雑記

日焼け止め学校で塗り直しができない!塗り直し必要/不要?どうするべき?

投稿日:

日焼け止めは紫外線が強い春頃から手放せないアイテムになります。特に、紫外線の強さは年々強くなっていると言われているので、しっかりと対策しておきたいです。

しかし、学校に通っていたりすると塗り直しができないくて、どうしたらいいのか悩んでいる方は多くいます。反対に、若いからこそ肌トラブルを抱えていないため日焼け止めの大切さを分かっていない方も多いです。

しかし、肌トラブルを抱え始めてからでは改善するのにとても時間がかかります。そのため、肌トラブルが抱えていない時期からしっかりと紫外線対策をしておく必要があるのです。

学生頃から紫外線対策をしておくと、年齢を重ねてからも綺麗な肌を保つことができますよ。では早速、本題に入りましょう。日焼け止めが塗り直しできない時はどうする?塗り直しはいらない?の疑問にお答えしましょう。

日焼け止めが学校で塗り直しができない

日焼け止めが学校で塗り直しができない

学校にいると体育などの授業があり、外へ出る機会も多いです。また、休み時間も限りがあるために頻繁に日焼け止めの塗り直しをすることは難しいことでしょう。

多少、時間があったとしても友人と話しをしていたりするとあっという間に時間は過ぎてしまいます。しかし、今しっかりと紫外線対策をしておかないと20代後半や30代頃からシミが出てくる可能性があるのです。

いつまでも綺麗にいるために、学校で日焼け止めの塗り直しができない時はどのような工夫をすればいいのでしょうか?

・紫外線が当たらないように行動する

体育がない日であれば、極力、外に出ないように工夫をしましょう。例えば、外を歩く時も日陰を選んだりすることで、日に焼ける可能性は低くなります。

体育以外の時間であれば室内や日陰で過ごすことが増えるために、日焼け止めの塗り直しをしなかったとしても、そこまで日焼けすることはありません。

ただ、朝塗った日焼け止めが下校時間まで持続することはないので、塗り直しができる時間を見つけることが出来れば積極的に塗り直しできるといいですね。

・SPFなどの数値が高いものを使用する

日焼け止めにはたくさんの種類があり、SPFが低いものほど日焼けをする可能性が高くなります。そのため、日焼け止めの塗り直しができないことが事前に分かっているのであれば数値の高いものを塗るようにしてください。

そうすることでSPFが低いものよりは日焼けをする可能性は低くなります。ただ、数値が高いと肌に与える負担も大きいと言われているので、授業や部活の活動内容によって日焼け止めの種類を選べるようにしておくといいですよ。

・スプレーを活用する

日焼け止めは塗るものが多いですが、スプレータイプも多く出ています。塗るタイプよりは塗りむらなどが気になりますが、全く塗り直ししないよりは効果があるはずです。

ちょっとしたトイレ休憩などにササッとスプレーができるのであれば、スプレーを持つようにしましょう。

使ってみると塗るタイプに比べてスプレータイプの日焼け止めの方が塗り直しが楽で、時間もかからないため数秒から数分で塗り直すことができます。時間をみつけたらすぐ塗り直せるように1つは持っておくと便利です。

・日焼け止めアイテムを使う

紫外線対策は日焼け止め以外にも、UV効果のあるカーディガンなどを着ることで紫外線対策ができます。どうしても塗り直しができない状況で外に出る場合は帽子やカーディガンなどを用意しておきましょう。

そうして置けば、塗り直しをしなくても紫外線を浴びることなく過ごすことができます。カーディガンなども可愛いく学生でも着れるものが多くありますので、ぜひ、探してみて下さい。

日焼け止めは塗り直し必要?不必要?

日焼け止めは塗り直し必要?不必要?

