雑記

ピアノを大人から再開/ブランクが空いていても弾くことは出来る?

投稿日:2018年3月24日 更新日:

ピアノを習っていた経験があり、子供のころから暫く弾いていなかったけど、大人になってからまた弾いてみようと思った事はありませんか?

ピアノを習っていた当時の事を思い出したことはありませんか?

長い間弾いておらず、また弾き始めて再開してみた個人の様子を書いていこうと思います。

ピアノを大人なってから再開したくなった経緯

まだ3才など小学校に入る前から、もしくはそれ以下の年齢からピアノを習っていた方も多くおられると思います。ピアノに触れてみて、それが楽しくてピアノを弾くことを覚えていった方もいれば、
親に嫌々習い始めさせられたという方も。

ちなみに私は後者です。最初から下向きな発言になってしまいますが、その時の思い出というのは、正直言ってしまいますと嫌な苦しい思いでの方が多かったです。

ピアノ教室には始めは先生も優しく、なんだかよくは分からないけど新しいものに触れ楽しんでいたと思うのですが、習い始めるにつれ、『練習』『予習』『宿題』『復習』など色んな課題が付け足されていきました。

宿題というものが大嫌いで指一本ピアノの鍵盤に触れず、そのまま教室へ行き、先生に怒られた事も沢山ありました。今すぐにでもやめたい。教室へ行くのが嫌でダダをこねたり。

練習を家で押し付けられ喧嘩しちゃったり。ピアノ教室の日、先生の前で弾けなくて泣いちゃったり。似たような経験をされた方もいるのでは?

その色んな経験をしてきた事もあるけれども、家にあるピアノが目に入り、少し触れてみる。鍵盤でなくても、ピアノの蓋を開けてみる。その時、何を思いましたか?

「あの頃嫌々通っていたな」「教えてくれていた先生は怖かったな」「先生は今どうしてるかな?」「もしあのままずっと習い続けていたらどうなっていたかな?」「また弾いてみようかな?」他にもピアノ経験があったならば、見たり触れたりした時、何かは思うはずです。

私の場合は、「ちょっと弾いてみる?」と自分に問いかけ、そのまま蓋を開け、触れてみたのがきっかけでした。片手でそっと音を鳴らしてみました。一気に子供の頃とはまた違った快感を感じてしまったのです。

片手で曲にはなってはいないけど、ドレミファソラシド~っと弾いてみる。すると左手も使いたくなり、両手でまた同じように弾いてみる。そこからまた何か弾きたい!と思い、昔の楽譜を全部引っ張り出してきました。結構な分厚い本が沢山出て来て懐かしんでいました。

少しの時間昔を思い出しながら、置きっぱなしにしてあった楽譜の中から1つ選び、「今でも弾けるのかな?」と思いながら両手を添え、弾き始めました。

「あれ?凄い!指が覚えてる!」もう既に楽譜を読めてる時点で覚えてる事になるのですが、自然と指が覚えてしまっているんです。人に寄ってはもしかしたら読めなくなったという事もあるかもしれません。

知人がまさにそうでした。1年ほど習っていたけど、今になったら弾けなくなった。楽譜が読めなくなったそうです。習っていた年数にも関わってくるのでしょうか。

たまたま私の場合は忘れておらず、その弾けた時の感動と共に、もう一度また弾いてみたくなったのです。昔習ってはいたけど、どうやって練習していただろう?と思い出しながらも、そこからは基礎の知識はある程度あるものの、独学のような感じで弾き始めるようになりました。

暫く何曲か弾いているうちに、誰かに教えてもらいたくなりました。

自分で好きなように弾くのは、淡々と弾く事さえ出来れば簡単です。でもそれは、自分なりだけでの弾き方で、もしかしたらもっと違う弾き方があるかもしれません。同じ箇所を弾くにも、音を小さくして弾くのと、大きくして弾くのでは全然違います。

感情を入れるだけでも全然違います。小さなころは、そういう考え方すらしたこともないですが、大人になり改めて知りたい事が増えていくようになりました。そして色んな場所で先生を探し始める事になったのです。

