雑記

一人旅はおかしい?かわいそう?できる人とできない人の違いは?

最近では「おひとりさま」と言われるほど、一人で行動をする方が多くなってきました。その中でも今回は「一人旅」に注目してみましょう。一人旅は一人で行動する中で一番、難易度が高い様に感じます。

しかし、一人旅をすることで「可哀想」「寂しい人」というような印象を抱かれてしまうことが多いです。その反面「一人旅」ができる勇気などを羨ましく感じ、憧れを持つ方もいます。

一人旅はなぜおかしいなどのマイナスなイメージが強いのでしょうか?

一人旅がおかしい/可哀想と言われる理由

一人旅がおかしい/可哀想と言われる理由

ひとりたびがおかしいと言われてしまうのは、一人旅が好きな人からしたら辛いですよね。楽しく旅をしているのに周りからマイナスなイメージで見られていると思ったら、せっかくの旅行も楽しむことができません。

そこで、一人旅をしている人に対してみんながどのようなイメージを持っているのか見ていきましょう。

・一人で楽しめるのか疑問に思う

一人旅ができない人は「一人で楽しむ」ということ自体が理解できません。誰かと一緒にいて楽しさを共有したり、何ともない世間話をしながら旅行することが楽しいと思っているからです。

元々の考え方が違うからこそ、一人旅は一緒に旅行へ行ける友人や家族がいないのだと予想されてしまいます。その結果、一人旅をしている人は寂しい人なのだと感じるのです。

しかし、一人旅をしている人は、一人で楽しむ方法を知っていますし、1人だからこそ楽しめるポイントもあります。例えば、旅行先のいきたい場所や食事一つにしても複数で言っている場合は、みんなと話し合わなければいけません。

そのため、自分が食べたいものや行きたい場所へ行けないこともあります。このような、複数で旅行へ行っている時のデメリットは一人旅にはないのです。

好きな場所へ行けて好きな食事を食べることが出来、自分の思うように時間を過ごすことができます。そんな一人旅のいいところを何も知らないから一人旅を疑問に思われてしまうのです。

・一人旅=孤独に見える

一人旅を楽しんでいたとしても、笑って過ごしたりはしないですよね。そのため、まわりから見ている人には「楽しくなさそう」に見えます。そんな見た目から、孤独のイメージがついてしまうのです。

一人旅はとても充実して過ごすことが出来るので、自分なりに楽しんでいるのですが、それが表に出ないことがマイナスなイメージを持たれる理由になるのでしょう。

ただ、一人でニコニコして歩いていてもイメージが良くなるわけではないです。一人旅は自分らしく楽しむことが出来れば最高の旅になります。

・少数意見なだけに変わった人に思える

一人旅をする人は、とても少数意見です。そのため、一人旅のメリットなどのいいところを理解してくれる人が少なくなります。少数意見なだけに、一人旅にたいして同意してくれる人がおらず、全体を通して変わった人に見えてしまうのです。

変わった人というイメージがついてしまうとなかなかプラスのイメージにはなりません。そのため、周りから理解してもらうことが出来ないので、理解できない人から少し距離を置かれてしまったりするのでしょう。

・一人旅の良さがわからない

一人旅にはたくさんのメリットがあります。自分らしい旅にしたいのであれば一人旅はとても意味あるものになるのです。複数の旅行と違い、1人だからできる旅行だったり、1人だからこそできる旅行プランを考えることもできます。

一人であれば、本当にいきたい場所など自分のためにお金を使うことが出来るのです。友人など複数で旅行へ行く場合は、少し相手に合わせて過ごすことになります。それが楽しいこともありますが、少し窮屈に感じる時があるのです。

しかし、一人旅はそのようなことが全くありません。一人旅に対してマイナスなイメージを持っている方には一人旅をぜひしてもらいたいです。一度経験してみることで、一人旅の良さがわかります。

無理に一人旅を勧めることは出来ませんが、一人旅に興味ある方は多いです。そんな方には、ぜひ一人旅の良さを伝えてあげましょう。

一人旅できる人の特徴

一人旅できる人の特徴

一人旅をする人はマイナスなイメージを付けられてしまうことが多いことがわかりました。しかし、一人旅だからこそ得られるものがたくさんあり、一人旅に憧れている方も多いです。実際に一人旅ができる人はどのような方なのでしょうか?

