雑記

日焼け皮むけない方法は?防止法を正しく理解して綺麗な肌を保とう

日焼けでどうしても皮がむけてしまい肌が露出する服を着れない、肌がヒリヒリして痛い、赤く腫れ上がってしまう。

特に肌に対して美意識が高い女性にとっては天敵です。

そこで今回は日焼けから守る方法や防止法そして肌を内側から強くする秘訣もご紹介致します。

日焼けが起きる原因やメカニズムは?

まず最初に日焼けを避けるためには原因やメカニズムを知ることも予防策の一つとなります。

日焼けが起きる原因は自然環境にあり、日焼けで皮がむけたり赤くなるのは体の仕組みに秘密が隠されています。日焼けが起きる原因としては主に紫外線が肌に影響を与えています。紫外線とは太陽から降り注ぐ物質の一つです、

通常は地球の大気圏よりも外でオゾン層と呼ばれ、強い紫外線から私たちを守ってくれています。しかし紫外線を完全にカットすることは出来ず、残った紫外線が私達の住む地表まで降りてきます。

これにより紫外線が肌に触れ皮が剥けたりする現象が起きますが、日焼けとは一種の火傷のようなもので、強い紫外線は正常な肌組織を壊してしまいます。

つまり紫外線により肌組織が傷ついてしまい、痛みや痒み皮剥けを起こします。その時に身体は傷ついた肌を蘇生しようと、肌組織を修復しようとします。

このことをターンオーバーと呼び新しい肌を作ろうと身体が新しい細胞を作り出しますが、このターンオーバーは紫外線で傷ついた肌を修復するだけではなく、古くなった皮膚を新しくしたりすることにより肌を清潔にする効果があるのです。

これに関係しているのが、新陳代謝です。新陳代謝の働きが良いと肌の修復や入れ替わりの期間が早く体にとっても良いです。

日焼け防止法や皮むけ防止法は?

紫外線の影響や日焼けのメカニズムをご理解して頂いたところで、次は具体的な防止法などですが、たくさんありますので、順を追って説明します。

・紫外線に当たらない

紫外線が肌に与える影響は悪いことの方が多く基本は紫外線に肌を当てないということを念頭に置きましょう。

・紫外線の強い時期や時間を把握する

紫外線は時期や時間により降り注ぐ量は違ってきます。夏に紫外線が強いというイメージは良く定着していますが、実は冬場も紫外線はかなり強くなっています。

特に注意が必要なのは冬場と夏場ですが、紫外線の強い時間帯はお昼から夕方までです。また紫外線の強い日や弱い日を知る手段としては、天気予報や、気象庁が発表している天気予報でも知ることが出来ます。

他に判断基準としては、紫外線が多い順に快晴→晴れ→晴れのち曇り→曇り→雨となります。

気をつけるポイントとしては、曇りで太陽光がないからといって油断しないことです。曇りの日でも晴れの日の80%の紫外線が地表に降り注いでいると言われています。

・肌の保湿に気をつける

日焼けで皮が剥けないようにするためには、肌の保湿を保たなければなりません。なぜ保湿が必要かというと、肌が乾燥した状態は日焼けをしていなくても皮が剥けやすい常態にあります。

例えると冬場など乾燥した時期は唇が乾燥し唇の皮が剥けることがありますが、よくリップクリームなどを塗ると思いますが、これと同じ原理になります。保湿することで、肌に潤いを与え皮をむけにくくすることで、日焼けから皮むけを防ぐ手段となります。

・日焼けをしないために肌を露出しない

生活をする上でどうしても外出は避けることは特別な生活環境下でない限り難しいと思います。こうしたことから、 肌の露出を控えできるだけ厚めの服装をすることが望ましいです。また服の色でも、紫外線の吸収率が違い黒の色であれば紫外線を多く吸収してくれ紫外線から肌を守ってくれます。

たまに黒い日傘をしている方を見かけていますが、わざわざ傘が黒いのはこうした物理的なところから黒い日傘になっています。

・日焼けクリームを塗る

これは簡単にできる方法ではありますが、白くて綺麗な肌を保つためそして日焼けから少しでも守るためには日焼け止めは最も必需品と言えます。

最近の日焼けクリームは実に豊富な種類が販売されており、薬局や通販で手軽に購入出来ますが、その効き目や効果も様々です。このことから出来るだけ紫外線カットをしてくれる高い効き目がある商品を購入しましょう。

あまり安いものだと効果が薄いのであまり費用を抑えずそれなりの値段がする日焼けクリームが良いです。

日焼け皮むけない方法/体の内側からも対策出来る?

