お役立ち

法事に親戚を呼ばないとトラブルになる?親族と疎遠にならない方法

投稿日:2018年5月30日 更新日:

法事などの家族や親戚で行うものはトラブルになりやすいです。というのも友人と違い親戚は、頻繁に会うことがないために、お互いの人柄が理解できないからと言われています。友人であれば、どうしたいのか伝えるだけで、理解してもらえることが多いはず。

しかし、親戚となると相手がどう思うのかも分かりませんし、世代も違ってきます。そのため誤解が生まれやすい関係だとも言えるのです。それなのに、親戚は長い付き合いになり、トラブルになるとその後の関係が難しくなっていきます。

そんなトラブルになってしまっては、法事があるたびに憂鬱な気持ちになってしまう…。そうなるのは嫌ですよね。そうならいために、法事についてどう親戚に伝えたらいいのか考えていきましょう。

法事に親戚を呼ばない場合の対応

一般的に法事を家族で行うことは問題ありません。昔は「○回忌までは親戚を呼ばないといけない」という決まりごとのようなものがありました。しかし、最近は核家族も多くなり、親戚づきあいが薄くなってきています。

そのため、親戚を呼ばずに家族だけで行う法事も多くなってきているのです。だからと言って、親戚に何も言わずに法事を行ってしまっては、トラブルになってしまう可能性があります。そうならないためには、どうしたらいいのでしょうか?

・一周忌から3回忌

本来は3回忌までは親戚を呼ぶべきだと言われています。そのため50代くらいの方には、家族だけで行うことに対しての、理解をしてもらえないかもしれません。そうなると、トラブルにならない方法は難しくなってきます。

親戚づきあいのことを考えて、3回忌までは親戚を呼ぶことを考えてみましょう。それでも、呼びたくないという場合は、手紙ではなく、電話で伝えるようにして下さい。そうした方が気持ちが伝わりトラブルになりにくいですよ。

また、故人が亡くなった時点で、法事は家族で行いたいと考えているのであれば、葬式などで相談しておきましょう。そうすることで、法事に親戚を呼ばなかった時も、親戚の理解を得やすいはずです。 

・7回忌以降

3回忌以降は家族で行っても不自然ではないので、とくに伝える必要ないと言われています。ただ、わざわざ伝える必要はありませんが、3回忌の食事などの時に「これ以降の法事は家族で行う」ということを伝えておくとトラブルになりにくいですよ。

・高齢の方や遠方の方など

家族で行いたい場合、そのことを素直に伝えるのもいいでしょう。しかし、相手が遠方にいる方だったり、高齢あるいは、妊娠中やお子さんが小さいと法事にくることも大変です。

そのことを伝え、相手を気遣うようにしましょう。そうすることでトラブルにならずに、スムーズに家族だけで行うことができる可能性が高くなります。

トラブルにならない方法

法事を家族だけで行う場合は、親戚にはどのように対応したらいいのでしょうか?何も言わなくてもいいのか?伝えるのであればどう伝えたらいいのか?

疑問に思うことはたくさんありますよね。極力トラブルにならないようにするための、方法をいくつか伝授します。

・わざわざ法事があることを伝えない

7回忌以降であれば、家族だけで行っても不自然ではないので、わざわざ伝える必要はありません。伝えてしまうと、親戚側も「私たちも行った方がいいの?」と疑問を持ってしまいます。なので、後日会う時があれば、話のついでにお話しするくらいで大丈夫ですよ。

・連絡があった場合

法事を家族で行いたいのに、親戚側から法事についての問い合わせがあることもあります。そんな時は、連絡が遅くなったことを謝ってから、法事は家族で行うことを伝えましょう。

そして、せっかく問い合わせをしてくれたので「故人のために墓参りをしてもらえたら嬉しいです」などと、相手の気持ちを汲んだ返答をするのがポイントです。また、近くに住んでいる方の場合は、自宅のお仏壇に手を合わせてもらうように招きましょう。