・一人の時間が大切

日々の生活の中でも一人の時間を大切に感じている方は、一人旅ができる人です。

というのも、一人の時間を大切にしているということは一人だからこそできる時間の過ごし方を分かっていたり、一人になることで気持ちがリフレッシュされたりすることを知っているからでしょう。

一人旅はそんな一人の時間を楽しめることが大切になります。一人旅ができる人は一人の時間の過ごし方が上手なのです。

・人に合わせることが苦手

複数人でいたりすると、疲れてしまったり楽しさが分からなくなることありませんか?友人などと過ごす場合楽しいこともあるのですが、人に合わせて行動することが多くなります。

このように自分のペースで動けないことが辛いと感じる方は、一人旅が向いています。一人旅は一人なので、自分のペースですべてを過ごすことが出来るのです。

・「楽しむ」以外の目的がある

一人旅には大きな目的があることがあります。例えば現状に疲れてリフレッシュをしたかったり、自分探しをしたかったり、旅行を楽しむ以外に目的を探せばたくさんあるのです。

旅行と聞くと楽しく過ごすことがメインになりますが、1人だからこそできる旅行の過ごし方があるのです。

一人でやってみたい事、行きたい場所があるのであれば、一人旅ができるはず。少し勇気がいるかもしれませんが、大丈夫です。一人旅に行ってみると案外楽しいことに気づくことでしょう。

まとめ

一人旅に対してのイメージは変わりましたでしょうか?また、一人旅をしている方は周りを気にして過ごす必要は全くありません。一人で過ごすことができるというのは自立心が強く、一人の時間を大切にでき、人として素晴らしいことです。

そして、一人旅に対して偏見を持っている方はなぜ偏見を持っていたのでしょうか?一人旅というのは複数人で行く旅行とは違うものを得られる素敵な旅になるのです。

一人旅をしたことがない方にとっては、一人旅はとてもハードルが高いかもしれませんが、思いきって行動してみて下さい。一人旅の楽しさを感じることができることでしょう。

-雑記
-, ,

関連記事

厄年お祓いは前厄後厄も必要?効果は?厄除けで安心な一年を過ごそう

いよいよ今年も新しい年となると思いきや、まさかの厄年と判明してしまいなんだか年明けからブルーな気持ちになってしまう。 そういえばお祓いて良く聞くけど考えてみれば厄年の事もお祓いの事も知らない。 そんな …