大人になってからピアノを再開してみた

ピアノを習い始めたまだ幼かった頃、3歳という幼い頃の事だったということもあり、自分で先生を選ぶことは出来ませんでした。なので大人からピアノを再開して、もし教室へ通う事があれば、担当の先生選びも大切になってくるかと思います。

なるべく近くで自分にとって合う、良い先生が見つかればいいですよね。1度体験できる教室があれば、とりあえずは行ってみる。話してみる。そして1度先生の前で弾いてみる。その先生の反応・アドバイスの仕方。先生の言葉・口調。コミュニケーションや波長。その他。

当然の事、全てが満足出来て習い事が出来るのが1番の理想です。でも、ココはちょっと折れてもいいから、この先生になら教えてもらいたいかもって思えれば少しは長続きしそうな予感もします。

しばらく何年も弾いておらず、また弾きたいんだけれども、楽譜が読めなくなった、弾けなくなったなら尚更になると思います。先生が決まり、また再開する事になりました。きっちりとまで練習はしていかなくてはいいけれども、ある程度は仕上げて持っていきたいものです。

私の場合、週に1度か2週間に1度の割合で通っていました。大人になり、ある程度基礎は学んでいたので、ここからは好きな曲を自分で選び、又は先生に提案された曲を弾いていくことにしました。

ピアノを習っていくに連れて、もし小さなころから習っているとしたら、教えてもらっていた先生に寄るかとは思いますが、『バイエル』『ブルグミュラー』『ツェルニー』『ソナチネ』『ソナタ』
という名前が付いた教材の本(沢山の曲がまとめられてあって、よく似た難易度のものの曲が1冊になっています)。

1番最初にまず先生から、「昔弾いていたこの本のここの曲を弾いてきてみて」と言われたので、
私は与えられた曲を思い出しながら練習をし、先生の前で弾いてみました。

すると、「ある程度弾けるみたいだから、もう少し難しい物もたまには弾いてみましょうか」と褒め言葉ももらいながら、自分の弾きたい曲(ポップス)と、クラシックを1曲ずつ教えてもらう形となりました。

先生からは色んなアドバイスをもらえたり、幼い頃に習っておらず、全然知らなかった基礎の知識を教えてもらえたりもしました。先生によって教え方も違うわけですから、ずっと知らなかった基礎もあったみたいです。

ピアノを習っていて良かった

ピアノが嫌で、辞めたくて仕方がなかったあの頃。

今ではそれがあって、凄く嫌だったけど、凄く辞めたかったけど、怖い先生だったけど、でも『やっていて良かった』。

言い方が悪くなりますが、『やらされてて良かった』『あの厳しい先生で良かった』『先生のおかげで今こんなにも弾ける』習わせてくれていた親にも、恥ずかしくてなかなか言えませんが心の内では『ありがとう』と思っています。

ブランクが例え何年空いていようと、忘れていようと、頭の中の記憶と何かピアノの参考になるようなものがあれば少しは弾けるはずなんじゃないかな?とは思っているのですが、どうでしょうか。

大人のピアノ教室によって、又は先生によってはピアノの発表会にも参加出来るようです。お誘いも受けた事がありますが、私の場合は恥ずかしくて出来ませんでした。幼い頃のピアノの発表会。すごく緊張していたのを覚えています。

アンプという、1曲丸々頭の中に叩き込んで弾くのも大変でした。思い出しましたが、そのアンプという作業。やれば出来るんでしょうが、今、私は出来ません。そもそも覚えるやり方も忘れてしまいました…。

何度も何度も曲の途中で区切り目を作り、暗記していく作業なんだろうと思いますが、今それほどの記憶力が昔ほどなくなりはじめています。

今は、ほぼ楽譜を見ながらでしか弾けません。何かの機会があれば、凄く短い曲を1曲頭の中だけで覚えてみるのもいいかもしれないですね。

もしかしたら誰かの前でピアノがある場所なら弾けるかもしれません。『ピアノが弾けること』この事でちょっとした自信へ繋がったりもすると思います。

まとめ

ピアノは幼いころから習い始める人もいれば、大人になってから始める人もいます。又、初めから独学で弾けている人も私の知っている人の中ではいます。全くピアノ教室にも通わず、ピアノの知識のある人にも教えてもらわずです。

