雑記

カワニナを水槽に入れると掃除の手間は!?コケを食べてくれるの?

連日、熱波が日本列島を襲っているこの頃です。

猛暑ではなく、過去に例を見ないほどの極暑を経験していますが、ちょっと涼やかな話題をお届けしたいと思います。

みなさんは「カワニナ」という名前を聞いた事はありますか?魚を飼っている人ならば、その名を耳にしたことがあるかもしれません。

しかしながら、多くの人にとってはあまり聞き覚えのない生き物に感じられるでしょう。そこでカワニナについて、主に次の2つの観点からお伝えしていきます。1つは、カワニナとはいったいどんな生き物であるかについて紹介します。

もう1つは、タンクメイトとしての実力について、水槽のコケを食べてくれるのかまで含めてです。

カワニナってどんな生き物?

何となく形をイメージできても生態までは知らない人も多いと思います。

また、カワニナの存在についてあまりよく知らない人も少なくないはずです。

そこでいったいどんな生き物であるかについて、できるだけ詳しく紹介していきます。

種類

カワニナ属は日本においておよそ40種が存在していますが、それぞれの居住地域は限定的です。カワニナ属は大きく2つに分類でき、1つは琵琶湖水系のみに暮らす固有種群と、もう1つは全国に広く分布している個体群です。

琵琶湖には固有種を含めて16種が暮らしています。広く分布している個体群は、カワニナ類とその他のカワニナ属に分けることができます。

・生息場所とライフスタイル

水温の高くない(25℃以下)、流れの緩やかなキレイな河川においてその姿を見ることができます。生活環境としては、水深15㎝~30㎝くらいの川が適していると言われています。

あまり汚い水質の河川では生きていくことは難しく、コンクリート整備化された農業用水路でも目にすることは可能です。

特に西日本においては、群生していることが珍しくありません。

溶存酸素量が高い環境に暮らしていることが多く見られます。

・体の特徴と食べ物

細長い渦を巻いたような外見がとても特徴的です。

殻高(殻の高低差)は3㎝、殻の直径は1.3㎝くらいで成長は止まります。

殻高がおよそ2㎝に達するまで半年くらいの時間を必要とし、3㎝になるには数年もかかります。この大きさになれるのは産卵された卵の数%という報告もあるくらいです。

カワニナの平均的な寿命は約6年で、長いものは10年前後生きる個体もいるそうです。

食べ物については、種類を問わず岩や石などに付着した藻類や落ち葉などを好みます。

積極的に魚を捕食することはありませんが、魚の死体を分解する役割を果たすこともあります。

・天敵

ゲンジボタルやヘイケボタルの幼虫は知られていますが、幼虫の体長よりも大きなサイズは食べることができないようです。

大きく育ち上がったカワニナを食べることができるのは、コイくらいと言われています。

コイは豪快に丸呑みにして、殻ごとかみ砕いて食べてしまうのです。

ザリガニやカニなども食べると言われていますが、生きた状態を捕食するのかは定かではありません。

タンクメイトとしてのカワニナの実力は!?

実はカワニナだけで飼うよりも、もっといい方法があるって知ってました?

誰でも手軽に飼えるメダカとの相性について紹介していきます。

また、カワニナは水槽の掃除に貢献してくれるのかについても触れていきます。

メダカとの相性は?

カワニナは、メダカのタンクメイトとしての相性は悪くありません。

生育に適した水温や水質などがよく似ているため、一緒に育てていくこともできます。

お互いに捕食の関係となることもないので、混泳させても安心です。

亡くなってしまったメダカをカワニナが食べてしまうことは考えられます。

しかし、好んで自ら捕食することはありません。

ただし、カワニナは一部の水草を食べてしまうことがあるので注意しましょう。

・ホントに水槽のコケを食べてくれるの?

歯舌(しぜつ)というやすり状の口を使い、水槽の壁面についたコケ類などを削りとって食べてくれることを期待することができます。

カワニナ類の歯舌は、幅約0.5ミリ、長さ6ミリくらいの平たいヒモ状です。

中央にはおろし金のような歯があり、外側には先割れスプーンの先を長くしたようなうすい歯が見られます。

この歯舌を上下に動かして、エサを削り取って食べます。

そのため水中を漂っているものを食べることには適していません。

・飼育上の3つの注意点とは?