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美肌を手に入れたい」と思ってもすぐ美肌になることは難しいです。 もちろん、メイクで隠すことは出来ますが、思春期の高校生の肌に厚塗りしたファンデーションはよくありません。皮脂が多い年代になりますので、厚塗りしてしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまうと言われています。 美肌になるために最も、大切なのはメイクではありません。スキンケアなのです。高校生は何もしなくても綺麗な肌だったり、乾燥が気にならなかったりしますが、それは若いからという理由だけになります。 また、ニキビなどの若い子特有の悩みも今だけかもしれません。ですが、今からきちんとスキンケアをしておくことで何歳になっても綺麗な美肌でいられる可能性が高いですよ。今回スキンケアについて勉強しましょう。 高校生のスキンケアに必要なケア用品 いざスキンケアを始めようと思っても、何から揃えたらいいのか分かりませんよね。高校生はまだまだ肌年齢が若いので、酸いんケアのしすぎもよくないのです。高校生はシンプルなスキンケアを心がける必要があります。そのためには、どのようなスキンケア用品が必要なのでしょうか? ・クレンジング 高校生によくある失敗がクレンジング選びです。クレンジングはメイクの落ちやすさからクレンジングオイルを選択する方を多く見かけます。しかしクレンジングオイルは必要な皮脂も落としてしまうのです。しっかりとメイクが落ちることが魅力のクレンジングオイルですが、必要なものまで落としてしまうので辞めましょう。高校生でニキビなどの肌トラブルに悩んでいる場合、ニキビの原因はクレンジングオイルの可能性もありますよ。 クレンジングはクリームやジェルなどの肌に優しいものを使用するようにしましょう。オイルに比べたらメイクが落ちる時間はゆっくりですが、ゆっくり落とす方が肌に優しいです。ナチュラルな肌に優しいものを選ぶようにしましょう。 ・洗顔 洗顔もクレンジング同様に肌に優しい物を選ぶことが大切です。肌に優しい洗顔でおすすめなのは固形石鹸になります。しかし、固形石鹸のデメリットは「清潔に石鹸を保つことが難しい」ということです。固形石鹸は常に外に出ていることになりますので、菌が繁殖しやすいと言われています。 そのため、固形石鹸を使用するのであれば、お風呂のような湿気の多い場所ではなく、洗面台などなるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。 そして固形石鹸を十分に泡立てて肌を優しく洗うようにしてください。固形石鹸を使用していても十分に泡立てないと肌をこすっていることになります。それでは肌に悪い刺激を与えていることになるので、固形石鹸を使用する意味がありません。 固形石鹸と同様洗顔フォームでもきちんと泡立てるようにしましょう。肌に刺激を与えずにスキンケアすることが美肌への近道ですよ。 ・スクラブ メイクをしたり、日々の生活をする中で角質が溜まっていきます。角質が溜まると化粧水などの栄養分が肌に浸透していかないと言われているのです。そこで活躍するのがスクラブになります。スクラブをすることで肌のいらない角質をとることができるため、化粧水などの浸透力が変わってくるはずです。また、スクラブをすることで肌触りも変わり、触り心地も良くなりますよ。 スクラブは肌へ刺激を与えることになってしまうので週に1回ほどにしておきましょう。 ・化粧水 化粧水はいろんなものが出ていますが、大きく分けて「さっぱり」「しっとり」です。これは肌質に合わせたものを購入することが大切になります。化粧水のポイントは付け方です。 手で付ける方と、コットンで付ける方がいるのですが、どちらも付け方としては間違っていません。よく手で付けると手が吸収してしまい、化粧水がもったいないという話を聞きますが、それは間違いの様です。顔の皮膚に比べて手の皮膚は何倍も厚いので、そのようなことはないと言われています。 手で付ける場合は優しく顔をなぞるように付けるようにしましょう。しかし、コットンはなぞって付けると肌トラブルの原因になるので辞めましょう。コットンを使用する場合は、優しく抑え込むようにポンポンと付けることが大切です。 ・乳液 乳液は化粧水を蒸発させない様にするために、必要なアイテムだと言われています。高校生は皮脂が気になることから、乳液を付けない方が多いです。しかし、きちんと乳液をすることで肌が整うので、健康的な肌にすることができるはず。きちんと最後までスキンケアを行いましょう。 高校生のスキンケアの手順 スキンケアの用品が分かったとしても、手順も知りたいところですよね。今回はそれぞれの手順で気を付けて欲しいポイントやおすすめ方法をご紹介していきます。 1.クレンジング クレンジングはアイメイクなどの濃いメイクをしている時は、ポイントメイク用のクレンジングを使用することで、目元をこする回数を減らすことができます。目元や口元の濃いメイクを落としてから顔全体のメイクを落としましょう。 2.洗顔 洗顔をする時はしっかりと泡立てることが大切です。泡立てることが苦手であれば、泡立てようのアイテムが100均やメイク用品を売っている場所で購入できるので探してみて下さい。 3.化粧水 肌は洗顔後が一番大切なので、洗顔後なるべく早く化粧水を付けるようにしましょう。そうすることで肌が整っていくと言われていますよ。 4.乳液・クリーム 乳液と同じような役割をするクリーム。高校生であればどちらかを付ければ十分です。乾燥が気になる方はクリームがおすすめ。肌の状態に合わせて選択しましょう。 まとめ 高校生のスキンケアはシンプルにすることが大切だと分かりました。肌トラブルに悩んでいたりすると、どうしてもどんどんスキンケアをしたくなってしまいますが、つけすぎると肌の負担になってしまうので、なるべく最低限のスキンケアをするようにしましょう。 どうしても、肌の乾燥などが気になる場合は週に1・2回ほどパックをするといいですよ。週に数回なら大きな負担が肌に掛からず、栄養分を入れられると言われているのでおすすめになります。

高校生のスキンケア用品/必要なものと手順を知って美肌になろう

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。 というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。 というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美 …

釜玉うどん/醤油麹でお店のような美味しさに!おすすめの醤油3選!

釜玉うどん/醤油麹でお店のような美味しさに!おすすめの醤油3選!

あったかいうどんに卵がからんだ釜玉うどんは、本当に美味しいですよね! 材料も少ないので家でも手軽に作ることができます。でも正直なところ、普通の醤油で作る釜玉うどんはなんだか物足りない…なんてことも。 …

できない先輩/仕事ができない人/仕事が遅い人を無視せず指導しよう!

職場に仕事ができない人がいると、周りがフォローしたりしていて自分の仕事がスムーズに進まないこともありますよね。 また、仕事ができない人がいるだけで、職場の雰囲気が悪くなってしまったり、最悪の場合いじめ …

唇のターンオーバーが早いと色素沈着はしない?口紅と色素沈着の関係

唇の色が悪くなってきたと感じている方はいませんか?実は、それは日々のケアを怠ったことによる色素沈着の可能性が高いです。女性の方は特に、メイクをすると口紅を塗ったりするので、色素沈着をしていることに気づ …

< 注目記事 >