雑記

日焼け皮むけない方法は?防止法を正しく理解して綺麗な肌を保とう

投稿日:2018年1月28日 更新日:

日焼けでどうしても皮がむけてしまい肌が露出する服を着れない、肌がヒリヒリして痛い、赤く腫れ上がってしまう。

特に肌に対して美意識が高い女性にとっては天敵です。

そこで今回は日焼けから守る方法や防止法そして肌を内側から強くする秘訣もご紹介致します。

日焼けが起きる原因やメカニズムは?

まず最初に日焼けを避けるためには原因やメカニズムを知ることも予防策の一つとなります。

日焼けが起きる原因は自然環境にあり、日焼けで皮がむけたり赤くなるのは体の仕組みに秘密が隠されています。日焼けが起きる原因としては主に紫外線が肌に影響を与えています。紫外線とは太陽から降り注ぐ物質の一つです、

通常は地球の大気圏よりも外でオゾン層と呼ばれ、強い紫外線から私たちを守ってくれています。しかし紫外線を完全にカットすることは出来ず、残った紫外線が私達の住む地表まで降りてきます。

これにより紫外線が肌に触れ皮が剥けたりする現象が起きますが、日焼けとは一種の火傷のようなもので、強い紫外線は正常な肌組織を壊してしまいます。

つまり紫外線により肌組織が傷ついてしまい、痛みや痒み皮剥けを起こします。その時に身体は傷ついた肌を蘇生しようと、肌組織を修復しようとします。

このことをターンオーバーと呼び新しい肌を作ろうと身体が新しい細胞を作り出しますが、このターンオーバーは紫外線で傷ついた肌を修復するだけではなく、古くなった皮膚を新しくしたりすることにより肌を清潔にする効果があるのです。

これに関係しているのが、新陳代謝です。新陳代謝の働きが良いと肌の修復や入れ替わりの期間が早く体にとっても良いです。

日焼け防止法や皮むけ防止法は?

紫外線の影響や日焼けのメカニズムをご理解して頂いたところで、次は具体的な防止法などですが、たくさんありますので、順を追って説明します。

・紫外線に当たらない

紫外線が肌に与える影響は悪いことの方が多く基本は紫外線に肌を当てないということを念頭に置きましょう。

・紫外線の強い時期や時間を把握する

紫外線は時期や時間により降り注ぐ量は違ってきます。夏に紫外線が強いというイメージは良く定着していますが、実は冬場も紫外線はかなり強くなっています。

特に注意が必要なのは冬場と夏場ですが、紫外線の強い時間帯はお昼から夕方までです。また紫外線の強い日や弱い日を知る手段としては、天気予報や、気象庁が発表している天気予報でも知ることが出来ます。

他に判断基準としては、紫外線が多い順に快晴→晴れ→晴れのち曇り→曇り→雨となります。

気をつけるポイントとしては、曇りで太陽光がないからといって油断しないことです。曇りの日でも晴れの日の80%の紫外線が地表に降り注いでいると言われています。

・肌の保湿に気をつける

日焼けで皮が剥けないようにするためには、肌の保湿を保たなければなりません。なぜ保湿が必要かというと、肌が乾燥した状態は日焼けをしていなくても皮が剥けやすい常態にあります。

例えると冬場など乾燥した時期は唇が乾燥し唇の皮が剥けることがありますが、よくリップクリームなどを塗ると思いますが、これと同じ原理になります。保湿することで、肌に潤いを与え皮をむけにくくすることで、日焼けから皮むけを防ぐ手段となります。

・日焼けをしないために肌を露出しない

生活をする上でどうしても外出は避けることは特別な生活環境下でない限り難しいと思います。こうしたことから、 肌の露出を控えできるだけ厚めの服装をすることが望ましいです。また服の色でも、紫外線の吸収率が違い黒の色であれば紫外線を多く吸収してくれ紫外線から肌を守ってくれます。

たまに黒い日傘をしている方を見かけていますが、わざわざ傘が黒いのはこうした物理的なところから黒い日傘になっています。

・日焼けクリームを塗る

これは簡単にできる方法ではありますが、白くて綺麗な肌を保つためそして日焼けから少しでも守るためには日焼け止めは最も必需品と言えます。

最近の日焼けクリームは実に豊富な種類が販売されており、薬局や通販で手軽に購入出来ますが、その効き目や効果も様々です。このことから出来るだけ紫外線カットをしてくれる高い効き目がある商品を購入しましょう。

あまり安いものだと効果が薄いのであまり費用を抑えずそれなりの値段がする日焼けクリームが良いです。

日焼け皮むけない方法/体の内側からも対策出来る?

