雑記

単身赴任で帰ってきてほしくない妻心理/帰る頻度と妻のストレスの関係

投稿日:2018年2月3日 更新日:

今回は単身赴任で妻にかかってしまうストレスや帰る頻度について、調べてみました。

何の前触れもなく急に妻に帰ってこないでと言われるのは辛いですし、それに悩んでいる旦那さんは多いのではないでしょうか。

このことからどんな経緯でそのような言われ方をしてしまうのかも分析してみました。

単身赴任で妻にかかるストレスとは?

単身赴任中に妻にかかるストレスは様々な家庭環境があるために一概に一つにはしぼることは難しいですが、大きな共通点として何箇所か見つけることが出来ました。

・育児の疲れによるストレス

夫婦であれば、子供がいるご家庭は多いかと思います。基本的に単身赴任は自宅から会社に帰れないので、遠方に住まなくなることがほとんどです。そこで特に子育てが大変な時期の子供がいると全て妻が生活の面倒や育児に追われなければなりません。

結論からすると子育てに疲れ切っている妻からすると相当なストレスが溜まることは間違いないでしょう。男性と女性は考えの違いに傾向性が少なからず存在します。男性からみると家事や育児の疲労は理解しにくいところはあるかと思いますが、実は大変な労働力なのです。

子供が小さければ、朝早く起きて、幼稚園や保育園のお弁当を作り、なかなか言うことを聞いてくれない子供に服を着替えさせ、朝食を作り食器を片付けゴミ出し、そして子供を送り出し部屋の掃除、洗濯、買い物、家計簿を計算をしそうすればあっという間にお迎えの時間になります。

夕方の献立を考え夕食準備をして合間に遊んであげたり、次はお風呂にいれて就寝準備です。

なかなか言うことを聞いてくれない時もあると思います。

またちょっとブレイクタイムでお茶を沸かす時でさえ子供が火傷や事故につながらないよう見張っていたり気を緩める時間は非常に少なくなってしまいます。

これが長い間続くてストレスも溜まるはずで、旦那としてはこの辺りの妻に対する配慮や理解をしてあげないと行けないところはあるのではないでしょうか。

・自由時間がない

単身赴任であればゆったりする時間は1人であればそうでもないかもしれませんが、やはり先ほどの話と繋がる事はありますが、自由なイキイキとした時間がないのは誰しも辛いものがあります。

単身赴任でも妻にどうブレイクタイムの時間を長く出来るかこれは夫婦の話し合いに大きく関わっています。

単身赴任で妻が帰ってきてほしくないと言う心理

これもまた一概には言えませんが、これには夫婦仲が良いか悪いかが大きく作用していると思われます。

妻が帰ってきて欲しくないという大半の理由は

・帰ってきても話さない

・顔をがみたくない

・すぐケンカしてしまう

・旦那に不満が多いから

・お金さえいれてもらえればいい

どれも共通する理由は夫婦仲にありました。普通に考えれば、好きな人ならそもそもこんな言葉がでてしまうのは不自然ですそ、一つ言えることは妻か旦那それとも双方に問題があるということです。

これを解決していくのは一筋縄では行きませんが、一つ一つの問題を解決していくしかありません。

普段からコミュニケーションをしっかりとっていくこと、極力不満はお互いに溜めないことこの2点は非常に大事になると思います。

なかなか簡単に解決出来ることでは、ありませんが、旦那も仕事で大変な時はたくさんありますし、家庭にまで注視することは毎日は無理ですが、妻にも感謝を忘れず1日を大切にし旦那としてやらなければならない部分はしっかりみてあげるようにしましょう。

またこの問題としては妻にも原因があることを忘れてはいけません。必ずしも全て旦那が悪いという訳でもないところが厄介なところでもあります。

例えば妻のワガママでこのような問題になることもあるとは思います。しかしそんな場合でも相手を責めてしまう態度ではいけません。

悔しい気持ちもあるとは思いますが、グッとこらえて優しい気持ちで接してあげることで問題解決への糸口になることがあるかもしれません。

とにかく冷静に対応していくようにしましょう。

単身赴任で帰る頻度は?