これまでは、紫外線の対策や日焼け止めクリームなどをご紹介してきましたが、食べ物などで紫外線に強い肌作りを内側から変えることで可能にします。

こちらも具体的な対策をまとめましたので、ご紹介致します。

・こまめな水分補給

先ほど肌に潤いを与えるとありましたが、実は水分を正しく与えることでも肌の乾燥を防ぐことが出来ます。人が必要な1日に必要な水分は年齢・身長・体重によりことなりますが、おおよそ、1.5Lから2.0Lと言われています。

・抗酸化作用があるものを口にしよう

肌を白く保つためには紫外線を避けることは必死ですが、日焼けをして肌が黒くなるのは、メラニン色素と呼ばれる物質が肌を修復するために分泌され徐々に白くなりますが、新陳代謝が悪いとうまく働かなくなります。

そこで新陳代謝を良くするために抗酸化作用がある食べ物を含む必要があり主に野菜や果物に多く含まれています。

・ターンオーバーを助ける食べ物

ターンオーバーもまた大切な働きがありますが、ビタミンB群をとることで良い影響があります。

ほうれんそう、モロヘイヤ、豆類、海藻類に多く含まれています。

・ビタミンCやポリフェノール

ビタミンCやポリフェノールもまた抗酸化作用を促進させる働きがあり予防効果があります。

主に果物や野菜、魚に含まれていますので積極的にとるようにしましょう。

まとめ

今回は日焼けをしないために出来る予防や内側から防ぐ方法もお伝えしてきましたが、食生活もまた肌を守るために重要です。

食生活の知識を増やし勉強することでさらにキレイな肌を手に入れることが出来ますから、健康でキレイにいるためにもたくさんのことを調べてみてください。

それが自分自身のために1番よいことでもありますから少し手間はかかりますが、試してみてください。

-雑記
-, ,

関連記事

義実家からお祝いなし/ランドセルトラブル!ランドセルは誰が買う?

義実家からお祝いなし/ランドセルトラブル!ランドセルは誰が買う?

年長になるとそろそろランドセル購入を考える時期になります。近年のランドセルはとても高級志向で高い買い物になるため、誰が購入するのか?というところに疑問が出る方も多いです。全体的に見てみるとランドセルや …

