雑記

妊婦の体重増加が止まらない!?我慢しなくていい食生活の送り方

私は二人の息子がいますが、1人目の妊娠時は出産前でプラス20kgも体重増加をしてしまいました(笑)今考えると、とても恐ろしいことなのですが、とにかくご飯が美味しくて妊婦生活の一番の楽しみといえるほど、食べることには我慢ができませんでした。

しかし、今の産科では体重増加の制限が厳しい病院も多いのが現状です。昔は「赤ちゃんの分もしっかり食べなさい」なんてお茶碗2杯の白ご飯を食べていたりすることが当たり前でした。では、なぜ最近になってこれほどまでに体重増加に厳しくなったのでしょうか。

厳しいから食べることを我慢しなければいけない。。なんて余計ストレスを感じるかたも中にはいらっしゃるでしょう。私もその1人でした(笑)2人目は1人目の反省をいかして、食生活に気を付けていましたが、食欲は抑えられませんでした。

食べることは止められなかったのですが、体重はそこまで増えませんでした。我慢なんて余計にストレスになるだけ!私が実践した、我慢しなくてもいいおススメの食生活をご紹介します。

☆なぜ妊娠中は体重増加しすぎたらだめなの!?

妊娠中に体重が増えすぎてしまうと、「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」を引き起こす場合がります。また、産まれてくる産道が脂肪で狭くなり、難産になる恐れがあるのです。妊娠高血圧症候群とは、高血圧やむくみの症状が目立ちます。

胎盤や子宮に血液が流れにくくなり、胎児の成長を妨げる危険性があります。妊娠糖尿病は、血糖値が高くなりすぎる病気で、糖尿病をもっている家族や高齢出産の方はリスクが高くなります。そして、胎児機能不全や胎児死亡の危険性があります。

流産や早産のリスクを高めないためにも、肥満にならないよう体重増加を制限する病院が多くなってきているのです。体重増加しすぎはだめだといわれていますが、ではどのぐらいまでなら体重増加しても良いのでしょうか。

☆妊娠中の理想的な体重増加目安

体重増加の目安として、厚生労働省が発表したデータではこのようになっています。

BMI18.5以下のやせ型は、9〜12kg

BMIが18.5〜25の人は標準体型は7〜12kg

BMI25以上の肥満の人は7kg

上記の数値までに抑えるよう病院で指導されています。

1週間の増加は500gが理想的で、それ以上体重増加をしてしまうと、肥満のリスクが上がってしまいます。しかし、体重ばかりに気をとられて過度なダイエットをしていては、かえって母体や胎児にも悪影響になってしまうこともあります。

初期はつわりで食べられなかった人も、だんだんと食欲が湧いてきたり、家にいる時間が多くなり、ついお菓子に手を伸ばしてしまったりと常に何かを食べてる。なんてことはありませんか。私もその1人でした。その結果1人目の時に20kgも体重が増えてしまいました(笑)

でも、ただでさえストレスを抱えやすい妊婦生活ですので、できるだけ食べることは我慢たくない!と思う方も多いのではないでしょうか。では、我慢しなくていい食生活をご紹介しましょう。

☆我慢しなくてもいい食生活

まず、きをつけなければいけないことは、「カロリーの取り過ぎ」ということです。食べたいものをただがむしゃらに食べ続けていたら、体重増加に繋がることはみなさんおわかりだと思います。こんな時は、カロリーが低く、満腹中枢を満たされる食材を選ぶようにしましょう。

例えば、「こんにゃく」が代表的です。白ご飯がやめられないという方にも、おススメなのがこんにゃく米です。乾燥したこんにゃくを白米に混ぜて炊きます。味も食感も変わらないので、たくさん食べてもカロリーはかなり軽減されます。

こんにゃくはさまざまな料理に変身してくれるので、レシピなどを覚えておくといいですね♪なんでも、たくさん食べてもこんやくは低カロリーな上、お財布にも優しいのでおすすめです。ご飯だけでなく、おやつも食べたいですよね。

そんなときは、なるべく手作りのものを口にするようにしましょう。果物を加熱すると甘みが増して美味しいです。また、はちみつなどを使って、砂糖を入れずにお菓子を作るのもよいでしょう。市販のものだとどうしても、砂糖が多く入っているので、母体にも胎児にもあまりよくありません。

食後のコーヒーも飲みたい!という人も無理に我慢する必要はありません。カフェインの過剰摂取は、流産や死産、胎児の発育不全のリスクが高くなります。妊娠中だけでなく、産後も母乳に影響があるため、控えるようにいわれています。