参考書だけを頼りに学んで、その人は今では全くのプロではありませんがたまにピアノを弾いてお仕事にもされているようです。弾いている場面をYoutubeなどで拝見した事も何度かあります。

「これ本当に独学?」「習っていたでしょう?」と疑う程のプロのようなレベルの持ち主でした。自分で言っておきながらなのですが、プロというのは、正直どこからがプロと呼べるのかは私には分かりません。

ピアノの資格が取れたからプロ?
先生になれたから?
詳しい事は分かりません。

話が少しずれましたが、まずピアノさえ好きならば、ブランクがあっても誰にでも弾けるのではないかな?と私は思っています。練習はほんの数十分でもいいんです。15分とか。逆にその方が上達するのが早いと言う方もいました。

短い時間だけ集中するからでしょうか。1時間、2時間弾いていると集中力もある程度欠けてくることもあると思います。

逆に、集中しすぎて、知らないうちに2時間、3時間と過ぎてしまっていたり。

ピアノが弾けて、楽しんでいる自分の姿を見るのもまたいいと思います。

-雑記
-, ,

執筆者:

関連記事

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美肌を手に入れたい」と思ってもすぐ美肌になることは難しいです。 もちろん、メイクで隠すことは出来ますが、思春期の高校生の肌に厚塗りしたファンデーションはよくありません。皮脂が多い年代になりますので、厚塗りしてしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまうと言われています。 美肌になるために最も、大切なのはメイクではありません。スキンケアなのです。高校生は何もしなくても綺麗な肌だったり、乾燥が気にならなかったりしますが、それは若いからという理由だけになります。 また、ニキビなどの若い子特有の悩みも今だけかもしれません。ですが、今からきちんとスキンケアをしておくことで何歳になっても綺麗な美肌でいられる可能性が高いですよ。今回スキンケアについて勉強しましょう。 高校生のスキンケアに必要なケア用品 いざスキンケアを始めようと思っても、何から揃えたらいいのか分かりませんよね。高校生はまだまだ肌年齢が若いので、酸いんケアのしすぎもよくないのです。高校生はシンプルなスキンケアを心がける必要があります。そのためには、どのようなスキンケア用品が必要なのでしょうか? ・クレンジング 高校生によくある失敗がクレンジング選びです。クレンジングはメイクの落ちやすさからクレンジングオイルを選択する方を多く見かけます。しかしクレンジングオイルは必要な皮脂も落としてしまうのです。しっかりとメイクが落ちることが魅力のクレンジングオイルですが、必要なものまで落としてしまうので辞めましょう。高校生でニキビなどの肌トラブルに悩んでいる場合、ニキビの原因はクレンジングオイルの可能性もありますよ。 クレンジングはクリームやジェルなどの肌に優しいものを使用するようにしましょう。オイルに比べたらメイクが落ちる時間はゆっくりですが、ゆっくり落とす方が肌に優しいです。ナチュラルな肌に優しいものを選ぶようにしましょう。 ・洗顔 洗顔もクレンジング同様に肌に優しい物を選ぶことが大切です。肌に優しい洗顔でおすすめなのは固形石鹸になります。しかし、固形石鹸のデメリットは「清潔に石鹸を保つことが難しい」ということです。固形石鹸は常に外に出ていることになりますので、菌が繁殖しやすいと言われています。 そのため、固形石鹸を使用するのであれば、お風呂のような湿気の多い場所ではなく、洗面台などなるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。 そして固形石鹸を十分に泡立てて肌を優しく洗うようにしてください。固形石鹸を使用していても十分に泡立てないと肌をこすっていることになります。それでは肌に悪い刺激を与えていることになるので、固形石鹸を使用する意味がありません。 固形石鹸と同様洗顔フォームでもきちんと泡立てるようにしましょう。肌に刺激を与えずにスキンケアすることが美肌への近道ですよ。 ・スクラブ メイクをしたり、日々の生活をする中で角質が溜まっていきます。角質が溜まると化粧水などの栄養分が肌に浸透していかないと言われているのです。そこで活躍するのがスクラブになります。スクラブをすることで肌のいらない角質をとることができるため、化粧水などの浸透力が変わってくるはずです。また、スクラブをすることで肌触りも変わり、触り心地も良くなりますよ。 スクラブは肌へ刺激を与えることになってしまうので週に1回ほどにしておきましょう。 ・化粧水 化粧水はいろんなものが出ていますが、大きく分けて「さっぱり」「しっとり」です。これは肌質に合わせたものを購入することが大切になります。化粧水のポイントは付け方です。 手で付ける方と、コットンで付ける方がいるのですが、どちらも付け方としては間違っていません。よく手で付けると手が吸収してしまい、化粧水がもったいないという話を聞きますが、それは間違いの様です。顔の皮膚に比べて手の皮膚は何倍も厚いので、そのようなことはないと言われています。 手で付ける場合は優しく顔をなぞるように付けるようにしましょう。しかし、コットンはなぞって付けると肌トラブルの原因になるので辞めましょう。コットンを使用する場合は、優しく抑え込むようにポンポンと付けることが大切です。 ・乳液 乳液は化粧水を蒸発させない様にするために、必要なアイテムだと言われています。高校生は皮脂が気になることから、乳液を付けない方が多いです。しかし、きちんと乳液をすることで肌が整うので、健康的な肌にすることができるはず。きちんと最後までスキンケアを行いましょう。 高校生のスキンケアの手順 スキンケアの用品が分かったとしても、手順も知りたいところですよね。今回はそれぞれの手順で気を付けて欲しいポイントやおすすめ方法をご紹介していきます。 1.クレンジング クレンジングはアイメイクなどの濃いメイクをしている時は、ポイントメイク用のクレンジングを使用することで、目元をこする回数を減らすことができます。目元や口元の濃いメイクを落としてから顔全体のメイクを落としましょう。 2.洗顔 洗顔をする時はしっかりと泡立てることが大切です。泡立てることが苦手であれば、泡立てようのアイテムが100均やメイク用品を売っている場所で購入できるので探してみて下さい。 3.化粧水 肌は洗顔後が一番大切なので、洗顔後なるべく早く化粧水を付けるようにしましょう。そうすることで肌が整っていくと言われていますよ。 4.乳液・クリーム 乳液と同じような役割をするクリーム。高校生であればどちらかを付ければ十分です。乾燥が気になる方はクリームがおすすめ。肌の状態に合わせて選択しましょう。 まとめ 高校生のスキンケアはシンプルにすることが大切だと分かりました。肌トラブルに悩んでいたりすると、どうしてもどんどんスキンケアをしたくなってしまいますが、つけすぎると肌の負担になってしまうので、なるべく最低限のスキンケアをするようにしましょう。 どうしても、肌の乾燥などが気になる場合は週に1・2回ほどパックをするといいですよ。週に数回なら大きな負担が肌に掛からず、栄養分を入れられると言われているのでおすすめになります。

