ビジネス 家族

単身赴任で帰ってきてほしくない妻心理/帰る頻度と妻のストレスの関係

投稿日:

今回は単身赴任で妻にかかってしまうストレスや帰る頻度について、調べてみました。

何の前触れもなく急に妻に帰ってこないでと言われるのは辛いですし、それに悩んでいる旦那さんは多いのではないでしょうか。

このことからどんな経緯でそのような言われ方をしてしまうのかも分析してみました。

☆単身赴任で妻にかかるストレスとは?

単身赴任中に妻にかかるストレスは様々な家庭環境があるために一概に一つにはしぼることは難しいですが、大きな共通点として何箇所か見つけることが出来ました。

・育児の疲れによるストレス

夫婦であれば、子供がいるご家庭は多いかと思います。基本的に単身赴任は自宅から会社に帰れないので、遠方に住まなくなることがほとんどです。そこで特に子育てが大変な時期の子供がいると全て妻が生活の面倒や育児に追われなければなりません。

結論からすると子育てに疲れ切っている妻からすると相当なストレスが溜まることは間違いないでしょう。男性と女性は考えの違いに傾向性が少なからず存在します。男性からみると家事や育児の疲労は理解しにくいところはあるかと思いますが、実は大変な労働力なのです。

子供が小さければ、朝早く起きて、幼稚園や保育園のお弁当を作り、なかなか言うことを聞いてくれない子供に服を着替えさせ、朝食を作り食器を片付けゴミ出し、そして子供を送り出し部屋の掃除、洗濯、買い物、家計簿を計算をしそうすればあっという間にお迎えの時間になります。

夕方の献立を考え夕食準備をして合間に遊んであげたり、次はお風呂にいれて就寝準備です。

なかなか言うことを聞いてくれない時もあると思います。

またちょっとブレイクタイムでお茶を沸かす時でさえ子供が火傷や事故につながらないよう見張っていたり気を緩める時間は非常に少なくなってしまいます。

これが長い間続くてストレスも溜まるはずで、旦那としてはこの辺りの妻に対する配慮や理解をしてあげないと行けないところはあるのではないでしょうか。

・自由時間がない

単身赴任であればゆったりする時間は1人であればそうでもないかもしれませんが、やはり先ほどの話と繋がる事はありますが、自由なイキイキとした時間がないのは誰しも辛いものがあります。

単身赴任でも妻にどうブレイクタイムの時間を長く出来るかこれは夫婦の話し合いに大きく関わっています。

スポンサードリンク

☆妻に帰ってきてほしくないと言われる心理

これもまた一概には言えませんが、これには夫婦仲が良いか悪いかが大きく作用していると思われます。

妻が帰ってきて欲しくないという大半の理由は

・帰ってきても話さない

・顔をがみたくない

・すぐケンカしてしまう

・旦那に不満が多いから

・お金さえいれてもらえればいい

どれも共通する理由は夫婦仲にありました。普通に考えれば、好きな人ならそもそもこんな言葉がでてしまうのは不自然ですそ、一つ言えることは妻か旦那それとも双方に問題があるということです。

これを解決していくのは一筋縄では行きませんが、一つ一つの問題を解決していくしかありません。

普段からコミュニケーションをしっかりとっていくこと、極力不満はお互いに溜めないことこの2点は非常に大事になると思います。

なかなか簡単に解決出来ることでは、ありませんが、旦那も仕事で大変な時はたくさんありますし、家庭にまで注視することは毎日は無理ですが、妻にも感謝を忘れず1日を大切にし旦那としてやらなければならない部分はしっかりみてあげるようにしましょう。

またこの問題としては妻にも原因があることを忘れてはいけません。必ずしも全て旦那が悪いという訳でもないところが厄介なところでもあります。

例えば妻のワガママでこのような問題になることもあるとは思います。しかしそんな場合でも相手を責めてしまう態度ではいけません。

悔しい気持ちもあるとは思いますが、グッとこらえて優しい気持ちで接してあげることで問題解決への糸口になることがあるかもしれません。

とにかく冷静に対応していくようにしましょう。

スポンサードリンク

単身赴任で帰る頻度は?

