雑記

夏野菜の苗の選び方と栽培法!日陰でも育てることができる種類は?

夏はいろいろな野菜がスーパーの店頭に並び、一気に食卓が華やぎますね! 

夏野菜の中には、あまり目立たないけれど、いろんな使い方ができる野菜があります。「野菜は買うもの」という発想から「野菜は育てるもの」という考えに、ちょっとだけシフトしてみましょう。

野菜栽培初心者であっても簡単に育てていくことのできる野菜について取り上げたいと思います。

特に、苗の選び方と特徴、そして栽培法を中心に紹介していきます。

日陰でも育つ夏野菜と、その特徴

夏野菜と言えば、色の濃い日向を好むものが多いですが、日当たりが悪くても育てやすく、調理しやすいものを選びました。ベランダで、誰でも手軽に育てることのできる野菜を2つ紹介していきます。

これらの野菜は、いったいどんな栄養素を含んでおり、どんな効果を期待することができるのでしょうか?

「シソ」の名前の由来と栄養素や効能

漢字では「紫蘇」と表記しますが、これに関して面白い逸話が残されています。後漢の末に、洛陽の若者が蟹で中毒を起こした際に、薬草を煎じると回復したと言い伝えられています。

または、蟹の中毒で亡くなりそうな子どもに、紫の薬草を食べさせると蘇ったことから、「紫蘇」と呼ぶようになったそうです。ビタミンB群、ビタミンC、鉄分、食物繊維、カリウムなどの栄養素を多く含んでおり、特にβカロテンの含有量は野菜の中でも群を抜いた存在感を誇ります。

紫蘇特有の芳香の元である「ぺリルアルデヒド」は、胃液の分泌を刺激し、食欲増進効果などを期待することができます。

「バジル」の呼称の由来と栄養素や効能

大きな仲間分けでは、「バジル」は「シソ」のグループに分類することができます。日本においては「メボウキ」という和名がありますが、これは種子が漢方薬としてゼリー化したもので目の汚れを取り除くために使われていたことに由来します。

その他、イタリア語由来の「Basilico(バジリコ)」という名前も日本に定着しています。βカロテンなどの栄養素による抗酸化作用で若返りと痩身効果を期待することができます。

バジルに含まれる精油成分「オイゲノール」には殺菌効果を期待でき、しかもカルシウムとビタミンKを含んでいるため、カルシウム吸収率がよくなり丈夫な体を維持するのに役立ちます。

日陰でも育つ夏野菜の苗の選び方と栽培法!

上に挙げた「シソ」と「バジル」は、苗から育てた方が初心者でも取り組みやすいです。そこで良い苗の選び方と、それぞれの栽培法について、これから紹介していきたいと思います。

「シソ」の苗の選び方と栽培法

ホームセンターなどで80円~100円くらいで売られています。苗を選ぶ際は、葉にツヤがあり葉先がピンとしているもので、節と節の間隔が広くなく、茎が太いものにしましょう。葉を見た際に、虫食いがあったり、明らかな色の違いがあったりする場合は避けるようにしてください。

園芸用のプランター(20㎝~40㎝)に、野菜用の土を入れて育てましょう。土を入れる際は、プランターの8割を目安にして土を入れると、泥水によってベランダが汚れることを防ぐことができます。苗の植え付けの時期は、お住まいの地域によって異なります。

北海道などの寒い地域であれば5月下旬~7月初旬、関東から中部地方は5月中旬~6月下旬、四国・九州地方や沖縄は5月上旬~6月中旬くらいまでです。湿った状態を好みますので、土の渇き具合を見ながら、水やりは必ず午前中に底の穴から水が出るくらいたっぷりと行ってください。

肥料が不足してくると、葉の色がレモン色になってきたり、葉が小さくなってきたりするので、2週間に1回くらい液体肥料を水やりの代わりに行うようにしましょう。収穫をする時期は、高さが30㎝、本葉が10枚以上になった時から行いましょう。

初めの頃は、葉は硬く味も良くないので、それより後の若い葉を摘み取るようにしましょう。

「バジル」の苗の選び方と栽培法

ここでは一般的に利用されることの多い、「スイートバジル」について紹介していきます。ホームセンターなどで、1株100円前後で販売されていることが多いです。いい苗を選ぶポイントは、葉は緑色で、黒い斑点や虫食いの跡がないものを選ぶようにしましょう。