日焼け止めも数値が高いものを使用していれば、そこまで塗り直す必要がないのではないか?と感じる方も多いでしょう。

そこで、日焼け止めの塗り直しは本当に必要なのか?必要な場合はなぜ必要なのか?と徹底的に調べてみました。これを見ると日焼け止めの塗り直しの大切さに気づくはずです。一緒に勉強していきましょう。

・日焼け止めの塗り直しは必要

日焼け止めの塗り直しはとても大切です。朝に塗っていたとしても時間がたつにつれて汗をかいていたり、皮脂が出ることによって日焼け止めが落ちてしまいます。そのため、一度塗っただけでは長時間の紫外線を防止することは難しくなるのです。

特に、女性の場合は男性に比べて顔を触る機会が多いので、自然と手が顔に触れることで日焼け止めが落ちていることもあります。また、室内にいたからそんなに汗をかいていないと思っていても、実際は少量の汗や皮脂が出ているのです。

その証拠にメイクをしている際に鼻周りのメイクがよれてしまったり、皮脂が出ていることが気になることはありませんか?顔の中で鼻周りが一番分かりやすいですが、それ以外の顔も同じように汗や皮脂が出ているのです。

見た目はそこまで変わらなかったとしても、紫外線対策をするためには日焼け止めの塗り直しは必須になります。

・SPFの高いファンデーションがおすすめ

腕や足は塗り直しがしやすいですが、顔はメイクをしているため、日焼け止めの塗り直しをしたくない女性が多いです。そんな時は、ファンデーションなどに日焼け止め効果があるものを使うことがおすすめになります。

そうすることで、綺麗にメイク直しをすることができ、日焼け止めを塗り直すことにもなるので、夏など紫外線が強い時期はファンデーションの選び方も気を付けるようにしてください。

・できれば3時間ほどの間隔で塗り直ししよう

紫外線対策を徹底的にしたいのであれば、3時間ほどで塗り直すことが大切なポイントです。なかなか塗り直すことが難しいのであればスプレーや飲む日焼け止めも出ていますので、いろんなアイテムを使いながら紫外線対策をするようにしてください。

3時間ほどで塗り直すと聞くと少し、面倒に感じますが、今きちんと紫外線対策をしておくとのちに結果が出ますよ。初めは面倒ですが、慣れて来たら何も感じずに塗り直しできる習慣が身に付くはずです。

まとめ

日焼け止めは子供も必須と言われているほど、紫外線が強くなっています。女性は特に、シミやシワ等気になる肌トラブルが、年齢を重ねてくると出てくるのです。

そんな悩みを少しでも減らすために、今からの紫外線対策が必要となります。塗り直しができなかったら、UV加工されているアイテムを使い、ちょっとでも塗り直しが可能ならスプレーなどで塗り直しするようにしてください。

-雑記
-, ,

執筆者:

関連記事

単身赴任で帰ってきてほしくない妻心理/帰る頻度と妻のストレスの関係

単身赴任で帰ってきてほしくない妻心理/帰る頻度と妻のストレスの関係

今回は単身赴任で妻にかかってしまうストレスや帰る頻度について、調べてみました。 何の前触れもなく急に妻に帰ってこないでと言われるのは辛いですし、それに悩んでいる旦那さんは多いのではないでしょうか。 こ …

40代でバイクに初めて乗り中免取得!女性のバイク選びの目安は?

やってみればなんでも楽しいものだということを知ったのが一番の勉強です。 20歳で友人と競い合うように車の免許は取りましたが、原チャリも乗ったことがなければ興味もなく、いざ車に乗り始めたら自転車すら乗ら …

子連れでキャンプする人必見!キャンプ料理/ご飯メニューを紹介!

子連れでキャンプする人必見!キャンプ料理/ご飯メニューを紹介!

子どもと一緒にキャンプ!きっと楽しい思い出になること間違いないでしょう。その楽しい思い出に加わるのが外で食べるキャンプ飯!家で食べるときより一段とおいしく感じてしまうのはどうしてなんでしょうね。 今回 …

車が止まったらバッテリーの電圧の確認が大事?CADデータとは??

皆さんは、お車を走行中に急に止まってしまったという経験はおありでしょうか?急に止まってしまった場合は、大変慌ててしまいますよね。   今回は、そのようなお車の止まる原因となるバッテリーのお話や、それに …

手作り味噌を日持ちさせる高機能ストッカーのオススメ3選!

手作りの調味料は、料理に使うのもとってもワクワクしますよね。 特に手作りの味噌は、みそ汁などで毎日使うのでしっかりと保存しておきたいものです。すぐに劣化したら、せっかく作った手作り味噌が台無しになって …

< 注目記事 >