単身赴任で帰る頻度についてですが、調べてみたところ海外や超遠距離ではない限り土日の週末は帰省するという以外な結果が出ていました。理由はやはり家族の時間を大切にしたいということでした。

また多くの会社では帰省手足などの交通費が支給されているため経済的な負担は軽減されていますが、あくまでこれは大手の単身赴任での待遇だと思われます。

中小企業でもしっかり帰省手当をだしていますが、企業の経営により月に1回から2回までと制限をしているところも存在しました。

ただし帰省の回数ですが、これは臨機応変になるのではないかと思います。家庭の育児や家事が大変で妻にリフレッシュしてもらうために何処かへ遊びに出かけてもらい、土日は子供の面倒や家事を旦那がみてあげる。

このような場合は必要ですが、家庭環境が上手くいっていれば、仕事もあるので月に2回でも3回でも大丈夫です。このように様々なケースがあることから毎回変えれば絶対夫婦円満とは言えないことがあります。

逆に帰れるのにまったく帰省しないというのも問題ではありますが、全ての会社が全額帰省費用を負担するという訳でもないので経済的なことも考えつつあくまてもっともベストな帰省の回数を家族で話し合うのが一番良いです。

最後に週末に帰省する人の割合ですが、毎週約3割の人が帰省し月に1回が29%でその他が約3割強という結果になっていました。

まとめ

今回の単身赴任、妻が帰ってきてほしくない心理やストレスそして帰省回数などはいかがでしたか?

もし問題が何かあり心あたりがあるならば、すぐに行動し対策を練ってみてください。時間が経てば経つほど夫婦仲が悪くなるケースもあるので傷は浅いうちに修復をしましょう。

また帰省回数についても絶対正解な数があるわけではないので、しっかり考えて帰省するように心がけて下さい。この記事がきっかけで良い機会となることが出来れば幸いです。

~関連記事~

単身赴任生活の過ごし方と必需品!暇つぶしで困らない楽しみ方6選

単身赴任/子供が小さい時に寂しいと思われない為家族がすべき事3選

単身赴任で妻がうつ病?妻が感じるストレス3選と解決方法について

単身赴任男性/旦那の気持ちは?家族時間と仕事の順位で悩む男性心理

旦那が単身赴任で浮気?夫婦生活がなく寂しい時に絆を深める方法3選

単身赴任/子供が小学生中学生で小さい時はどの様な問題がある?

-雑記
-, ,

執筆者:

関連記事

サーフィンのテイクオフを早くするコツや最適な足の位置はどこなの?

サーフィンのテイクオフのコツを知って、うまく波に乗れるようになりたい!! テイクオフはできるようになったけど、今より早くしたりするためにはどうしたらいい??サーフィンのテイクオフは、サーフィンを行う上 …

手作り味噌を日持ちさせる高機能ストッカーのオススメ3選!

手作りの調味料は、料理に使うのもとってもワクワクしますよね。 特に手作りの味噌は、みそ汁などで毎日使うのでしっかりと保存しておきたいものです。すぐに劣化したら、せっかく作った手作り味噌が台無しになって …

メイク初心者で乾燥肌の方必見!粉を吹く悩みをメイク方法で解決しよう

乾燥肌の方に起こりがちな、メイクトラブルが「粉吹き」です。粉が吹くと綺麗にファンデやチークを付けることができなかったり、見た目も気になるものがあります。粉吹きは乾燥肌の中でも、特にメイク初心者の方に起 …

夢の吊り橋

寸又峡/夢の吊り橋に子供と行きたい♪混雑状況は?道が狭いってホント?

ながーい吊り橋に、エメラルドグリーンの水。 「すごい!ここどこ!?」と、その美しさにびっくりされる方も多いかと思います。 そんな寸又峡「夢の吊り橋」ですが、まだ行ったことがない、今度行きたいという方の …

