雑記

サーフィンのテイクオフを早くするコツや最適な足の位置はどこなの?

投稿日:

サーフィンのテイクオフのコツを知って、うまく波に乗れるようになりたい!!

テイクオフはできるようになったけど、今より早くしたりするためにはどうしたらいい??サーフィンのテイクオフは、サーフィンを行う上では基本となるテクニックですが、初心者の方などは練習してもなかなか波に上手く乗れない方も少なくありません。

そこで今回は、サーフィンのテイクオフについて、そのコツや早くするためのポイント、また、よりうまくテイクオフを行えるよう、足の位置などもご説明してみましたので、ぜひ、ご参考にしていただけたらと思います。

サーフィンのテイクオフのコツはなに?

サーフィンのテイクオフのコツは、波が崩れる直前の波の速度と同じになるように、パドリングを使って速度調整するのがまず第一です。波より早くなってしまうと崩れてしまった波にのまれ、逆に遅いと波が先に崩れてしまうためです。

また、この場合、トロ厚い波の場合は、パドリングを使って波のスピードに合わせ、波の切り立つ地点で立ち上がるようにし、ホレた波の場合は、パドリングでサーフボードの速度を調整しながら波がテールを押し上げた時に立ち上がる動作をします。

ショートボードでは、加速をスムーズに行えるため、波が切り立つ地点で波待ちをして、波が切り立つ地点に合わせてパドリングするようにします。

この場合、ホレてる波がきた場合は、波がテールを押し上げた時に、素早く立ち上がり、前足に重心を移動すると一気にボトムの方へ下って行くこととなります。

トロ厚い波の場合は、通常、自分がサーフボードに重心を置いている位置よりも数センチ程度前に重心を移動するようにし、パドリングをいつもより多めにし加速をつけ、立ち上がる動作をします。

立ち上がる際は、サーフボードにつく手は肋骨の一番下の部分よりも上につくようにすると、その後の足を前に持ってくる動きの時にもスムーズに行えるようになります。

ロングボードを使用する場合は、加速に時間がかかってしまうため、波が切り立つ位置よりも少し沖側に距離をおいた箇所からパドリングするようにします。

その後、波のうねりが来たら素早くパドリングを開始するようにしますが、この際、波の勢いに負けてしまうとパーリングすることとなりますので注意が必要です。

テイクオフするときは、目線は、前方で遠くを見るようにするのもコツで、これはテイクオフでは、目線を動かす一瞬の動作が、その後の動きにとても影響を与えてしまうためです。テイクオフをして波に乗れたら、膝はしっかりと曲げた状態をキープするようにしましょう。

これにより、その後の波のどんな動きにも瞬時に対応できるようになります。また、練習の際には、波の様子を観察するようにすると、だんだんと波の動きなどが把握できるようになり、その後のテイクオフなどの時にも生きてきます。

ここでは、テイクオフをうまく行うためのコツとしてパドリングを使う方法を述べましたが、パドリングは水をかく動作なため、筋力もそれに応じた分量が必要になって来ます。

そのため、筋力トレーニングでパドリングに使う筋力をアップさせるか、もしくは、全く別の種類の運動になってしまいますが、水泳を通して、腕の筋力を上げていくと言った方法も取れるのではないかと思います。

パドリングに必要な筋力だけでなく、全身の筋力をアップさせることも、テイクオフを行うためには大切になってくるため、陸上でランニングをしたり、ジムで機械を使って体を鍛えておくことも必要な要素となります。

サーフィンのテイクオフを早くするためには?

サーフィンのテイクオフを早くするには、パドリングの質を上げることがとても重要になってきます。波がピークに来た時にきちんとテイクオフをするためには、先の項でも述べたように、パドリングのスピードをしっかりと調整できるようにしなければなりません。

パドリングは水をかく動作なため、それなりの筋力も必要となりますので、実際に海に入ってパドリングをした際や陸上でもトレーニングを積み、パドリングを行うための持久力を高めていくことも必要になってきます。

テイクオフを早くするためのパドリングでは、浅くかくことで、水の抵抗を受けない分、より早く漕ぐことが可能となり、テイクオフをスムーズに行えるようになります。

テイクオフを早くするためには、先の項でも述べたように目線をしっかりと遠くに置くことが必要です。目線を下に置いてしまうと、次の動作に移る際に、目線を上げる動作の数秒間の内に波の動きなどが変わってしまい、うまく波に乗れないというようなことが起きてしまいます。

ですので、サーフィンを行っている間は、目線は遠くに置くようにしましょう。テイクオフで立ち上がる際の手の位置は、肋骨の一番下の部分から上のあたりにつくようにすると、体の前の方に十分なスペースができるため、足を前に出しやすくなります。

また、これらの動作を行うためには、日々の筋力トレーニングやストレッチにより、体を柔軟に動かせるようにしておくことが重要となります。

サーフィンのテイクオフをする時の足の位置は?

