雑記

日焼けで入院?原理を正しく理解し的確な焼け対策でお肌を守ろう!

投稿日:2018年2月8日 更新日:

お肌の天敵であるシミやそばかすは、日焼けによって引き起こる現象です。また、肌が黒くなる、赤くなるのも、全て紫外線が影響しており、放置していると思わぬ事態に発展するかもしれません。

もし肌に以上を感じたら、適切な治療を受けることも大事ですが、いかにして紫外線を防ぐかが重要になっていきます。そこで今回は、日焼けの原理を詳しく解説し、効果的な対策方法もご紹介します。

日焼けで肌が焼ける原理とは?

夏や日差しが強い日などで、直射日光を長時間浴びると肌が赤くなる現象が起きます。この現象を「日焼け」と呼び、繰り返すと肌が次第に黒く変色してくるのです。日焼けは太陽光に含まれる「紫外線」が影響しており、過度に浴びることで肌が火傷を起こしている状態になります。

そのため肌が赤くなると紫外線を浴びて皮膚が火傷を起こしている状態だと認識するのがいいでしょう。肌の角質層が紫外線を反射して日焼けを防ぐのですが、全てを防御することはできません。角質層をくぐり抜けてきた紫外線が肌の表面を焼きます。

また、内部に侵入してきた紫外線に対して、「メラノサイト」というものが紫外線を吸収する働きをするのです。メラノサイトが「メラニン色素」という成分を作り出し、肌の内部に侵入しないよう働きます。

ただし、あまりにもメラニン色素が増えすぎると、皮膚の中に蓄積し肌の色を黒く変色させていく。これが日焼けのメカニズムとなるのでしっかり認識を深めましょう。

メラニン色素の働きは、肌を黒くするだけではありません。メラニン色素は、体の新陳代謝によって角質へと押し出され、皮膚から剥がれ落ちます。しかし、押し出しきれなかったメラニン色素は、シミやそばかすとなって肌に残ってしまうこともあるのです。

日焼けをするということは、肌に火傷を負わせ変色などの変化をもたらし、ときには悪影響をもたらす恐れがあります。日焼けは人によって現象も変化し、赤くなる人、黒くなる人に分かれるのです。

これは、個人が持っている紫外線耐性が影響し生まれ持ったメラニン色素の量に左右されると言われています。耐性が強い方は日焼けで肌が赤くなり、すぐに痛みが引く人もいます。

肌が黒くなりにくいという場合は、ある程度日焼けに対して耐性があるのですが、大量の紫外線を浴びると様々な症状を引き起こすことがあるので、油断はできません。

日焼けで入院になる??病気の心配は!?

日焼けは、肌にダメージを与える行為であり、過度に焼けると痛みを伴うこともあります。全身の肌が焼けてしまうと、冷やしても収まらず日常生活に支障が出ることのあるのです。

肌が痛くなるだけなら比較的治癒もしやすいですが、疾患を引き起こした場合、皮膚科で適切な治療が必要となり、ときには入院する事態に発展しかねません。具体的に、「光線過敏症」、「慢性光線性皮膚炎」などの疾患が挙げられます。

光線過敏症は主に、外因性、内因性の2種類に分けられ、それぞれ症状に違いがみられるのです。以下で主な特徴をまとめましたので、見ていきましょう。

・外因性

体の日光があたるところに発疹ができる症状で、抗菌薬、消炎鎮痛薬などを使用することにより引き起こすことがあります。肌が日焼けを起こしたからといって、むやみに薬を使うと新たな疾患に発展することがあるのです。

そのため肌が日焼けになったときは、適切な治療を受ける必要があります。放置していると入院する事態になりかねませんので注意しましょう。

・内因性

あまり日光に直接当たらない方が発症する症状であり、手などに発疹が出てくるとされています。広範囲に広がることがあり、頭痛や吐き気などを引き起こすことがある疾患です。

肌が日焼け皮膚内に紫外線の成分が残っているときにはとくに注意が必要になります。食べ物や薬剤の中に、紫外線が過敏に反応する物質が含まれていると発症することがあり、肌の上から新たな紫外線を浴びることで炎症に発展する恐れがあります。

・慢性光線性皮膚炎

太陽光が当たった場所に激しいかゆみなどを伴う疾患であり、頭痛や目眩などを引き起こすとされています。広範囲に渡って広がると危険性が高まることが予想されるため、紫外線を浴びてかゆみを覚えたときは、すぐに医師の治療を受けるのがおすすめです。

日焼けを防ぐ効果的な方法とは?

