雑記

引越し準備が間に合わない!1日で引っ越しは出来るのか!?

急に引っ越しが決まると、仕事や育児をしながらの準備はバタバタになってしまいますよね。一生懸命準備しても「間に合わない!!」なんてことも出てくる可能性が。

簡単に荷造りができる方法があればありがたいですよね。

今回は、引っ越しの準備がギリギリになってしまって困っている人のために、素早く荷造りができる解決策を紹介します。

引っ越し準備は1日でもできる?

引っ越し準備は1日でもできる?

荷物の量にもよりますが、引っ越しの準備は1日でもできます。(ここでいう準備とは、荷造りのことをいいます。)

1日で引っ越しの準備をするポイントは、

・部屋ごとに区切って一気に箱に詰めていく

・いらないものは思い切ってどんどん捨てていく

・最低限の梱包をする

1日で引っ越しの準備は、正直本当に時間がないです。だいたいみなさん1週間前には準備を始めているので、どれだけタイトなスケジュールかがわかるでしょう。

なので、まずは部屋ごとに荷造りする場所を区切って作業を始めるのがポイントです。

部屋ごとに荷造りすると、「リビングの物」「寝室の物」など部屋ごとのカテゴリー分けができるメリットがあります。

片づける順番は、押し入れなどの収納→寝室や子供部屋→キッチン→リビング→お風呂などの水回りが良いでしょう。

この時、いらないと思ったものは即行捨てましょう。箱詰めする荷物の量が減るとかなり楽になります。いつかは使うんじゃないかな~と思って残しているもの、本当に使うのでしょうか?

思い切って断捨離するのも引っ越しの準備を早くするコツです。また、お皿や機械など、壊れやすいものを箱詰めする時には緩衝材を使って保護しますが、なるべく最低限の緩衝材で済ませましょう。

壊れてしまったら…と過剰に心配して頑丈に保護する方もいますが、意外とお皿なんかも割れたりしません。

わたしは引っ越しの時に一度もプチプチといった緩衝材を使ったことはありません。いつも新聞紙で軽く保護する程度でしたが、壊れたりすることはありませんでした。

むしろ1日で引っ越し準備となると、そんなことに気を配っている暇はありません。ちょっとくらいの傷は大目に見るくらいの気持ちで箱詰めしていきましょう。

かといって何も保護しなくてもいいわけではないので、新聞紙を使ったり、ホームセンターでプチプチを買ってきて使ったり、最低限の保護はしてくださいね。

引っ越し業者の便利なサービスを使おう

引っ越し業者の便利なサービスを使おう

とにかく忙しくて、すでに事前に引っ越し準備が間に合わないことがわかっている場合には、業者の荷造りサービスを活用することをオススメします。

荷造りは自分たちでするのが当然だと思われているかもしれませんが、基本的に現在、大手の引っ越し業者さんは荷造りからやってくれるサービスがあります。

時間がなくても、引っ越し業者さんが荷造りまでやってくれるとかなり負担が軽減しますよね。また、プロが荷造りするので、自分たちで荷造りするよりも丁寧に梱包してくれるメリットがあります。

荷造りまでしてくれるサービスがある引っ越し業者さんは、

・アート引越センター

・アリさんマークの引越社

・サカイ引越センター

・日本通運

・アーク引越センター

・ハート引越センター

・佐川急便

などがあります。

ほどんどの大手の業者さんが荷造りサービスを展開していますね。多少値段は上がりますが、確実に1日で引っ越しの準備をしてくれるので、特に忙しい人には最適のプランだと言えます。

期日までに自力での準備が無理だ!という人は、一度引っ越し業者さんに相談してみるといいと思います。

引っ越し手続きは妻がする事は?

引っ越し手続きは妻がする事は?

引っ越しをするときに、妻もやらなければならない手続きがあります。

代表的なものは、マイナンバーカードの変更、運転免許証の変更です。マイナンバーカードの住所変更は、基本本人がしなければいけないのですが、代理人による届出も認められています。

旦那が自分のマイナンバーカードの変更をする時に、妻のものも一緒に変更してしまえば妻が手続きをする必要はないのですが、なかなかそうする人も少ないと思います。奥さんも最寄りの役所へ行き、マイナンバーカードの変更をする必要があります。

また、運転免許証の変更もしなければなりません。本人確認としてさまざまな場面で使うことが多いので、早めに変更をしなければならないものです。

運転免許証の変更も基本的に本人がするべきですが、委任することもできます。しかし、委任状を書いたり本人の免許証を持って行かなければならなかったり、なにかと面倒なことが多いです。