しかし、あくまでも過剰摂取がいけないのであって、1日1杯や2杯程度では問題はないそうです。しかし、コーヒーだけでなく、紅茶、日本茶、コーラなどさまざまなものに含まれていますので、一度どの飲み物にカフェインが入っているのか、調べておくとよいでしょう。

心配な方は、たんぽぽコーヒーなどのノンカフェインコーヒーやルイボスティーなどカフェインが含まれない飲料もたくさんありますので、それらを利用するといいでしょう。とにかく我慢をすることが一番よくないと私は思います。

妊娠中は赤ちゃんのことを考えて、我慢することがたくさんあります。ですので、せめて食事だけでもストレスなく好きなものを食べたいですよね!味を変えることなく、カロリーだけを抑えることができる食材や食品が今はたくさんでています。

それらを上手く活用しながら、楽しい妊婦生活をおくって下さい♪

☆まとめ

1人目の時に、とにかく食欲が止まらなくて体重増加しすぎてしまった私です。ですので、その反省を活かして、2人目はカロリーの低い食材をたくさん食べることで、お腹を満たしていました。

また、息子のおやつを手作りするついでに自分のおやつも手作りしたりしながら、我慢することなく、体重増加を抑えることができました。妊娠中は、どんどんお腹が大きくなって、身動き一つとるのも大変になってきますよね。

それだけでなくても、情緒不安定になったり、ホルモンバランスが崩れるので、精神的にも辛い時期でもあります。そんなときこそ、美味しいものをたくさん食べましょう。好きなものを我慢することなく食べることができることは、ストレス発散にもつながります。

カロリーや食材に気を付けながら、今しかない妊婦生活を楽しみましょう♪

-雑記
-, ,

関連記事

正月に義実家帰省しない方法は?夫の実家に帰省したくない嫁の本音

お正月になると、夫と妻、それぞれの実家に帰るご家庭も多いと思います。自分の実家は気楽だわ~、家事もしなくていいし~とダラダラできることも期待できますが、夫の実家だとそうはいきませんよね。 そしてそんな …

シミ取り体験談!レーザー経過口コミまとめ/実際に治療経験した感想

毎日鏡を見て気になるシミについてお困りではないですか? 鏡を見る度に気になって悲しい気分になったり。 今回の記事は、自らの体験談や体験をした感想などメリットやデメリットもお伝えできるような口コミをまと …

