雑記

新任教師/新任教員の挨拶・服装とは?高校に勤める新任教師必見

新任教師として挨拶するときはとても緊張するものです。

また、いろんなところに敏感になりすぎて服装や挨拶をどのようにしたらいいのか?迷いなかなか決まらない方が多くいます。現役で教師をしている方はどのような挨拶をしていたのか?どのような服装にしているのか?調べてみました。

これから教師になる方たちにとって初めの挨拶はとても大切になります。第一印象をよく思ってもらえるように挨拶や服装はきちんとしておきましょう。

新任教師/新任教員の挨拶の仕方とは

新任教師/新任教員の挨拶の仕方とは

初めの挨拶は他の先生や生徒に好印象を抱いてもらいたい場所になります。そのため、挨拶当日に緊張しても挨拶ができるようにしっかりと自宅で練習しておく必要があるのです。

また、挨拶をするにあたって気を付けなければいけないポイントもいくつあありますので、ポイントを抑えて挨拶をスムーズに行えるようにしましょう。

・笑顔を忘れない

挨拶中は緊張することでしょう。しかし、緊張で挨拶するだけでは印象が悪くなってしまいます。あなたが挨拶をしている中、皆さんはあなたのことを見ていることでしょう。見ている側からしたら淡々と挨拶をして無表情の教師に好印象は抱くことはありません。

そのため、笑顔で話せるようにすることが大切なのです。どうしても緊張すると表情まで考えられないという方は、挨拶の練習をする際に、鏡の前で行うようにしましょう。

そうすることで挨拶をしている際にあなた自身がどのような顔をしているのか?と自分で知ることが出来るからです。笑顔と言っても本当に笑う必要はありません。人から見て印象がよく見られる方というのは口角が上がっている方になります。

挨拶をしながら口角が上がっているかどうか?上がるにはどのようにして話したらいいのか?というポイントを抑えて練習をしましょう。

・話し方が固くならないようにする

挨拶をする中で声色というのも大切になります。話している内容はしっかりとしたないようだったとしても話し方まで固くなってしまっては生徒まであなたの挨拶は届きません。話している中で声が和らかく聞き心地がいい様な挨拶の仕方をしましょう。

例えば、緊張のままに話してしまうと早口になってしまい、自信のない声になってしまうことがあります。

このように話している人の挨拶を聞いている人はどう思うでしょうか?聞いている人が聞きやすい様なスピードや声色を考えながら練習するようにしてください。

・はっきりと話す

今は昔に比べて人と人が関わることが少なくなったと言われています。それと同時に口をあまり開けずに話す方が多くなっている様です。口が開けられないということははっきりと言葉を発することができません。

そのため、モゴモゴと話してしまうことになります。はっきり話さなければ何を伝えたいのか相手に伝わりません。挨拶をする時には、いつも以上に口をあけて一文字一文字をはっきり話すように心がけましょう。

そうすることで普段話している時よりもはっきりと分かりやすく話すことができます。はっきりと話すことで相手にもしっかりと伝えることが出来るでしょう。

・短くわかりやすい挨拶にする

挨拶はとても大切ですが、長々と話してしまうと生徒たちは聞くことに飽きてしまいます。そのため挨拶をする時はなるべく短くわかりやすい挨拶にするようにしましょう。

挨拶をする際にどのように挨拶をするのか紙に書きだしていらない文章はないか?わかりにくい言葉は入っていないか?を考えましょう。

生徒からしたら難しい言葉で挨拶されるよりも少しだけ崩した言葉の方が分かりやすく親しみやすい印象を抱きます。挨拶の内容が決まった時に自分で見ることも大切ですが、親や友人などに見てもらう事も大切です。

他の人に見てもらう事で自分では気づけなかった部分を知ることができますよ。

高校へ勤める新任教師の服装とは?

高校へ勤める新任教師の服装とは?

挨拶と同様に服装もどうしたらいいのか迷うところです。初めの挨拶をする際には相手にどう感じて欲しいか?がポイントになります。

TPOがきちんとしていれば問題ないのですが、気になってしまうと本当に格好があっているのか?気になることでしょう。新任教師の服装に適している格好はどのようなものなのか見ていきましょう。

・落ち着いた色の服にする

教師なので派手すぎてはいけません。これは男性でも女性でも言えることです。男性はスーツで挨拶に行くことになる場合が多いと思いますが、その際にネクタイが派手すぎり、シャツの色や柄も気を付けましょう。

女性であればパステルカラーくらいの色の服装にしてください。男性とは違い女性はスーツと言ってもいろんなカラーがあるので迷う部分が多いです。黒のスーツをきていくのであれば中のシャツは少し明るい色でもいいでしょう。