単身赴任で帰る頻度についてですが、調べてみたところ海外や超遠距離ではない限り土日の週末は帰省するという以外な結果が出ていました。理由はやはり家族の時間を大切にしたいということでした。

また多くの会社では帰省手足などの交通費が支給されているため経済的な負担は軽減されていますが、あくまでこれは大手の単身赴任での待遇だと思われます。中小企業でもしっかり帰省手当をだしていますが、企業の経営により月に1回から2回までと制限をしているところも存在しました。

ただし帰省の回数ですが、これは臨機応変になるのではないかと思います。家庭の育児や家事が大変で妻にリフレッシュしてもらうために何処かへ遊びに出かけてもらい、土日は子供の面倒や家事を旦那がみてあげる。

と言った場合には必要ですが、家庭環境が上手くいっていれば、仕事もあるので月に2回でも3回でも大丈夫です。このように様々なケースがあることから毎回変えれば絶対夫婦円満とは言えないことがあります。

逆に帰れるのにまったく帰省しないというのも問題ではありますが、全ての会社が全額帰省費用を負担するという訳でもないので経済的なことも考えつつあくまてもっともベストな帰省の回数を家族で話し合うのが一番良いです。

最後に週末に帰省する人の割合ですが、毎週約3割の人が帰省し月に1回が29%でその他が約3割強という結果になっていました。

スポンサードリンク

☆まとめ

今回の単身赴任、妻が帰ってきてほしくない心理やストレスそして帰省回数などはいかがでしたか?もし問題が何かあり心あたりがあるならば、すぐに行動し対策を練ってみてください。時間が経てば経つほど夫婦仲が悪くなるケースもあるので傷は浅いうちに修復をしましょう。

また帰省回数についても絶対正解な数があるわけではないので、しっかり考えて帰省するように心がけて下さい。この記事がきっかけで良い機会となることが出来れば幸いです。

~関連記事~

単身赴任生活の過ごし方と必需品!暇つぶしで困らない楽しみ方6選

単身赴任/子供が小さい時に寂しいと思われない為家族がすべき事3選

単身赴任で妻がうつ病?妻が感じるストレス3選と解決方法について

単身赴任男性/旦那の気持ちは?家族時間と仕事の順位で悩む男性心理

旦那が単身赴任で浮気?夫婦生活がなく寂しい時に絆を深める方法3選

単身赴任/子供が小学生中学生で小さい時はどの様な問題がある?

-ビジネス, 家族
-, ,

執筆者:

関連記事

職場上司/先輩とのランチ断り方!一人で食べたい時に使える断り文句

ランチは貴重な休憩時間でもあります。その時間を利用して気持ちを整理したいから誘いを断りたいという方も多いでしょう。ランチの誘いを断るときは、理由とフォローが大事です。 誘ってもらえること自体はありがた …

2人目は楽は嘘だった!?やっぱり大変!イライラしない為の方法は?

私は3歳と1歳の男の子のママです。1人目を育てている時は、初めてのことばかりで、全てにおいて慎重だった記憶があります。 2人目を妊娠した時に、漠然とした不安がありましたが、周りの2人育てている先輩ママ …

幼少期のトラウマは性格や人格形成に関係する!?克服法は?

幼少期は性格形成に重要な時期と言われています。とくに0〜6歳の頃の親との関わりは将来の性格や人格形成にとても大きく影響していきます。 性格はもってうまれてくるものだと思っている方が多いかと思いますが、 …

仕事を辞める勇気/言うタイミングを見極めブラック環境を脱する方法

今回は会社で勤める中で当たり前になってきたブラック企業にクローズアップしました。 今や深刻な社会問題となっているブラック企業ですが、もたらすマイナス効果は計り知れません。 しかし年齢で転職がやりにくい …

単身赴任男性/旦那の気持ちは?家族時間と仕事の順位で悩む男性心理

家族と離れ単身赴任をすることになったとき、男性は様々な感情を抱いています。 家族の大切さを感じることもありますが、ときには間違った方向に向くこともあるのです。 家族と気持ちが離れないようにするためには …

< 注目記事 >