日焼けを防ぐ方法は、日焼け止めを塗るのが一般的です。しかしそれ以外にも効果的な方法もありますので、主にどのようなものが挙げられるのか見ていきましょう。また、日焼け止めを使うときはどのように使えば効果を発揮するのかも説明していきます。

・日傘

紫外線をカットする効果があるものなら、効果的な日焼け対策となるはずです。なるべく大きめのサイズのものを選べば、様々なシーンで役立つでしょう。とくに黒色の日傘なら紫外線に対して高い効果が望めるため、日差しが強い日には持ち歩くのも一つの手段です。

ただ、日傘の日よけ効果には限りがあるため、定期的に新品に交換するようにしましょう。古くなった日傘はあまり効果を発揮しないため、長く使い続けないように注意が必要です。

・帽子

帽子を被ることで、肌、髪の毛に紫外線が当たるのを防ぐ効果が期待できます。なるべくつばが広い帽子を選択することで、顔へのダメージを減らすことができ、シミやそばかすといった肌の変化も防げるはずです。

SPF/PA表記のある日焼け止めを使う

SPF・PA表記がある日焼け止めは、通常のものに比べて紫外線を吸収する力が強い傾向があります。日差しが強い場所に出かけるときに、適度に塗ることで肌へのダメージをしっかり減らせるでしょう。

ただ、日焼け止めは汗で流れてしまうことがあるので、2~3時間おきに塗り直すようにし、効果を持続させることが大切です。

まとめ

日焼けは、紫外線の影響で肌が変色したり痛みを伴う現象になります。何度も繰り返すことで肌の疾患に発展することもあるので注意が必要です。あまりにひどいと、病院で治療しなければならないかもしれません。ときには入院を必要とすることもあるので、十分警戒しましょう。

効果的に防ぐためには、日焼け止め日傘を使うのも一つの手段です。日頃からしっかり紫外線を防御することができれば、肌を健康な状態に保つことができるでしょう。

-雑記
-,

執筆者:

関連記事

ストーカーされやすいのは女性?ストーカーされやすい見た目とは?

目次1 ストーカーされやすいタイプとは?2 ストーカーされやすいのは女性?3 ストーカーされやすい見た目とは?4 ストーカーされた時にすべきこと ストーカーされやすいタイプとは? 警視庁によると、平成 …

年末調整還付金はいつ迄に何をすれば貰えるの?平均額はどのくらい?

年末調整還付金はいつ迄に何をすれば貰えるの?平均額はどのくらい?

年末調整の確定申告は通常であれば、会社員として働いていれば会社側がやっててくれます。しかし会社側がして居てくれてもマイホームを買われた人は税金免除さになることや、医療費で年額10万以上になると一部が免 …

羽田空港で仮眠ならベンチ?時間潰しと深夜の過ごし方おススメ5選

年間、多くの方が羽田空港を利用しています。皆さんは、始発など時間の早い時や欠航便が発生した時に羽田空港内に待機した経験はないでしょうか。多くの方が帰宅難民となる場合があります。欠航だけでなく、震災が発 …

メイク初心者で乾燥肌の方必見!粉を吹く悩みをメイク方法で解決しよう

乾燥肌の方に起こりがちな、メイクトラブルが「粉吹き」です。粉が吹くと綺麗にファンデやチークを付けることができなかったり、見た目も気になるものがあります。粉吹きは乾燥肌の中でも、特にメイク初心者の方に起 …

飛び込み営業はきついが意外なルールで精神強化!離職率もさがる!?

皆さんは飛び込み営業という職種を経験したことはありますか? 「きつい」「離職率が高い」「ブラック」 色々なイメージがあるでしょう。今回の記事では、いわゆる飛び込み営業と呼ばれる職種がどのようなものなの …

< 注目記事 >