% 

500万〜600万8.9% 600万〜700万 7.1% 

700万〜800万 8.2% 800万〜900万 5.1%

900万〜1000万 3.9%

このようになります。500万円以上の年収を希望した場合は33.2%となります。そして結婚相談所の会員数にもよりますが、日本人男性全てがいるわけではないので、競争率や入る人はかなり少なくなって来ます。

年収だけを重視するとかなり難しくなることがわかります。これが先ほど言いました。柔軟性に繋がってきます。

つまり相手を探すだけでもかなり大変になります。1ヶ月や3ヶ月で見つけるのは至難の技になってしまいます。年収高い男性が婚活市場に出てくることなどかなりの低い確率になりそうですからね。

では男性が求める女性像はなんでしょうか?それは若い女性・容姿・35歳以下だそうです。

男性では子供が欲しいからと35歳以下の人を求めています。最近では40歳の高齢出産もありますが、結婚相談所では35歳以上になると途端に人気がなくなるそうです。

結婚は大切なものですから納得した人を選びたいのは当然ですが、男性も女性も言えるのはかなり外見的なイメージ年収 年齢 容姿など外に行きがちになっているようです。

これが男女の意見や要望が重なるわけですから、上手くいかず婚活に疲れてしまいます。

スポンサードリンク

☆婚活に疲れたらどうすれば良い!?

それではどうすれば、婚活に疲れず前向きに挑戦し結婚へと結びつけれるのでしょうか?

・余裕を持った生活にする

婚活が上手くいかず負のスパイラルに陥り結婚への焦りが募ってしまうのは無理もないかも知れません。しかし焦り過ぎも禁物です。変に焦っても気持ちが空回りしてしまい、また負のスパイラルに落ち込んでしまいます。

それを防ぐためにもまずは休憩期間を設けましょう。忙しい毎日から解放されゆとりある婚活生活にシフトしましょう。そうすることで気づくこともありますし新しい発見も出てくるはずです。

・価値観を変えて見る

年収 容姿 年齢は大切なことかも知れません。お金は必要です。生きてく為にも食べていく為にもしかしお金だけが全てでしょうか?

お金があれば結婚生活が円満と言えるでしょうか?結婚したはいいけど離婚してしまったのではかけたお金や努力も無駄になってしまいます。

次に容姿ですが、容姿にこだわり過ぎて大事な性格のない内面を疎かにしてしまい結婚すれば浮気されたりと結局離婚へ繋がります。例え容姿が良くなくとも一生懸命に支えてくれる旦那や妻だったらどうでしょうか?

きっと成功する結婚という意味では後者の方が正解だと思います。年齢だけで全てを決めるのも軽率かも知れません。子供が欲しいならば里親という手はあります。自分の子供がいいというのもあるかも知れませんが、目の前にある幼い命には変わりはありません。

里親で出迎え我が子のように育てる事できっと気付けることもあるはずです。こうした固定観念が本当に結婚する意味で阻害しているかもしれません。考え方や価値観を変えることも大切なのです。

☆まとめ

いかがでしたか?婚活はとても難しい問題ですし、楽なものではないです。

「理想の相手を見つけたい」その気持はわかりますが凝り固まった条件や価値観を持ち続けていると疲れますし、そのような状態では相手にも良い印象を与える事はできないでしょう。

一度自分の中で見つめ直し、無理のない婚活をしてくださいね。

では、今回はここまで。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

-夫婦関係
-,

執筆者:

関連記事

共働きの離婚率ってどのくらい?離婚理由は家事をしない事や子供か?

共働きの離婚率ってどのくらい?離婚理由は家事をしない事や子供か?

結婚、出産をした後も仕事を続ける女性が増えていますよね。女性の社会進出が進み、晩婚化や不妊である女性が増えたりとしている中で、夫婦という関係も大きく変化しています。みなさんは共働きですか? 結婚されて …

no image

旦那が低収入なのに車を欲しがる/購入について夫婦喧嘩!イライラが止まらない!

旦那が低収入でも車が必須の地域なのであれば、車を持たないという選択肢はありません。しかし、低収入の場合は車を持つことが大変に感じます。維持費はもちろんですがローンを組む場合は家計に掛かる負担はとても大 …

新婚旅行の費用は誰が出す??負担と分担トラブル回避のための体験談

新婚旅行の費用は誰が出す??負担と分担トラブル回避のための体験談

新婚旅行は夫婦となって初めての旅行です。 いつもの弾丸旅行とは違い、海外やリゾートホテルなどのいつもより高級な旅行にウキウキしますよね。ただ、結婚が絡んでくるので、両家の親から旅費を出してもらうのか新 …

結婚生活/新婚なのに辛いけど離婚をしたくない方必見!解決策4選

新婚生活と聞くと「幸せ」というプラスの感情も見えてくる方は多いです。しかし、新婚だからと言って、必ずしもすべての人が幸せを感じているわけではないことが分かりました。というのも、結婚してからわかることが …

兼業主婦しんどい/辞めたい/働きたくないと感じたら夫にどう伝える?

兼業主婦しんどい/辞めたい/働きたくないと感じたら夫にどう伝える?

兼業主婦は兼業主婦にしか分からない大変さがあります。中には、働くことが好きな方もいますが、目標のために無理して頑張っている方もいるのです。ただ、専業主婦が楽で兼業主婦が大変と差別をしているのではありま …

< 注目記事 >