1つ目は、水槽の水が緑色になってしまった場合に、ろ過する役割をカワニナは果たすことができません。

それはタニシ類の方が優れています。

タニシ類は、水中を浮遊している小さなゴミをこしとって、水をキレイにする能力を有しています。

2つ目は、水質の悪化に気をつけることです。

カワニナは自身の排泄物によって水質が悪化すると弱ってしまうおそれがありますので、ろ過装置を使っていない場合は、しっかりと水換えを怠らないようにしましょう。

カワニナは溶存酸素が高い環境を好みますから、特に注意して観察しておく必要があります。

水質の悪化は、カワニナの生存を脅かす状態を招くと言っても過言ではありません。

3つ目は、生息範囲の異なる種を他の場所へと移動させないことです。

固有種も多く、これまで安定していた生態系をいたずらに乱すことにつながってしまいます。

もしもペットショップで原産地の分からないカワニナを買った場合は、むやみやたらと川に放流するようなことは絶対にやめてください。

まとめ

カワニナは、らせん状の細長い貝で、川の流れが緩やかなキレイなところで目にすることができます。

種類は多く、局所的に分布しているものと広く分布しているものの2つに分けることが可能です。

食性は雑食で、岩に付着した藻類などを食べますが、魚の亡骸を食べることもあります。

生息環境がメダカと似ているためタンクメイトとしてもおすすめです。

水槽の壁面に付着したコケであれば、カワニナが食べてくれる可能性があります。

ただし、水中のゴミを浄化する能力はタニシよりも劣るので注意しましょう。

非常に高い浄化能力を有するわけではありませんが、水槽の壁面の掃除の役割は果たしてくれそうです。

-雑記
-, ,

関連記事

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美肌を手に入れたい」と思ってもすぐ美肌になることは難しいです。 もちろん、メイクで隠すことは出来ますが、思春期の高校生の肌に厚塗りしたファンデーションはよくありません。皮脂が多い年代になりますので、厚塗りしてしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまうと言われています。 美肌になるために最も、大切なのはメイクではありません。スキンケアなのです。高校生は何もしなくても綺麗な肌だったり、乾燥が気にならなかったりしますが、それは若いからという理由だけになります。 また、ニキビなどの若い子特有の悩みも今だけかもしれません。ですが、今からきちんとスキンケアをしておくことで何歳になっても綺麗な美肌でいられる可能性が高いですよ。今回スキンケアについて勉強しましょう。 高校生のスキンケアに必要なケア用品 いざスキンケアを始めようと思っても、何から揃えたらいいのか分かりませんよね。高校生はまだまだ肌年齢が若いので、酸いんケアのしすぎもよくないのです。高校生はシンプルなスキンケアを心がける必要があります。そのためには、どのようなスキンケア用品が必要なのでしょうか? ・クレンジング 高校生によくある失敗がクレンジング選びです。クレンジングはメイクの落ちやすさからクレンジングオイルを選択する方を多く見かけます。しかしクレンジングオイルは必要な皮脂も落としてしまうのです。しっかりとメイクが落ちることが魅力のクレンジングオイルですが、必要なものまで落としてしまうので辞めましょう。高校生でニキビなどの肌トラブルに悩んでいる場合、ニキビの原因はクレンジングオイルの可能性もありますよ。 クレンジングはクリームやジェルなどの肌に優しいものを使用するようにしましょう。オイルに比べたらメイクが落ちる時間はゆっくりですが、ゆっくり落とす方が肌に優しいです。ナチュラルな肌に優しいものを選ぶようにしましょう。 ・洗顔 洗顔もクレンジング同様に肌に優しい物を選ぶことが大切です。肌に優しい洗顔でおすすめなのは固形石鹸になります。しかし、固形石鹸のデメリットは「清潔に石鹸を保つことが難しい」ということです。固形石鹸は常に外に出ていることになりますので、菌が繁殖しやすいと言われています。 そのため、固形石鹸を使用するのであれば、お風呂のような湿気の多い場所ではなく、洗面台などなるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。 そして固形石鹸を十分に泡立てて肌を優しく洗うようにしてください。固形石鹸を使用していても十分に泡立てないと肌をこすっていることになります。それでは肌に悪い刺激を与えていることになるので、固形石鹸を使用する意味がありません。 固形石鹸と同様洗顔フォームでもきちんと泡立てるようにしましょう。肌に刺激を与えずにスキンケアすることが美肌への近道ですよ。 ・スクラブ メイクをしたり、日々の生活をする中で角質が溜まっていきます。角質が溜まると化粧水などの栄養分が肌に浸透していかないと言われているのです。そこで活躍するのがスクラブになります。スクラブをすることで肌のいらない角質をとることができるため、化粧水などの浸透力が変わってくるはずです。また、スクラブをすることで肌触りも変わり、触り心地も良くなりますよ。 スクラブは肌へ刺激を与えることになってしまうので週に1回ほどにしておきましょう。 ・化粧水 化粧水はいろんなものが出ていますが、大きく分けて「さっぱり」「しっとり」です。これは肌質に合わせたものを購入することが大切になります。化粧水のポイントは付け方です。 手で付ける方と、コットンで付ける方がいるのですが、どちらも付け方としては間違っていません。よく手で付けると手が吸収してしまい、化粧水がもったいないという話を聞きますが、それは間違いの様です。顔の皮膚に比べて手の皮膚は何倍も厚いので、そのようなことはないと言われています。 手で付ける場合は優しく顔をなぞるように付けるようにしましょう。しかし、コットンはなぞって付けると肌トラブルの原因になるので辞めましょう。コットンを使用する場合は、優しく抑え込むようにポンポンと付けることが大切です。 ・乳液 乳液は化粧水を蒸発させない様にするために、必要なアイテムだと言われています。高校生は皮脂が気になることから、乳液を付けない方が多いです。しかし、きちんと乳液をすることで肌が整うので、健康的な肌にすることができるはず。きちんと最後までスキンケアを行いましょう。 高校生のスキンケアの手順 スキンケアの用品が分かったとしても、手順も知りたいところですよね。今回はそれぞれの手順で気を付けて欲しいポイントやおすすめ方法をご紹介していきます。 1.クレンジング クレンジングはアイメイクなどの濃いメイクをしている時は、ポイントメイク用のクレンジングを使用することで、目元をこする回数を減らすことができます。目元や口元の濃いメイクを落としてから顔全体のメイクを落としましょう。 2.洗顔 洗顔をする時はしっかりと泡立てることが大切です。泡立てることが苦手であれば、泡立てようのアイテムが100均やメイク用品を売っている場所で購入できるので探してみて下さい。 3.化粧水 肌は洗顔後が一番大切なので、洗顔後なるべく早く化粧水を付けるようにしましょう。そうすることで肌が整っていくと言われていますよ。 4.乳液・クリーム 乳液と同じような役割をするクリーム。高校生であればどちらかを付ければ十分です。乾燥が気になる方はクリームがおすすめ。肌の状態に合わせて選択しましょう。 まとめ 高校生のスキンケアはシンプルにすることが大切だと分かりました。肌トラブルに悩んでいたりすると、どうしてもどんどんスキンケアをしたくなってしまいますが、つけすぎると肌の負担になってしまうので、なるべく最低限のスキンケアをするようにしましょう。 どうしても、肌の乾燥などが気になる場合は週に1・2回ほどパックをするといいですよ。週に数回なら大きな負担が肌に掛からず、栄養分を入れられると言われているのでおすすめになります。

