雑記

ぬいぐるみを洗濯&天日干しでダニの数は減る?天日干しの目安時間は?

皆さんは、部屋に置いてあるぬいぐるみのお手入れって普段どうしていますか?子供の頃からずっと持っているぬいぐるみとか、いつも枕元に置いてあるぬいぐるみとかいろいろありますよね。今お子さんがいる家庭には、たくさんのぬいぐるみがあるのではないでしょうか?

実はぬいぐるみって、ものすごい数のダニが生息しているんです!大人も子供もダニはアレルギーの原因になる厄介な奴です。子供の遊んでいるぬいぐるみがダニだらけだったらと考えると度ににでは、ダニを減らすにはどうしたらいいのでしょうか?これから皆さんにお教えします!。

 

まず天日干ししよう!目安時間は?

 

まずぬいぐるみに潜んでいるダニを減らすところから始めましょう。減らしても減らしても、梅雨や湿気の多い時期になると行動が活性化してどんどん増えていくダニ。そんなダニを増やさないためにこまめなお手入れが大切になってきます。

そのために、まずもともと潜んでいるダニやダニの死骸、フンを減らすところから始めます。実はぬいぐるみを先に洗濯してしまうとダニがもっと奥深くに入り込んでしまうんです。綿の内部に潜んでいるダニなんて怖いですよね。

だから先に天日干しをして熱を加えて、ダニをできる限り減らします。ダニが減るのに一番いいのは50度の熱に30分間当て続けること。ダニは熱にとっても弱いんです!例えば布団乾燥機も、とっても暖かくなるおかげで、ダニを減らす効果があるんですよ。

ではどうやって50度の熱に当てるのでしょうか?乾燥機という手もありますね。しかしぬいぐるみによっては乾燥機の熱にやられて傷んでしまうものもあります。温度調節ができるのなら活用してもいいですね。

スチームアイロンの蒸気を当てるという方法もあります。結構暑いですもんね。火傷に気をつけて下さい!どんなぬいぐるみでもとにかく手軽にできるのは天日干しです!ベランダに、風に飛ばされないようにしっかり固定して干してあげて、直射日光にしっかり当てます。

黒い袋をかぶせてあげると、内部が温室状態になるのでさらに効果があります。直射日光だけで50度まで温度を上げるのはなかなか難しいです。もし小さいぬいぐるみがたくさんある場合なんかは、黒い袋にまとめて入れてしまえばいいですよね。

ダニが死滅するのは30分ほどかかるので、昼間の日光の強い時間帯に一時間も出しておけば十分効果があります。ただ、袋をかけていないぬいぐるみはカラスに襲われることもあるので気をつけてくださいね。

私は先日ベランダで干していたぬいぐるみをカラスにつつかれてしまいました。危うく持って行かれるところだったので気をつけてくださいね!熱でダニを減らしたら、次はいよいよ洗濯をします。

 

ぬいぐるみの洗濯方法

 

ぬいぐるみによっては洗濯ができないものもあるので、洗濯表示をきちんと確認してくださいね、水洗い不可のものは洗濯できません。革製品もできません。

出来ないものだったらクリーニング店に持って行きましょう。クリーニング店でも、ぬいぐるみのお手入れをしてくれます。また色の濃いものだと色落ちもするので、単体で洗うようにしましょうね。

それでは洗濯の仕方を説明します!

1.まずぬいぐるみを洗う前に、ブラッシングで埃や絡まりを取り除いておきます。毛足の長い人形だと、きちんとブラッシングしておかないとさらに埃が絡んでしまい、洗濯してもぺったんこになってしまいます。

ブラッシングにオススメなのが100均に売っているペット用のブラシです!私は今まで、毛の方い歯ブラシでブラッシングしていたのですが、ペット用ブラシを使って毛の絡まりがスルスル取れることにとっても感動しました!

もちろんしっかり絡まった毛を取るのはたへんですが、毛足の長いぬいぐるみをお持ちの方は買っておくと便利です、ちなみに毛足の長い絨毯の絡まりを取るのにも使えるので大変重宝します!