また、初めからカラーのスーツを着て行く場合はパステルカラーなど落ち着いた色にしてください。若い教師であればあるほどおしゃれにしていきたいという気持ちが強いと思います。

しかし、おしゃれにしていくよりも普通の格好が万人受けする格好になると言われているのです。

・アクセサリーは付けない

生徒の中で特に女生徒はアクセサリーなど細かい部分まで見ています。そのため、結婚指は以外のアクセサリーは極力付けないようにしましょう。実際に現役の教師でアクセサリーをしている方はほとんどいません。

挨拶するときは華やかな場になるので少しアクセサリーを付けていたいという気持ちがあるでしょう。どうしてもアクセサリーを付けたい方は小振りのものにしてください。

大きすぎたりキラキラしすぎてしまうとアクセサリーが目立ち「派手な先生が来た」という印象になってしまうからです。アクセサリーは付けていかないか、小振りなものにするようにしましょう。

・異性として意識されない様にする

教師と生徒の間柄で「異性」を感じてしまうことはいけません。そのため、男性も女性もボディーラインが出ないものを着るようにしましょう。女性であればスカートも履いていいですが、必ずひざ丈ものにしてください。

服装は第一印象としてとても大切なものになりますので、男性らしさ女性らしさが出すぎていないか気を付けて服装を決めましょう。

まとめ

新任教師の挨拶は、教師としての初めての仕事になります。他の先生方や生徒にどう思われるのか?という大切な場になるのです。

だからこそ、なかなか決めかねている方もいるでしょう。そんな時は周りの力をたくさん借りて、誰から見ても、誰が聞いていても良いと思われる挨拶ができるように準備しておくようにしてくださいね。