これまでは、紫外線の対策や日焼け止めクリームなどをご紹介してきましたが、食べ物などで紫外線に強い肌作りを内側から変えることで可能にします。

こちらも具体的な対策をまとめましたので、ご紹介致します。

・こまめな水分補給

先ほど肌に潤いを与えるとありましたが、実は水分を正しく与えることでも肌の乾燥を防ぐことが出来ます。人が必要な1日に必要な水分は年齢・身長・体重によりことなりますが、おおよそ、1.5Lから2.0Lと言われています。

・抗酸化作用があるものを口にしよう

肌を白く保つためには紫外線を避けることは必死ですが、日焼けをして肌が黒くなるのは、メラニン色素と呼ばれる物質が肌を修復するために分泌され徐々に白くなりますが、新陳代謝が悪いとうまく働かなくなります。

そこで新陳代謝を良くするために抗酸化作用がある食べ物を含む必要があり主に野菜や果物に多く含まれています。

・ターンオーバーを助ける食べ物

ターンオーバーもまた大切な働きがありますが、ビタミンB群をとることで良い影響があります。

ほうれんそう、モロヘイヤ、豆類、海藻類に多く含まれています。

・ビタミンCやポリフェノール

ビタミンCやポリフェノールもまた抗酸化作用を促進させる働きがあり予防効果があります。

主に果物や野菜、魚に含まれていますので積極的にとるようにしましょう。

まとめ

今回は日焼けをしないために出来る予防や内側から防ぐ方法もお伝えしてきましたが、食生活もまた肌を守るために重要です。

食生活の知識を増やし勉強することでさらにキレイな肌を手に入れることが出来ますから、健康でキレイにいるためにもたくさんのことを調べてみてください。

それが自分自身のために1番よいことでもありますから少し手間はかかりますが、試してみてください。

-雑記
-, ,

執筆者:

関連記事

仕事辞める理由は人間関係の問題?退職決断きっかけや理由を大調査

昨今はブラック企業やホワイト企業にパワハラなど色々な労働問題がある現状ですが、今の社会がどんな一面を抱え多くの人がどんな悩みがあるのかクローズアップしました。 今回は退職をするにあたりどのような理由で …

貯金の方法3選!夫婦で節約しながら楽しくお金を貯める方法とは?

結婚して家庭を持つとお金のことなども夫婦で相談して決めるようになります。夫婦でお金を貯めるにはどうやってためていくといいのでしょうか。 夫婦で楽しく節約してお金を貯めていく方法をご紹介していきます。 …

単身赴任で帰ってきてほしくない妻心理/帰る頻度と妻のストレスの関係

単身赴任で帰ってきてほしくない妻心理/帰る頻度と妻のストレスの関係

今回は単身赴任で妻にかかってしまうストレスや帰る頻度について、調べてみました。 何の前触れもなく急に妻に帰ってこないでと言われるのは辛いですし、それに悩んでいる旦那さんは多いのではないでしょうか。 こ …

電車遅延は遅刻扱い?許されないと怒られるのは当たり前なのか?

入社して、現代の若い世代の方に多い問題が「遅刻」です。ただ、遅刻といってもいろんな理由があり、寝坊など自分に原因がある時は反省することでしょう。しかし問題は「電車」が理由の時です。 電車が原因の遅刻は …

御朱印を同じ神社でもらうのはあり?御朱印の意味や御朱印帳の使い方

「御朱印」という言葉を聞いたことはありますか?パワースポット巡りがブームとなった影響で寺社を訪れる若者や女性が増え、注目を集めるようになった御朱印。 気にはなるけど、作法などが難しいのでは?ノートでも …

< 注目記事 >