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美肌を手に入れたい」と思ってもすぐ美肌になることは難しいです。 もちろん、メイクで隠すことは出来ますが、思春期の高校生の肌に厚塗りしたファンデーションはよくありません。皮脂が多い年代になりますので、厚塗りしてしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまうと言われています。 美肌になるために最も、大切なのはメイクではありません。スキンケアなのです。高校生は何もしなくても綺麗な肌だったり、乾燥が気にならなかったりしますが、それは若いからという理由だけになります。 また、ニキビなどの若い子特有の悩みも今だけかもしれません。ですが、今からきちんとスキンケアをしておくことで何歳になっても綺麗な美肌でいられる可能性が高いですよ。今回スキンケアについて勉強しましょう。 高校生のスキンケアに必要なケア用品 いざスキンケアを始めようと思っても、何から揃えたらいいのか分かりませんよね。高校生はまだまだ肌年齢が若いので、酸いんケアのしすぎもよくないのです。高校生はシンプルなスキンケアを心がける必要があります。そのためには、どのようなスキンケア用品が必要なのでしょうか? ・クレンジング 高校生によくある失敗がクレンジング選びです。クレンジングはメイクの落ちやすさからクレンジングオイルを選択する方を多く見かけます。しかしクレンジングオイルは必要な皮脂も落としてしまうのです。しっかりとメイクが落ちることが魅力のクレンジングオイルですが、必要なものまで落としてしまうので辞めましょう。高校生でニキビなどの肌トラブルに悩んでいる場合、ニキビの原因はクレンジングオイルの可能性もありますよ。 クレンジングはクリームやジェルなどの肌に優しいものを使用するようにしましょう。オイルに比べたらメイクが落ちる時間はゆっくりですが、ゆっくり落とす方が肌に優しいです。ナチュラルな肌に優しいものを選ぶようにしましょう。 ・洗顔 洗顔もクレンジング同様に肌に優しい物を選ぶことが大切です。肌に優しい洗顔でおすすめなのは固形石鹸になります。しかし、固形石鹸のデメリットは「清潔に石鹸を保つことが難しい」ということです。固形石鹸は常に外に出ていることになりますので、菌が繁殖しやすいと言われています。 そのため、固形石鹸を使用するのであれば、お風呂のような湿気の多い場所ではなく、洗面台などなるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。 そして固形石鹸を十分に泡立てて肌を優しく洗うようにしてください。固形石鹸を使用していても十分に泡立てないと肌をこすっていることになります。それでは肌に悪い刺激を与えていることになるので、固形石鹸を使用する意味がありません。 固形石鹸と同様洗顔フォームでもきちんと泡立てるようにしましょう。肌に刺激を与えずにスキンケアすることが美肌への近道ですよ。 ・スクラブ メイクをしたり、日々の生活をする中で角質が溜まっていきます。角質が溜まると化粧水などの栄養分が肌に浸透していかないと言われているのです。そこで活躍するのがスクラブになります。スクラブをすることで肌のいらない角質をとることができるため、化粧水などの浸透力が変わってくるはずです。また、スクラブをすることで肌触りも変わり、触り心地も良くなりますよ。 スクラブは肌へ刺激を与えることになってしまうので週に1回ほどにしておきましょう。 ・化粧水 化粧水はいろんなものが出ていますが、大きく分けて「さっぱり」「しっとり」です。これは肌質に合わせたものを購入することが大切になります。化粧水のポイントは付け方です。 手で付ける方と、コットンで付ける方がいるのですが、どちらも付け方としては間違っていません。よく手で付けると手が吸収してしまい、化粧水がもったいないという話を聞きますが、それは間違いの様です。顔の皮膚に比べて手の皮膚は何倍も厚いので、そのようなことはないと言われています。 手で付ける場合は優しく顔をなぞるように付けるようにしましょう。しかし、コットンはなぞって付けると肌トラブルの原因になるので辞めましょう。コットンを使用する場合は、優しく抑え込むようにポンポンと付けることが大切です。 ・乳液 乳液は化粧水を蒸発させない様にするために、必要なアイテムだと言われています。高校生は皮脂が気になることから、乳液を付けない方が多いです。しかし、きちんと乳液をすることで肌が整うので、健康的な肌にすることができるはず。きちんと最後までスキンケアを行いましょう。 高校生のスキンケアの手順 スキンケアの用品が分かったとしても、手順も知りたいところですよね。今回はそれぞれの手順で気を付けて欲しいポイントやおすすめ方法をご紹介していきます。 1.クレンジング クレンジングはアイメイクなどの濃いメイクをしている時は、ポイントメイク用のクレンジングを使用することで、目元をこする回数を減らすことができます。目元や口元の濃いメイクを落としてから顔全体のメイクを落としましょう。 2.洗顔 洗顔をする時はしっかりと泡立てることが大切です。泡立てることが苦手であれば、泡立てようのアイテムが100均やメイク用品を売っている場所で購入できるので探してみて下さい。 3.化粧水 肌は洗顔後が一番大切なので、洗顔後なるべく早く化粧水を付けるようにしましょう。そうすることで肌が整っていくと言われていますよ。 4.乳液・クリーム 乳液と同じような役割をするクリーム。高校生であればどちらかを付ければ十分です。乾燥が気になる方はクリームがおすすめ。肌の状態に合わせて選択しましょう。 まとめ 高校生のスキンケアはシンプルにすることが大切だと分かりました。肌トラブルに悩んでいたりすると、どうしてもどんどんスキンケアをしたくなってしまいますが、つけすぎると肌の負担になってしまうので、なるべく最低限のスキンケアをするようにしましょう。 どうしても、肌の乾燥などが気になる場合は週に1・2回ほどパックをするといいですよ。週に数回なら大きな負担が肌に掛からず、栄養分を入れられると言われているのでおすすめになります。

高校生のスキンケア用品/必要なものと手順を知って美肌になろう

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。 というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。 というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美 …

< 注目記事 >