免許証を持って行ってしまったら、当の本人はその日1日運転できなくなって困ってしまいますよね。そんなに時間がかかることではないので、奥さんも自分でササっと警察署に変更しに行くといいでしょう。

その他にも、クレジットカードの変更、各種保険の変更、口座の住所変更、妊娠していたら母子手帳の変更などがあります。

忘れがちな手続きに郵便局の転居手続きがありますが、旦那さんが仕事で忙しい時には奥さんがやってあげるのもいいと思います。

1年間は旧住所あての郵便物を新住所に送ってくれる無料の転送サービスがありますので、その間に手続きを済ませるといいと思います。

また、一番大事な住民票の変更は、旦那さんと奥さんそれぞれでやる必要はないので、どちらか一方が手続きすればOKです。

単身赴任で旦那さんだけが引っ越しをするという場合には、世帯主変更届という手続きも必要になってきますが、これも住民票の変更と一緒に行うことができるので、妻が独自に手続きしなければならないことではありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

引っ越しとなると、準備も手続きも正直面倒なことが多いですよね。

手続きに関しては、自分で出向いて手続きをしなければならないことが多いので、忙しい方には大変かもしれませんがひとつひとつやっていきましょう。

また、そういった手続きに時間がかかる分、荷物の準備は引っ越し業者にお任せして楽をするのも手かもしれませんね!

使えるサービスは使って、スピーディーに引っ越しができるといいですね♪

-雑記
-, ,

関連記事

ぬい撮りは痛い!?ぬい撮りに興味があるあなたへの基本の情報集!!

ぬい撮りは痛い!?ぬい撮りに興味があるあなたへの基本の情報集!!

最近ではぬいぐるみ専用の旅行会社や、ぬいぐるみ専門の病院…といった様々なぬいぐるみ用のサービスが話題なので、ぬいぐるみ愛好家の方であれば誰しもが気になられていることでしょう。 とは言え、大切なぬいぐる …