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美肌を手に入れたい」と思ってもすぐ美肌になることは難しいです。 もちろん、メイクで隠すことは出来ますが、思春期の高校生の肌に厚塗りしたファンデーションはよくありません。皮脂が多い年代になりますので、厚塗りしてしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまうと言われています。 美肌になるために最も、大切なのはメイクではありません。スキンケアなのです。高校生は何もしなくても綺麗な肌だったり、乾燥が気にならなかったりしますが、それは若いからという理由だけになります。 また、ニキビなどの若い子特有の悩みも今だけかもしれません。ですが、今からきちんとスキンケアをしておくことで何歳になっても綺麗な美肌でいられる可能性が高いですよ。今回スキンケアについて勉強しましょう。 高校生のスキンケアに必要なケア用品 いざスキンケアを始めようと思っても、何から揃えたらいいのか分かりませんよね。高校生はまだまだ肌年齢が若いので、酸いんケアのしすぎもよくないのです。高校生はシンプルなスキンケアを心がける必要があります。そのためには、どのようなスキンケア用品が必要なのでしょうか? ・クレンジング 高校生によくある失敗がクレンジング選びです。クレンジングはメイクの落ちやすさからクレンジングオイルを選択する方を多く見かけます。しかしクレンジングオイルは必要な皮脂も落としてしまうのです。しっかりとメイクが落ちることが魅力のクレンジングオイルですが、必要なものまで落としてしまうので辞めましょう。高校生でニキビなどの肌トラブルに悩んでいる場合、ニキビの原因はクレンジングオイルの可能性もありますよ。 クレンジングはクリームやジェルなどの肌に優しいものを使用するようにしましょう。オイルに比べたらメイクが落ちる時間はゆっくりですが、ゆっくり落とす方が肌に優しいです。ナチュラルな肌に優しいものを選ぶようにしましょう。 ・洗顔 洗顔もクレンジング同様に肌に優しい物を選ぶことが大切です。肌に優しい洗顔でおすすめなのは固形石鹸になります。しかし、固形石鹸のデメリットは「清潔に石鹸を保つことが難しい」ということです。固形石鹸は常に外に出ていることになりますので、菌が繁殖しやすいと言われています。 そのため、固形石鹸を使用するのであれば、お風呂のような湿気の多い場所ではなく、洗面台などなるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。 そして固形石鹸を十分に泡立てて肌を優しく洗うようにしてください。固形石鹸を使用していても十分に泡立てないと肌をこすっていることになります。それでは肌に悪い刺激を与えていることになるので、固形石鹸を使用する意味がありません。 固形石鹸と同様洗顔フォームでもきちんと泡立てるようにしましょう。肌に刺激を与えずにスキンケアすることが美肌への近道ですよ。 ・スクラブ メイクをしたり、日々の生活をする中で角質が溜まっていきます。角質が溜まると化粧水などの栄養分が肌に浸透していかないと言われているのです。そこで活躍するのがスクラブになります。スクラブをすることで肌のいらない角質をとることができるため、化粧水などの浸透力が変わってくるはずです。また、スクラブをすることで肌触りも変わり、触り心地も良くなりますよ。 スクラブは肌へ刺激を与えることになってしまうので週に1回ほどにしておきましょう。 ・化粧水 化粧水はいろんなものが出ていますが、大きく分けて「さっぱり」「しっとり」です。これは肌質に合わせたものを購入することが大切になります。化粧水のポイントは付け方です。 手で付ける方と、コットンで付ける方がいるのですが、どちらも付け方としては間違っていません。よく手で付けると手が吸収してしまい、化粧水がもったいないという話を聞きますが、それは間違いの様です。顔の皮膚に比べて手の皮膚は何倍も厚いので、そのようなことはないと言われています。 手で付ける場合は優しく顔をなぞるように付けるようにしましょう。しかし、コットンはなぞって付けると肌トラブルの原因になるので辞めましょう。コットンを使用する場合は、優しく抑え込むようにポンポンと付けることが大切です。 ・乳液 乳液は化粧水を蒸発させない様にするために、必要なアイテムだと言われています。高校生は皮脂が気になることから、乳液を付けない方が多いです。しかし、きちんと乳液をすることで肌が整うので、健康的な肌にすることができるはず。きちんと最後までスキンケアを行いましょう。 高校生のスキンケアの手順 スキンケアの用品が分かったとしても、手順も知りたいところですよね。今回はそれぞれの手順で気を付けて欲しいポイントやおすすめ方法をご紹介していきます。 1.クレンジング クレンジングはアイメイクなどの濃いメイクをしている時は、ポイントメイク用のクレンジングを使用することで、目元をこする回数を減らすことができます。目元や口元の濃いメイクを落としてから顔全体のメイクを落としましょう。 2.洗顔 洗顔をする時はしっかりと泡立てることが大切です。泡立てることが苦手であれば、泡立てようのアイテムが100均やメイク用品を売っている場所で購入できるので探してみて下さい。 3.化粧水 肌は洗顔後が一番大切なので、洗顔後なるべく早く化粧水を付けるようにしましょう。そうすることで肌が整っていくと言われていますよ。 4.乳液・クリーム 乳液と同じような役割をするクリーム。高校生であればどちらかを付ければ十分です。乾燥が気になる方はクリームがおすすめ。肌の状態に合わせて選択しましょう。 まとめ 高校生のスキンケアはシンプルにすることが大切だと分かりました。肌トラブルに悩んでいたりすると、どうしてもどんどんスキンケアをしたくなってしまいますが、つけすぎると肌の負担になってしまうので、なるべく最低限のスキンケアをするようにしましょう。 どうしても、肌の乾燥などが気になる場合は週に1・2回ほどパックをするといいですよ。週に数回なら大きな負担が肌に掛からず、栄養分を入れられると言われているのでおすすめになります。

高校生のスキンケア用品/必要なものと手順を知って美肌になろう

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。 というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。 というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美 …

一人暮らし/小さい虫はどこから入る?飛ぶ虫を退治する方法

一人暮らし/小さい虫はどこから入る?飛ぶ虫を退治する方法

一人暮らしをしていると、虫などが出ても自分で退治するしかありません。しかし、虫が苦手な方は自宅に虫が出るという状況はとても辛く、ドキドキして過ごすことになり全く落ち着くことが出来ないです。 しかし、虫 …

引越し準備が間に合わない!1日で引っ越しは出来るのか!?

引越し準備が間に合わない!1日で引っ越しは出来るのか!?

急に引っ越しが決まると、仕事や育児をしながらの準備はバタバタになってしまいますよね。一生懸命準備しても「間に合わない!!」なんてことも出てくる可能性が。 簡単に荷造りができる方法があればありがたいです …

< 注目記事 >