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美肌を手に入れたい」と思ってもすぐ美肌になることは難しいです。 もちろん、メイクで隠すことは出来ますが、思春期の高校生の肌に厚塗りしたファンデーションはよくありません。皮脂が多い年代になりますので、厚塗りしてしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまうと言われています。 美肌になるために最も、大切なのはメイクではありません。スキンケアなのです。高校生は何もしなくても綺麗な肌だったり、乾燥が気にならなかったりしますが、それは若いからという理由だけになります。 また、ニキビなどの若い子特有の悩みも今だけかもしれません。ですが、今からきちんとスキンケアをしておくことで何歳になっても綺麗な美肌でいられる可能性が高いですよ。今回スキンケアについて勉強しましょう。 高校生のスキンケアに必要なケア用品 いざスキンケアを始めようと思っても、何から揃えたらいいのか分かりませんよね。高校生はまだまだ肌年齢が若いので、酸いんケアのしすぎもよくないのです。高校生はシンプルなスキンケアを心がける必要があります。そのためには、どのようなスキンケア用品が必要なのでしょうか? ・クレンジング 高校生によくある失敗がクレンジング選びです。クレンジングはメイクの落ちやすさからクレンジングオイルを選択する方を多く見かけます。しかしクレンジングオイルは必要な皮脂も落としてしまうのです。しっかりとメイクが落ちることが魅力のクレンジングオイルですが、必要なものまで落としてしまうので辞めましょう。高校生でニキビなどの肌トラブルに悩んでいる場合、ニキビの原因はクレンジングオイルの可能性もありますよ。 クレンジングはクリームやジェルなどの肌に優しいものを使用するようにしましょう。オイルに比べたらメイクが落ちる時間はゆっくりですが、ゆっくり落とす方が肌に優しいです。ナチュラルな肌に優しいものを選ぶようにしましょう。 ・洗顔 洗顔もクレンジング同様に肌に優しい物を選ぶことが大切です。肌に優しい洗顔でおすすめなのは固形石鹸になります。しかし、固形石鹸のデメリットは「清潔に石鹸を保つことが難しい」ということです。固形石鹸は常に外に出ていることになりますので、菌が繁殖しやすいと言われています。 そのため、固形石鹸を使用するのであれば、お風呂のような湿気の多い場所ではなく、洗面台などなるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。 そして固形石鹸を十分に泡立てて肌を優しく洗うようにしてください。固形石鹸を使用していても十分に泡立てないと肌をこすっていることになります。それでは肌に悪い刺激を与えていることになるので、固形石鹸を使用する意味がありません。 固形石鹸と同様洗顔フォームでもきちんと泡立てるようにしましょう。肌に刺激を与えずにスキンケアすることが美肌への近道ですよ。 ・スクラブ メイクをしたり、日々の生活をする中で角質が溜まっていきます。角質が溜まると化粧水などの栄養分が肌に浸透していかないと言われているのです。そこで活躍するのがスクラブになります。スクラブをすることで肌のいらない角質をとることができるため、化粧水などの浸透力が変わってくるはずです。また、スクラブをすることで肌触りも変わり、触り心地も良くなりますよ。 スクラブは肌へ刺激を与えることになってしまうので週に1回ほどにしておきましょう。 ・化粧水 化粧水はいろんなものが出ていますが、大きく分けて「さっぱり」「しっとり」です。これは肌質に合わせたものを購入することが大切になります。化粧水のポイントは付け方です。 手で付ける方と、コットンで付ける方がいるのですが、どちらも付け方としては間違っていません。よく手で付けると手が吸収してしまい、化粧水がもったいないという話を聞きますが、それは間違いの様です。顔の皮膚に比べて手の皮膚は何倍も厚いので、そのようなことはないと言われています。 手で付ける場合は優しく顔をなぞるように付けるようにしましょう。しかし、コットンはなぞって付けると肌トラブルの原因になるので辞めましょう。コットンを使用する場合は、優しく抑え込むようにポンポンと付けることが大切です。 ・乳液 乳液は化粧水を蒸発させない様にするために、必要なアイテムだと言われています。高校生は皮脂が気になることから、乳液を付けない方が多いです。しかし、きちんと乳液をすることで肌が整うので、健康的な肌にすることができるはず。きちんと最後までスキンケアを行いましょう。 高校生のスキンケアの手順 スキンケアの用品が分かったとしても、手順も知りたいところですよね。今回はそれぞれの手順で気を付けて欲しいポイントやおすすめ方法をご紹介していきます。 1.クレンジング クレンジングはアイメイクなどの濃いメイクをしている時は、ポイントメイク用のクレンジングを使用することで、目元をこする回数を減らすことができます。目元や口元の濃いメイクを落としてから顔全体のメイクを落としましょう。 2.洗顔 洗顔をする時はしっかりと泡立てることが大切です。泡立てることが苦手であれば、泡立てようのアイテムが100均やメイク用品を売っている場所で購入できるので探してみて下さい。 3.化粧水 肌は洗顔後が一番大切なので、洗顔後なるべく早く化粧水を付けるようにしましょう。そうすることで肌が整っていくと言われていますよ。 4.乳液・クリーム 乳液と同じような役割をするクリーム。高校生であればどちらかを付ければ十分です。乾燥が気になる方はクリームがおすすめ。肌の状態に合わせて選択しましょう。 まとめ 高校生のスキンケアはシンプルにすることが大切だと分かりました。肌トラブルに悩んでいたりすると、どうしてもどんどんスキンケアをしたくなってしまいますが、つけすぎると肌の負担になってしまうので、なるべく最低限のスキンケアをするようにしましょう。 どうしても、肌の乾燥などが気になる場合は週に1・2回ほどパックをするといいですよ。週に数回なら大きな負担が肌に掛からず、栄養分を入れられると言われているのでおすすめになります。

高校生のスキンケア用品/必要なものと手順を知って美肌になろう

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。 というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。 というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美 …

妊娠で仕事をやめたいけど不安!ハードな仕事でも続けた方がいい?

妊娠で仕事をやめたいけど不安!ハードな仕事でも続けた方がいい?

働く女性にとって妊娠、出産は今後の人生に関わる大きなイベントです。もし今の仕事が忙しくて、ハードな職場なのであれば早めに退職を決心するのも悪い事ではありません。 仕事をやめたいと悩んだら、退職のメリッ …

スクイーズとは一体なに?スクイーズにはまる小中学生が続出中!

今、小中学生の間で大流行している「スクイーズ」をご存知でしょうか。スクイーズの専門店は連日大賑わいで、時間制限を設けた予約制となっているようです。「スクイーズ」とは一体何なのでしょうか。食べ物?キャラ …

引越し準備が間に合わない!1日で引っ越しは出来るのか!?

引越し準備が間に合わない!1日で引っ越しは出来るのか!?

急に引っ越しが決まると、仕事や育児をしながらの準備はバタバタになってしまいますよね。一生懸命準備しても「間に合わない!!」なんてことも出てくる可能性が。 簡単に荷造りができる方法があればありがたいです …

< 注目記事 >