洗濯機でも手洗いでも洗えますが、小物などの付属品は外しておきましょう。洗濯機に入れる際は、ネットに入れてください。ドライコースか手洗いコースで回します。手洗いでも洗濯機でも、洗剤はおしゃれ着洗いのものを使用します。

おしゃれ着洗いの洗剤は、衣服はもちろんお人形などの生地にも使えるように優しく作られているんですよ。

2.手洗いの場合は、ぬるま湯を桶に張って洗剤を少しかけて人形を優しくもみ洗いしていきます。お人形の毛並みをほぐしてあげるイメージです。お風呂で洗ってあげている感覚ですね。

ゴシゴシしすぎると毛の絡まる原因になったり、ぬいぐるみの生地が傷つくので優しく丁寧に洗いましょうね。手洗いのいいところは、汚れているところを自分の手で念入りに洗えるところ。そして、ぬいぐるみの中の綿がずれないように気をつけることができるところです。

3.もみ洗いしたぬいぐるみはタオルで挟んで水気をぎゅっと吸い取り、1分から3分ほど洗濯機で脱水します。本当に短時間です!洗濯バサミなどで挟んで干してしっかり乾かします。綿が落ちるのが気になる方は平干しでも大丈夫です。

とにかく中までしっかり乾かさないとカビの原因になります!綿の入ってるぬいぐるみは、ずれていないか確認しましょうね。

4.乾いたらまたブラッシングしてあげましょう。ちなみにドライヤーを当てると繊維が壊れてくっついてしまうので避けたほうがいいです。私は一度思い切りドライヤーで乾かした人形がゴワゴワになってしまった経験があります。ぬいぐるみは熱に弱いものが多いです。

結構簡単に洗濯できることがわかりました!ここでしっかり乾かせたら、ぬいぐるみの掃除完了です!

ぬいぐるみを洗う頻度はどれくらい?

正しいダニの減らし方がわかりましたが、果たしてどれくらいの頻度でぬいぐるみを洗えばいいのでしょうか?ダニの動きが活発化して繁殖のしやすい湿度の多い時期だと、できれば毎週天日干しはしてあげたほうがいいです。

一週間であっという間にダニは増えるので、こまめな天日干しがダニを減らしてくれます。洗濯も合わせて行うようにしましょう。夏だとすぐ乾くので洗濯しやすいですよ!

ダニを除去して安心した生活を送ろう!

ダニはアレルギーの原因のひとつ。子供はもちろん大人も、ダニによってアレルギー性気管支炎やアトピー性皮膚炎、気管支喘息などが引き起こされます。お気に入りのぬいぐるみが自分の健康に悪影響を与えているとわかったら悲しいですよね。

ぬいぐるみはこまめにお手入れしてあげて、清潔に保つようにしましょうね!

-雑記
-, ,

関連記事

電車の優先席のメリット

電車の優先席でのスマホを注意!優先席のメリットデメリットとは?

電車でスマホや携帯を触っている方を多く見ます。ただ、優先席でスマホや携帯を触るのはいいのでしょうか?優先席でスマホを触っていると、周りが見られないため優先席に座りたい方が近くにいても気づくことができま …