高校生のスキンケア用品/必要なものと手順を知って美肌になろう

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。 というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。 というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美 …

アイメイクが似合わない/変わらない/下手!顔に合ったメイクとは

アイメイクは顔のパーツの中でも最も重要だと言われている部分です。 というのも話をしたりするときに必然と目を見られるからでしょう。それだけアイメイクは重要ですし、アイメイク次第で印象も変わってきてしまい …

ジムに初めて女性1人だけで潜入!ひとりぼっちの心配は無用だった!

ジムに初めて女性1人だけで潜入!ひとりぼっちの心配は無用だった!

ジムに女性1人で通われている人。 これから通ってみようかなと思っている人。 何かジムに対して思う事はありますか? 1人で行くことが不安だった私。 行ってみて思った事、体験談をお話します。 目次1 ☆ス …

夏野菜の苗の選び方と栽培法!日陰でも育てることができる種類は?

夏はいろいろな野菜がスーパーの店頭に並び、一気に食卓が華やぎますね!  夏野菜の中には、あまり目立たないけれど、いろんな使い方ができる野菜があります。「野菜は買うもの」という発想から「野菜は育てるもの …

ガラケーからガラホに乗り換え検討中の人必見!評判と買った人の感想

ガラケーからガラホに乗り換え検討中の人必見!評判と買った人の感想

今ではスマホやiPhoneを使っている人のほうが多くなりました。でも通話とメールしかしないからガラケーで十分なのに、という声も多い中、ガラケーの生産が終了して使えなくなるというお知らせが…。 今販売さ …

< 注目記事 >