高校生のスキンケア用品/必要なものと手順を知って美肌になろう

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。 というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。 というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美 …

夢の吊り橋

寸又峡/夢の吊り橋に子供と行きたい♪混雑状況は?道が狭いってホント?

ながーい吊り橋に、エメラルドグリーンの水。 「すごい!ここどこ!?」と、その美しさにびっくりされる方も多いかと思います。 そんな寸又峡「夢の吊り橋」ですが、まだ行ったことがない、今度行きたいという方の …

アゲハ蝶は蛹になる前の時期に移動する?蛹が羽化するのはいつ?

子どもの頃に、庭でアゲハ蝶の終齢幼虫を見つけて、2Lのペットボトルを切って作った簡易容器にみかんの葉とともに入れていました。何日か経った頃、ペットボトルをのぞくと幼虫の姿がないので大慌てをした覚えがあ …

ジョギングダイエット効果はいつから?太ももへの影響と痩せない理由

ジョギングをやって見たいけど、いつから効果が現れるのかがわからなくて、予定が立てられない! ジョギングって痩せる効果とかはあるの?? ジョギングは用意するものもそれほど多くなく、手軽に始められる運動の …

厄年お祓いは前厄後厄も必要?効果は?厄除けで安心な一年を過ごそう

いよいよ今年も新しい年となると思いきや、まさかの厄年と判明してしまいなんだか年明けからブルーな気持ちになってしまう。 そういえばお祓いて良く聞くけど考えてみれば厄年の事もお祓いの事も知らない。 そんな …

< 注目記事 >