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美肌を手に入れたい」と思ってもすぐ美肌になることは難しいです。 もちろん、メイクで隠すことは出来ますが、思春期の高校生の肌に厚塗りしたファンデーションはよくありません。皮脂が多い年代になりますので、厚塗りしてしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまうと言われています。 美肌になるために最も、大切なのはメイクではありません。スキンケアなのです。高校生は何もしなくても綺麗な肌だったり、乾燥が気にならなかったりしますが、それは若いからという理由だけになります。 また、ニキビなどの若い子特有の悩みも今だけかもしれません。ですが、今からきちんとスキンケアをしておくことで何歳になっても綺麗な美肌でいられる可能性が高いですよ。今回スキンケアについて勉強しましょう。 高校生のスキンケアに必要なケア用品 いざスキンケアを始めようと思っても、何から揃えたらいいのか分かりませんよね。高校生はまだまだ肌年齢が若いので、酸いんケアのしすぎもよくないのです。高校生はシンプルなスキンケアを心がける必要があります。そのためには、どのようなスキンケア用品が必要なのでしょうか? ・クレンジング 高校生によくある失敗がクレンジング選びです。クレンジングはメイクの落ちやすさからクレンジングオイルを選択する方を多く見かけます。しかしクレンジングオイルは必要な皮脂も落としてしまうのです。しっかりとメイクが落ちることが魅力のクレンジングオイルですが、必要なものまで落としてしまうので辞めましょう。高校生でニキビなどの肌トラブルに悩んでいる場合、ニキビの原因はクレンジングオイルの可能性もありますよ。 クレンジングはクリームやジェルなどの肌に優しいものを使用するようにしましょう。オイルに比べたらメイクが落ちる時間はゆっくりですが、ゆっくり落とす方が肌に優しいです。ナチュラルな肌に優しいものを選ぶようにしましょう。 ・洗顔 洗顔もクレンジング同様に肌に優しい物を選ぶことが大切です。肌に優しい洗顔でおすすめなのは固形石鹸になります。しかし、固形石鹸のデメリットは「清潔に石鹸を保つことが難しい」ということです。固形石鹸は常に外に出ていることになりますので、菌が繁殖しやすいと言われています。 そのため、固形石鹸を使用するのであれば、お風呂のような湿気の多い場所ではなく、洗面台などなるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。 そして固形石鹸を十分に泡立てて肌を優しく洗うようにしてください。固形石鹸を使用していても十分に泡立てないと肌をこすっていることになります。それでは肌に悪い刺激を与えていることになるので、固形石鹸を使用する意味がありません。 固形石鹸と同様洗顔フォームでもきちんと泡立てるようにしましょう。肌に刺激を与えずにスキンケアすることが美肌への近道ですよ。 ・スクラブ メイクをしたり、日々の生活をする中で角質が溜まっていきます。角質が溜まると化粧水などの栄養分が肌に浸透していかないと言われているのです。そこで活躍するのがスクラブになります。スクラブをすることで肌のいらない角質をとることができるため、化粧水などの浸透力が変わってくるはずです。また、スクラブをすることで肌触りも変わり、触り心地も良くなりますよ。 スクラブは肌へ刺激を与えることになってしまうので週に1回ほどにしておきましょう。 ・化粧水 化粧水はいろんなものが出ていますが、大きく分けて「さっぱり」「しっとり」です。これは肌質に合わせたものを購入することが大切になります。化粧水のポイントは付け方です。 手で付ける方と、コットンで付ける方がいるのですが、どちらも付け方としては間違っていません。よく手で付けると手が吸収してしまい、化粧水がもったいないという話を聞きますが、それは間違いの様です。顔の皮膚に比べて手の皮膚は何倍も厚いので、そのようなことはないと言われています。 手で付ける場合は優しく顔をなぞるように付けるようにしましょう。しかし、コットンはなぞって付けると肌トラブルの原因になるので辞めましょう。コットンを使用する場合は、優しく抑え込むようにポンポンと付けることが大切です。 ・乳液 乳液は化粧水を蒸発させない様にするために、必要なアイテムだと言われています。高校生は皮脂が気になることから、乳液を付けない方が多いです。しかし、きちんと乳液をすることで肌が整うので、健康的な肌にすることができるはず。きちんと最後までスキンケアを行いましょう。 高校生のスキンケアの手順 スキンケアの用品が分かったとしても、手順も知りたいところですよね。今回はそれぞれの手順で気を付けて欲しいポイントやおすすめ方法をご紹介していきます。 1.クレンジング クレンジングはアイメイクなどの濃いメイクをしている時は、ポイントメイク用のクレンジングを使用することで、目元をこする回数を減らすことができます。目元や口元の濃いメイクを落としてから顔全体のメイクを落としましょう。 2.洗顔 洗顔をする時はしっかりと泡立てることが大切です。泡立てることが苦手であれば、泡立てようのアイテムが100均やメイク用品を売っている場所で購入できるので探してみて下さい。 3.化粧水 肌は洗顔後が一番大切なので、洗顔後なるべく早く化粧水を付けるようにしましょう。そうすることで肌が整っていくと言われていますよ。 4.乳液・クリーム 乳液と同じような役割をするクリーム。高校生であればどちらかを付ければ十分です。乾燥が気になる方はクリームがおすすめ。肌の状態に合わせて選択しましょう。 まとめ 高校生のスキンケアはシンプルにすることが大切だと分かりました。肌トラブルに悩んでいたりすると、どうしてもどんどんスキンケアをしたくなってしまいますが、つけすぎると肌の負担になってしまうので、なるべく最低限のスキンケアをするようにしましょう。 どうしても、肌の乾燥などが気になる場合は週に1・2回ほどパックをするといいですよ。週に数回なら大きな負担が肌に掛からず、栄養分を入れられると言われているのでおすすめになります。

高校生のスキンケア用品/必要なものと手順を知って美肌になろう

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。 というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。 というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美 …

涙袋は筋トレで効果を期待できるの!?筋トレをする期間はどれくらい?

いつまでも若々しくありたいと願うのは、世の中の多くの女性が願っていることでしょう。 やはり目元は、異性に対するアピール力が強く、とても大切なところです。テレビでよく目にする俳優さんや女優さんの目元をよ …

テスト前日ゲームがやめれない/徹夜はしない方がいい?睡眠とその意味

テスト前日は勉強をしないといけないと分かっていても、ゲームがやめられないって学生あるあるではないでしょうか?その気持ちとっても良くわかります。 勉強を始めてみるとゲームの続きが気になったり、他の友人に …

ブランド好きをどう思う?男女別/ブランド物を欲する理由と予算は?

服やバッグ、靴、他、自分が身に着けるブランド物はどのくらいあるでしょうか。 皆さんには好きなブランドはありますか? 又、ブランド好きな男女をどう思われるでしょう。少し改めて考えてみませんか? 目次1 …

< 注目記事 >