サーフィンでテイクオフする際の足の位置は、サーフボードの中心線となるストリンガーの位置に対し、後ろ足は垂直に、前足は外側に少し開くようにしましょう。

実際にテイクオフ時に足を出す時には、後ろ足の膝は外側に向けると、体勢が安定し、その後の動きもスムーズに行えるようになります。また、テイクオフ終了後の体勢では、後ろ足の膝を内側に向けることで、波の動きに対して瞬時に対応できるようになります。

これ以外にも足の位置を変えることで、動作時の安定感を増したりすることもできますので、サーフィンをする際に、足の位置を確認していくようにすると、こうした足の位置については理解できていくのではないかと思います。

まとめ

サーフィンのテイクオフのコツは主に、パドリングで速度を調整すること、目線は遠くにおくこと、立った時の姿勢は膝を曲げるようにすると言ったことが分かりました。

サーフィンでテイクオフができるようになると、とてもサーフィンをするのが楽しくなり、その後のさまざまな技にも生きてくるものと思われます。

テイクオフの練習を通して得た陸上などでの筋力トレーニングの習慣も、それ以降の技を上達させたりなどする際に、無理なく行えるようになるのではないかと思います。

ぜひ、テイクオフをご自身のものにして、どんな波にも対応できるようになっていただけたらと思います!

-雑記
-, ,

執筆者:

関連記事

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美肌を手に入れたい」と思ってもすぐ美肌になることは難しいです。 もちろん、メイクで隠すことは出来ますが、思春期の高校生の肌に厚塗りしたファンデーションはよくありません。皮脂が多い年代になりますので、厚塗りしてしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまうと言われています。 美肌になるために最も、大切なのはメイクではありません。スキンケアなのです。高校生は何もしなくても綺麗な肌だったり、乾燥が気にならなかったりしますが、それは若いからという理由だけになります。 また、ニキビなどの若い子特有の悩みも今だけかもしれません。ですが、今からきちんとスキンケアをしておくことで何歳になっても綺麗な美肌でいられる可能性が高いですよ。今回スキンケアについて勉強しましょう。 高校生のスキンケアに必要なケア用品 いざスキンケアを始めようと思っても、何から揃えたらいいのか分かりませんよね。高校生はまだまだ肌年齢が若いので、酸いんケアのしすぎもよくないのです。高校生はシンプルなスキンケアを心がける必要があります。そのためには、どのようなスキンケア用品が必要なのでしょうか? ・クレンジング 高校生によくある失敗がクレンジング選びです。クレンジングはメイクの落ちやすさからクレンジングオイルを選択する方を多く見かけます。しかしクレンジングオイルは必要な皮脂も落としてしまうのです。しっかりとメイクが落ちることが魅力のクレンジングオイルですが、必要なものまで落としてしまうので辞めましょう。高校生でニキビなどの肌トラブルに悩んでいる場合、ニキビの原因はクレンジングオイルの可能性もありますよ。 クレンジングはクリームやジェルなどの肌に優しいものを使用するようにしましょう。オイルに比べたらメイクが落ちる時間はゆっくりですが、ゆっくり落とす方が肌に優しいです。ナチュラルな肌に優しいものを選ぶようにしましょう。 ・洗顔 洗顔もクレンジング同様に肌に優しい物を選ぶことが大切です。肌に優しい洗顔でおすすめなのは固形石鹸になります。しかし、固形石鹸のデメリットは「清潔に石鹸を保つことが難しい」ということです。固形石鹸は常に外に出ていることになりますので、菌が繁殖しやすいと言われています。 そのため、固形石鹸を使用するのであれば、お風呂のような湿気の多い場所ではなく、洗面台などなるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。 そして固形石鹸を十分に泡立てて肌を優しく洗うようにしてください。固形石鹸を使用していても十分に泡立てないと肌をこすっていることになります。それでは肌に悪い刺激を与えていることになるので、固形石鹸を使用する意味がありません。 固形石鹸と同様洗顔フォームでもきちんと泡立てるようにしましょう。肌に刺激を与えずにスキンケアすることが美肌への近道ですよ。 ・スクラブ メイクをしたり、日々の生活をする中で角質が溜まっていきます。角質が溜まると化粧水などの栄養分が肌に浸透していかないと言われているのです。そこで活躍するのがスクラブになります。スクラブをすることで肌のいらない角質をとることができるため、化粧水などの浸透力が変わってくるはずです。また、スクラブをすることで肌触りも変わり、触り心地も良くなりますよ。 スクラブは肌へ刺激を与えることになってしまうので週に1回ほどにしておきましょう。 ・化粧水 化粧水はいろんなものが出ていますが、大きく分けて「さっぱり」「しっとり」です。これは肌質に合わせたものを購入することが大切になります。化粧水のポイントは付け方です。 手で付ける方と、コットンで付ける方がいるのですが、どちらも付け方としては間違っていません。よく手で付けると手が吸収してしまい、化粧水がもったいないという話を聞きますが、それは間違いの様です。顔の皮膚に比べて手の皮膚は何倍も厚いので、そのようなことはないと言われています。 手で付ける場合は優しく顔をなぞるように付けるようにしましょう。しかし、コットンはなぞって付けると肌トラブルの原因になるので辞めましょう。コットンを使用する場合は、優しく抑え込むようにポンポンと付けることが大切です。 ・乳液 乳液は化粧水を蒸発させない様にするために、必要なアイテムだと言われています。高校生は皮脂が気になることから、乳液を付けない方が多いです。しかし、きちんと乳液をすることで肌が整うので、健康的な肌にすることができるはず。きちんと最後までスキンケアを行いましょう。 高校生のスキンケアの手順 スキンケアの用品が分かったとしても、手順も知りたいところですよね。今回はそれぞれの手順で気を付けて欲しいポイントやおすすめ方法をご紹介していきます。 1.クレンジング クレンジングはアイメイクなどの濃いメイクをしている時は、ポイントメイク用のクレンジングを使用することで、目元をこする回数を減らすことができます。目元や口元の濃いメイクを落としてから顔全体のメイクを落としましょう。 2.洗顔 洗顔をする時はしっかりと泡立てることが大切です。泡立てることが苦手であれば、泡立てようのアイテムが100均やメイク用品を売っている場所で購入できるので探してみて下さい。 3.化粧水 肌は洗顔後が一番大切なので、洗顔後なるべく早く化粧水を付けるようにしましょう。そうすることで肌が整っていくと言われていますよ。 4.乳液・クリーム 乳液と同じような役割をするクリーム。高校生であればどちらかを付ければ十分です。乾燥が気になる方はクリームがおすすめ。肌の状態に合わせて選択しましょう。 まとめ 高校生のスキンケアはシンプルにすることが大切だと分かりました。肌トラブルに悩んでいたりすると、どうしてもどんどんスキンケアをしたくなってしまいますが、つけすぎると肌の負担になってしまうので、なるべく最低限のスキンケアをするようにしましょう。 どうしても、肌の乾燥などが気になる場合は週に1・2回ほどパックをするといいですよ。週に数回なら大きな負担が肌に掛からず、栄養分を入れられると言われているのでおすすめになります。

高校生のスキンケア用品/必要なものと手順を知って美肌になろう

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。 というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。 というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美 …

腕時計をはめるのに痛いと感じない位置は?外れない場合の外し方は?

腕時計をはめるのに痛いと感じない位置は?外れない場合の外し方は?

今まで腕時計をつける際に、つけにくいとか、痛いと感じたことはないでしょうか? もしそうだとわかっても、調節の仕方が分からなくて戸惑っている方もいらっしゃるのではないかと思います。 今回はそのような方々 …

東急ハンズ包丁おすすめ!新婚さんは一生ものの良品を手に入れるべし!

お店にずらっと並んでいるたくさんの包丁。 切れ味が良くて、ずっと使える包丁がほしいなー、なんて思っている方も多いのではないでしょうか。 でもたくさんありすぎてどれが良いものなのか全然わからない!なんて …

うさぎの足だんがうるさい!原因と対策を知って正しくしつけよう

見た目から愛されるために生まれてきたようなうさぎは何をしても可愛らしくて、これほど見た目が重要で見た目が良いととにかく得をするということを何度も思わされた生き物は他にはいません。 いるだけで可愛いうさ …

占いを信じる理由は何?バカを見ない為に心掛けておくべき事とは?

占い、好きですか? 女性雑誌の最後のページによくある簡単な占いから、実際に対面して診てもらう占いなど、占いにどのような印象をお持ちでしょうか。 私自身の占い体験談と共に、占いに対して思う事などお話して …

< 注目記事 >