茎がしっかりとしていて、節と節の間が狭く、葉数が多いものを選ぶことも大切です。狭いスペースを有効活用して育てていくために、鉢の大きさは5号鉢か、6号鉢を使いましょう。培養土は市販されているものを使うと簡単に育てることができます。

苗を植え付ける時期は、関東地方~中部地方は5月~7月です。上に挙げた地方よりも寒冷な地域では2週間ほどずれ込み、温暖な地域では2週間ほど前倒しになります。水やりのタイミングは土の表面が完全に乾ききって白っぽくなったら、たっぷりと水を与えるようにしましょう。

ただし、常に土が湿った状態にしておくのは枯れる原因となってしまいますので注意してください。植え付けから2週間経ったら、隔週に1回のペースで液体肥料を与えるようにすると大丈夫です。肥料不足のサインは葉の色が黄色くなってくるので、すぐに判ります。

草丈が20㎝くらいになったら、生長点(高いところ)から下の2節目を切り落とす(摘心)と、わき目が出てきます。このわき目も同様にして、摘心を2回~3回繰り返すと、株を太らせることができます。

そしていよいよ収穫ですが、葉が茂っていて風通しの悪いところを中心に葉を摘み取るようにするといいです。

まとめ

野菜は種類によって好みの生育環境が異なりますが、「シソ」や「バジル」は日陰でも充分に育てることが可能です。

また、ともに豊富な栄養素を含んでおり、さまざまな効果を期待することができます。ですから、わき役としてではなく、パスタなどに絡めて積極的に摂ることをおすすめします。

ホームセンターなどで必要なものはそろうので、植え付け後の水の管理と肥料切れに注意すれば、収穫を楽しむことができますよ。つる性の植物ではないので、ベランダが広くなくてもスペースを有効に使って育てられます。

-雑記
-, ,

関連記事

肌は何もしない方がいい?効果の出やすい美容習慣と肌手入れの考え方

「肌は手をかけてあげれば、あげるだけ綺麗になるよ」エステに行った時に言われたことのある一言。これは本当なのでしょうか?確かに、スキンケアをしている方の方が多いです。 しかし、本当に肌にいいことばかりな …