そうすることで「親戚が嫌で家族だけで法事を行う」のではなく「家族だけで法事を行いたいんだ」という理解をしてもらえるはずです。ちょっとしたことですが、このちょっとしたことがトラブル回避のポイントになります。

・お寺の方に伝えておく

親戚同士の家が近い場合、お寺の方を通じて法事をする日がばれてしまうこともあります。そうなってしまっては、招いていなくても法事へ来てしまう可能性も…。そうなるとトラブルになりかねないので、お寺の方にも内密にしてもらうように事前に伝えておきましょう。

親族と疎遠にならない方法

法事などのトラブルで親戚と疎遠になってしまうことのない様に、常日頃からこまめに連絡をとるようにするといいですよ。元々、親戚づきあいが薄い場合は、法事に呼ばなくてもトラブルになりにくい。

しかし、トラブルになるというのはそれだけ、親戚が故人に対して思いがあったということにも繋がります。家族で法事を行いたいのは、理解できる部分です。だからと言って、親戚の気持ちを無視していいわけではありません。

相手側がどんな気持ちになるのかを、考えるもの疎遠にならないためのポイントとなります。そして「どうしても法事に出たい」という親戚がいるのであれば、少しの時間の我慢は必要になるかもしれません。

親戚同士の付き合いが疎遠になるのが嫌であれば、ちょっとした妥協できる部分はどこなのか、家族で話し合いましょう。

まとめ

法事で親戚とトラブルになった場合、一番気になるのが「これからの親戚づきあいはどうなるのか?」というところです。トラブルになった後に、自分たちの行動を後悔したくはありませんよね。

そのためには、故人がどう思うのか?というところも大切にして欲しいです。例えば、親戚づきあいが多く、みんなが仲良くしているのであれば、トラブルになることを望んでいないはず。

故人が悲しい思いをするのであれば、施主様の意見よりも、親戚を呼ぶことを優先した方がいいかもしれない…。しかし、元々親戚づきあいがほとんどない家庭であれば、トラブルになったところでそんなに現状は変わらないですよね。

法事に関しては、家族でだいぶ違ってくるところです。家族だけで行いたい気持ちも分かりますが「これからの親戚づきあいがどう変わってくるのか?」も考えた上で決めていくようにしましょう。

-お役立ち
-, ,

執筆者:

関連記事

モンスターペアレント/幼稚園保育園のモンペ特徴&退治方法まとめ

モンスターペアレントとは「モンスター」というその名の通り、威圧的な態度や理不尽な言い分でおかしなクレームや無理のある要求をしてくる親のことです。 社会現象にもなり、テレビやネットなどでもたびたび取り上 …

冠婚葬祭のスーツで安い物や靴紐なしはいい?メダリオンは大丈夫?

これから冠婚葬祭を迎えようとしているけれど、家には安めのスーツしかなくて困っている方。革靴も種類が豊富にあって、一体どれがふさわしいのかよくわかない方。 今回はそのような方々に向けて、冠婚葬祭では価格 …

子育て/育児の悩みでイライラ!夫の協力を得て楽しく子育てする心得

子育てをしていると、育児本にのっていることなんてほんの一部しか適用しなくて、ほとんどは思うようにいかないことばかりですよね。 毎日育児に奮闘していると、悩みもつきないものです。自分の理想と現実の違いに …

入学辞退届は手書き?小学校から大学院まで使える例文や理由一覧

・進路が決まって、他に合格していた学校に行かないと決めた時 ・健康やその他経済的な理由などで進学を辞退したい時 そのような時に「入学しません」ということを伝えるために出すのが入学辞退届です。出す機会が …

指示待ち人間は悪くない!指示待ち族が1981年に拡大後の若者像

社会に出たばかりの人にとっては、何も知らないのに一方的に「指示待ち人間」の烙印を押されてしまう現実があります。 指導する側からすれば、確かにイライラしてくる場面もあるかもしれません。でも、その前に原因 …

< 注目記事 >