-雑記
-, ,

関連記事

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美肌を手に入れたい」と思ってもすぐ美肌になることは難しいです。 もちろん、メイクで隠すことは出来ますが、思春期の高校生の肌に厚塗りしたファンデーションはよくありません。皮脂が多い年代になりますので、厚塗りしてしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまうと言われています。 美肌になるために最も、大切なのはメイクではありません。スキンケアなのです。高校生は何もしなくても綺麗な肌だったり、乾燥が気にならなかったりしますが、それは若いからという理由だけになります。 また、ニキビなどの若い子特有の悩みも今だけかもしれません。ですが、今からきちんとスキンケアをしておくことで何歳になっても綺麗な美肌でいられる可能性が高いですよ。今回スキンケアについて勉強しましょう。 高校生のスキンケアに必要なケア用品 いざスキンケアを始めようと思っても、何から揃えたらいいのか分かりませんよね。高校生はまだまだ肌年齢が若いので、酸いんケアのしすぎもよくないのです。高校生はシンプルなスキンケアを心がける必要があります。そのためには、どのようなスキンケア用品が必要なのでしょうか? ・クレンジング 高校生によくある失敗がクレンジング選びです。クレンジングはメイクの落ちやすさからクレンジングオイルを選択する方を多く見かけます。しかしクレンジングオイルは必要な皮脂も落としてしまうのです。しっかりとメイクが落ちることが魅力のクレンジングオイルですが、必要なものまで落としてしまうので辞めましょう。高校生でニキビなどの肌トラブルに悩んでいる場合、ニキビの原因はクレンジングオイルの可能性もありますよ。 クレンジングはクリームやジェルなどの肌に優しいものを使用するようにしましょう。オイルに比べたらメイクが落ちる時間はゆっくりですが、ゆっくり落とす方が肌に優しいです。ナチュラルな肌に優しいものを選ぶようにしましょう。 ・洗顔 洗顔もクレンジング同様に肌に優しい物を選ぶことが大切です。肌に優しい洗顔でおすすめなのは固形石鹸になります。しかし、固形石鹸のデメリットは「清潔に石鹸を保つことが難しい」ということです。固形石鹸は常に外に出ていることになりますので、菌が繁殖しやすいと言われています。 そのため、固形石鹸を使用するのであれば、お風呂のような湿気の多い場所ではなく、洗面台などなるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。 そして固形石鹸を十分に泡立てて肌を優しく洗うようにしてください。固形石鹸を使用していても十分に泡立てないと肌をこすっていることになります。それでは肌に悪い刺激を与えていることになるので、固形石鹸を使用する意味がありません。 固形石鹸と同様洗顔フォームでもきちんと泡立てるようにしましょう。肌に刺激を与えずにスキンケアすることが美肌への近道ですよ。 ・スクラブ メイクをしたり、日々の生活をする中で角質が溜まっていきます。角質が溜まると化粧水などの栄養分が肌に浸透していかないと言われているのです。そこで活躍するのがスクラブになります。スクラブをすることで肌のいらない角質をとることができるため、化粧水などの浸透力が変わってくるはずです。また、スクラブをすることで肌触りも変わり、触り心地も良くなりますよ。 スクラブは肌へ刺激を与えることになってしまうので週に1回ほどにしておきましょう。 ・化粧水 化粧水はいろんなものが出ていますが、大きく分けて「さっぱり」「しっとり」です。これは肌質に合わせたものを購入することが大切になります。化粧水のポイントは付け方です。 手で付ける方と、コットンで付ける方がいるのですが、どちらも付け方としては間違っていません。よく手で付けると手が吸収してしまい、化粧水がもったいないという話を聞きますが、それは間違いの様です。顔の皮膚に比べて手の皮膚は何倍も厚いので、そのようなことはないと言われています。 手で付ける場合は優しく顔をなぞるように付けるようにしましょう。しかし、コットンはなぞって付けると肌トラブルの原因になるので辞めましょう。コットンを使用する場合は、優しく抑え込むようにポンポンと付けることが大切です。 ・乳液 乳液は化粧水を蒸発させない様にするために、必要なアイテムだと言われています。高校生は皮脂が気になることから、乳液を付けない方が多いです。しかし、きちんと乳液をすることで肌が整うので、健康的な肌にすることができるはず。きちんと最後までスキンケアを行いましょう。 高校生のスキンケアの手順 スキンケアの用品が分かったとしても、手順も知りたいところですよね。今回はそれぞれの手順で気を付けて欲しいポイントやおすすめ方法をご紹介していきます。 1.クレンジング クレンジングはアイメイクなどの濃いメイクをしている時は、ポイントメイク用のクレンジングを使用することで、目元をこする回数を減らすことができます。目元や口元の濃いメイクを落としてから顔全体のメイクを落としましょう。 2.洗顔 洗顔をする時はしっかりと泡立てることが大切です。泡立てることが苦手であれば、泡立てようのアイテムが100均やメイク用品を売っている場所で購入できるので探してみて下さい。 3.化粧水 肌は洗顔後が一番大切なので、洗顔後なるべく早く化粧水を付けるようにしましょう。そうすることで肌が整っていくと言われていますよ。 4.乳液・クリーム 乳液と同じような役割をするクリーム。高校生であればどちらかを付ければ十分です。乾燥が気になる方はクリームがおすすめ。肌の状態に合わせて選択しましょう。 まとめ 高校生のスキンケアはシンプルにすることが大切だと分かりました。肌トラブルに悩んでいたりすると、どうしてもどんどんスキンケアをしたくなってしまいますが、つけすぎると肌の負担になってしまうので、なるべく最低限のスキンケアをするようにしましょう。 どうしても、肌の乾燥などが気になる場合は週に1・2回ほどパックをするといいですよ。週に数回なら大きな負担が肌に掛からず、栄養分を入れられると言われているのでおすすめになります。

高校生のスキンケア用品/必要なものと手順を知って美肌になろう

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。 というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。 というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美 …

唇のターンオーバーが早いと色素沈着はしない?口紅と色素沈着の関係

唇の色が悪くなってきたと感じている方はいませんか?実は、それは日々のケアを怠ったことによる色素沈着の可能性が高いです。女性の方は特に、メイクをすると口紅を塗ったりするので、色素沈着をしていることに気づ …

ご近所トラブルはどこに相談すれば良い?ご近所トラブルの原因は子供?

日々快適な生活を送るためには、ご近所とのトラブルは出来るだけ避けたいですよね。 実際どのようなトラブルが多く発生しているのか、もし発生してしまった時にはどのような対処を取るべきなのか等をまとめていきま …

子育て中の趣味を我慢しない!夫婦が仲良しでいると趣味も楽しめる?

子育て中は思うように動けないために、なかなかママたちが趣味の時間をとることができません。また、中には趣味のことなど頭にない方も多いです。というのも子供が小さければ小さいほど手が掛かるので、子育てにいっ …

ぬい撮りは痛い!?ぬい撮りに興味があるあなたへの基本の情報集!!

ぬい撮りは痛い!?ぬい撮りに興味があるあなたへの基本の情報集!!

最近ではぬいぐるみ専用の旅行会社や、ぬいぐるみ専門の病院…といった様々なぬいぐるみ用のサービスが話題なので、ぬいぐるみ愛好家の方であれば誰しもが気になられていることでしょう。 とは言え、大切なぬいぐる …

< 注目記事 >