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美肌を手に入れたい」と思ってもすぐ美肌になることは難しいです。 もちろん、メイクで隠すことは出来ますが、思春期の高校生の肌に厚塗りしたファンデーションはよくありません。皮脂が多い年代になりますので、厚塗りしてしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまうと言われています。 美肌になるために最も、大切なのはメイクではありません。スキンケアなのです。高校生は何もしなくても綺麗な肌だったり、乾燥が気にならなかったりしますが、それは若いからという理由だけになります。 また、ニキビなどの若い子特有の悩みも今だけかもしれません。ですが、今からきちんとスキンケアをしておくことで何歳になっても綺麗な美肌でいられる可能性が高いですよ。今回スキンケアについて勉強しましょう。 高校生のスキンケアに必要なケア用品 いざスキンケアを始めようと思っても、何から揃えたらいいのか分かりませんよね。高校生はまだまだ肌年齢が若いので、酸いんケアのしすぎもよくないのです。高校生はシンプルなスキンケアを心がける必要があります。そのためには、どのようなスキンケア用品が必要なのでしょうか? ・クレンジング 高校生によくある失敗がクレンジング選びです。クレンジングはメイクの落ちやすさからクレンジングオイルを選択する方を多く見かけます。しかしクレンジングオイルは必要な皮脂も落としてしまうのです。しっかりとメイクが落ちることが魅力のクレンジングオイルですが、必要なものまで落としてしまうので辞めましょう。高校生でニキビなどの肌トラブルに悩んでいる場合、ニキビの原因はクレンジングオイルの可能性もありますよ。 クレンジングはクリームやジェルなどの肌に優しいものを使用するようにしましょう。オイルに比べたらメイクが落ちる時間はゆっくりですが、ゆっくり落とす方が肌に優しいです。ナチュラルな肌に優しいものを選ぶようにしましょう。 ・洗顔 洗顔もクレンジング同様に肌に優しい物を選ぶことが大切です。肌に優しい洗顔でおすすめなのは固形石鹸になります。しかし、固形石鹸のデメリットは「清潔に石鹸を保つことが難しい」ということです。固形石鹸は常に外に出ていることになりますので、菌が繁殖しやすいと言われています。 そのため、固形石鹸を使用するのであれば、お風呂のような湿気の多い場所ではなく、洗面台などなるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。 そして固形石鹸を十分に泡立てて肌を優しく洗うようにしてください。固形石鹸を使用していても十分に泡立てないと肌をこすっていることになります。それでは肌に悪い刺激を与えていることになるので、固形石鹸を使用する意味がありません。 固形石鹸と同様洗顔フォームでもきちんと泡立てるようにしましょう。肌に刺激を与えずにスキンケアすることが美肌への近道ですよ。 ・スクラブ メイクをしたり、日々の生活をする中で角質が溜まっていきます。角質が溜まると化粧水などの栄養分が肌に浸透していかないと言われているのです。そこで活躍するのがスクラブになります。スクラブをすることで肌のいらない角質をとることができるため、化粧水などの浸透力が変わってくるはずです。また、スクラブをすることで肌触りも変わり、触り心地も良くなりますよ。 スクラブは肌へ刺激を与えることになってしまうので週に1回ほどにしておきましょう。 ・化粧水 化粧水はいろんなものが出ていますが、大きく分けて「さっぱり」「しっとり」です。これは肌質に合わせたものを購入することが大切になります。化粧水のポイントは付け方です。 手で付ける方と、コットンで付ける方がいるのですが、どちらも付け方としては間違っていません。よく手で付けると手が吸収してしまい、化粧水がもったいないという話を聞きますが、それは間違いの様です。顔の皮膚に比べて手の皮膚は何倍も厚いので、そのようなことはないと言われています。 手で付ける場合は優しく顔をなぞるように付けるようにしましょう。しかし、コットンはなぞって付けると肌トラブルの原因になるので辞めましょう。コットンを使用する場合は、優しく抑え込むようにポンポンと付けることが大切です。 ・乳液 乳液は化粧水を蒸発させない様にするために、必要なアイテムだと言われています。高校生は皮脂が気になることから、乳液を付けない方が多いです。しかし、きちんと乳液をすることで肌が整うので、健康的な肌にすることができるはず。きちんと最後までスキンケアを行いましょう。 高校生のスキンケアの手順 スキンケアの用品が分かったとしても、手順も知りたいところですよね。今回はそれぞれの手順で気を付けて欲しいポイントやおすすめ方法をご紹介していきます。 1.クレンジング クレンジングはアイメイクなどの濃いメイクをしている時は、ポイントメイク用のクレンジングを使用することで、目元をこする回数を減らすことができます。目元や口元の濃いメイクを落としてから顔全体のメイクを落としましょう。 2.洗顔 洗顔をする時はしっかりと泡立てることが大切です。泡立てることが苦手であれば、泡立てようのアイテムが100均やメイク用品を売っている場所で購入できるので探してみて下さい。 3.化粧水 肌は洗顔後が一番大切なので、洗顔後なるべく早く化粧水を付けるようにしましょう。そうすることで肌が整っていくと言われていますよ。 4.乳液・クリーム 乳液と同じような役割をするクリーム。高校生であればどちらかを付ければ十分です。乾燥が気になる方はクリームがおすすめ。肌の状態に合わせて選択しましょう。 まとめ 高校生のスキンケアはシンプルにすることが大切だと分かりました。肌トラブルに悩んでいたりすると、どうしてもどんどんスキンケアをしたくなってしまいますが、つけすぎると肌の負担になってしまうので、なるべく最低限のスキンケアをするようにしましょう。 どうしても、肌の乾燥などが気になる場合は週に1・2回ほどパックをするといいですよ。週に数回なら大きな負担が肌に掛からず、栄養分を入れられると言われているのでおすすめになります。

高校生のスキンケア用品/必要なものと手順を知って美肌になろう

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。 というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。 というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美 …

うさぎの足だんがうるさい!原因と対策を知って正しくしつけよう

見た目から愛されるために生まれてきたようなうさぎは何をしても可愛らしくて、これほど見た目が重要で見た目が良いととにかく得をするということを何度も思わされた生き物は他にはいません。 いるだけで可愛いうさ …

できない先輩/仕事ができない人/仕事が遅い人を無視せず指導しよう!

職場に仕事ができない人がいると、周りがフォローしたりしていて自分の仕事がスムーズに進まないこともありますよね。 また、仕事ができない人がいるだけで、職場の雰囲気が悪くなってしまったり、最悪の場合いじめ …

仕事辞める理由は人間関係の問題?退職決断きっかけや理由を大調査

昨今はブラック企業やホワイト企業にパワハラなど色々な労働問題がある現状ですが、今の社会がどんな一面を抱え多くの人がどんな悩みがあるのかクローズアップしました。 今回は退職をするにあたりどのような理由で …

< 注目記事 >