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美肌を手に入れたい」と思ってもすぐ美肌になることは難しいです。 もちろん、メイクで隠すことは出来ますが、思春期の高校生の肌に厚塗りしたファンデーションはよくありません。皮脂が多い年代になりますので、厚塗りしてしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまうと言われています。 美肌になるために最も、大切なのはメイクではありません。スキンケアなのです。高校生は何もしなくても綺麗な肌だったり、乾燥が気にならなかったりしますが、それは若いからという理由だけになります。 また、ニキビなどの若い子特有の悩みも今だけかもしれません。ですが、今からきちんとスキンケアをしておくことで何歳になっても綺麗な美肌でいられる可能性が高いですよ。今回スキンケアについて勉強しましょう。 高校生のスキンケアに必要なケア用品 いざスキンケアを始めようと思っても、何から揃えたらいいのか分かりませんよね。高校生はまだまだ肌年齢が若いので、酸いんケアのしすぎもよくないのです。高校生はシンプルなスキンケアを心がける必要があります。そのためには、どのようなスキンケア用品が必要なのでしょうか? ・クレンジング 高校生によくある失敗がクレンジング選びです。クレンジングはメイクの落ちやすさからクレンジングオイルを選択する方を多く見かけます。しかしクレンジングオイルは必要な皮脂も落としてしまうのです。しっかりとメイクが落ちることが魅力のクレンジングオイルですが、必要なものまで落としてしまうので辞めましょう。高校生でニキビなどの肌トラブルに悩んでいる場合、ニキビの原因はクレンジングオイルの可能性もありますよ。 クレンジングはクリームやジェルなどの肌に優しいものを使用するようにしましょう。オイルに比べたらメイクが落ちる時間はゆっくりですが、ゆっくり落とす方が肌に優しいです。ナチュラルな肌に優しいものを選ぶようにしましょう。 ・洗顔 洗顔もクレンジング同様に肌に優しい物を選ぶことが大切です。肌に優しい洗顔でおすすめなのは固形石鹸になります。しかし、固形石鹸のデメリットは「清潔に石鹸を保つことが難しい」ということです。固形石鹸は常に外に出ていることになりますので、菌が繁殖しやすいと言われています。 そのため、固形石鹸を使用するのであれば、お風呂のような湿気の多い場所ではなく、洗面台などなるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。 そして固形石鹸を十分に泡立てて肌を優しく洗うようにしてください。固形石鹸を使用していても十分に泡立てないと肌をこすっていることになります。それでは肌に悪い刺激を与えていることになるので、固形石鹸を使用する意味がありません。 固形石鹸と同様洗顔フォームでもきちんと泡立てるようにしましょう。肌に刺激を与えずにスキンケアすることが美肌への近道ですよ。 ・スクラブ メイクをしたり、日々の生活をする中で角質が溜まっていきます。角質が溜まると化粧水などの栄養分が肌に浸透していかないと言われているのです。そこで活躍するのがスクラブになります。スクラブをすることで肌のいらない角質をとることができるため、化粧水などの浸透力が変わってくるはずです。また、スクラブをすることで肌触りも変わり、触り心地も良くなりますよ。 スクラブは肌へ刺激を与えることになってしまうので週に1回ほどにしておきましょう。 ・化粧水 化粧水はいろんなものが出ていますが、大きく分けて「さっぱり」「しっとり」です。これは肌質に合わせたものを購入することが大切になります。化粧水のポイントは付け方です。 手で付ける方と、コットンで付ける方がいるのですが、どちらも付け方としては間違っていません。よく手で付けると手が吸収してしまい、化粧水がもったいないという話を聞きますが、それは間違いの様です。顔の皮膚に比べて手の皮膚は何倍も厚いので、そのようなことはないと言われています。 手で付ける場合は優しく顔をなぞるように付けるようにしましょう。しかし、コットンはなぞって付けると肌トラブルの原因になるので辞めましょう。コットンを使用する場合は、優しく抑え込むようにポンポンと付けることが大切です。 ・乳液 乳液は化粧水を蒸発させない様にするために、必要なアイテムだと言われています。高校生は皮脂が気になることから、乳液を付けない方が多いです。しかし、きちんと乳液をすることで肌が整うので、健康的な肌にすることができるはず。きちんと最後までスキンケアを行いましょう。 高校生のスキンケアの手順 スキンケアの用品が分かったとしても、手順も知りたいところですよね。今回はそれぞれの手順で気を付けて欲しいポイントやおすすめ方法をご紹介していきます。 1.クレンジング クレンジングはアイメイクなどの濃いメイクをしている時は、ポイントメイク用のクレンジングを使用することで、目元をこする回数を減らすことができます。目元や口元の濃いメイクを落としてから顔全体のメイクを落としましょう。 2.洗顔 洗顔をする時はしっかりと泡立てることが大切です。泡立てることが苦手であれば、泡立てようのアイテムが100均やメイク用品を売っている場所で購入できるので探してみて下さい。 3.化粧水 肌は洗顔後が一番大切なので、洗顔後なるべく早く化粧水を付けるようにしましょう。そうすることで肌が整っていくと言われていますよ。 4.乳液・クリーム 乳液と同じような役割をするクリーム。高校生であればどちらかを付ければ十分です。乾燥が気になる方はクリームがおすすめ。肌の状態に合わせて選択しましょう。 まとめ 高校生のスキンケアはシンプルにすることが大切だと分かりました。肌トラブルに悩んでいたりすると、どうしてもどんどんスキンケアをしたくなってしまいますが、つけすぎると肌の負担になってしまうので、なるべく最低限のスキンケアをするようにしましょう。 どうしても、肌の乾燥などが気になる場合は週に1・2回ほどパックをするといいですよ。週に数回なら大きな負担が肌に掛からず、栄養分を入れられると言われているのでおすすめになります。

高校生のスキンケア用品/必要なものと手順を知って美肌になろう

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。 というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。 というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美 …

釜玉うどん/醤油麹でお店のような美味しさに!おすすめの醤油3選!

釜玉うどん/醤油麹でお店のような美味しさに!おすすめの醤油3選!

あったかいうどんに卵がからんだ釜玉うどんは、本当に美味しいですよね! 材料も少ないので家でも手軽に作ることができます。でも正直なところ、普通の醤油で作る釜玉うどんはなんだか物足りない…なんてことも。 …

指定席から自由席への変更や領収書の発行は可能?選ぶならどっち?

指定席と自由席の領収書を発行してもらうことはできるの? 指定席と自由席のそれぞれのメリットやデメリットって何があるの? 新幹線を乗る際に、どちらにしようか悩むのがこの指定席と自由席の選択ですが、それぞ …

家庭菜園の四季なりイチゴは3月に種まき?虫対策をして甘いものを!

家庭菜園で四季なりイチゴを作りたいけど、種まきの時期がよくわからない! 作っている途中で虫がたくさん出てきたけど、これってどう対処すればいいの? 家庭菜園で四季なりのイチゴを作る際には、種まきは一般的 …

< 注目記事 >