雑記

サーフィンのテイクオフを早くするコツや最適な足の位置はどこなの?

サーフィンのテイクオフのコツを知って、うまく波に乗れるようになりたい!!

テイクオフはできるようになったけど、今より早くしたりするためにはどうしたらいい??サーフィンのテイクオフは、サーフィンを行う上では基本となるテクニックですが、初心者の方などは練習してもなかなか波に上手く乗れない方も少なくありません。

そこで今回は、サーフィンのテイクオフについて、そのコツや早くするためのポイント、また、よりうまくテイクオフを行えるよう、足の位置などもご説明してみましたので、ぜひ、ご参考にしていただけたらと思います。

サーフィンのテイクオフのコツはなに?

サーフィンのテイクオフのコツは、波が崩れる直前の波の速度と同じになるように、パドリングを使って速度調整するのがまず第一です。波より早くなってしまうと崩れてしまった波にのまれ、逆に遅いと波が先に崩れてしまうためです。

また、この場合、トロ厚い波の場合は、パドリングを使って波のスピードに合わせ、波の切り立つ地点で立ち上がるようにし、ホレた波の場合は、パドリングでサーフボードの速度を調整しながら波がテールを押し上げた時に立ち上がる動作をします。

ショートボードでは、加速をスムーズに行えるため、波が切り立つ地点で波待ちをして、波が切り立つ地点に合わせてパドリングするようにします。

この場合、ホレてる波がきた場合は、波がテールを押し上げた時に、素早く立ち上がり、前足に重心を移動すると一気にボトムの方へ下って行くこととなります。

トロ厚い波の場合は、通常、自分がサーフボードに重心を置いている位置よりも数センチ程度前に重心を移動するようにし、パドリングをいつもより多めにし加速をつけ、立ち上がる動作をします。

立ち上がる際は、サーフボードにつく手は肋骨の一番下の部分よりも上につくようにすると、その後の足を前に持ってくる動きの時にもスムーズに行えるようになります。

ロングボードを使用する場合は、加速に時間がかかってしまうため、波が切り立つ位置よりも少し沖側に距離をおいた箇所からパドリングするようにします。

その後、波のうねりが来たら素早くパドリングを開始するようにしますが、この際、波の勢いに負けてしまうとパーリングすることとなりますので注意が必要です。

テイクオフするときは、目線は、前方で遠くを見るようにするのもコツで、これはテイクオフでは、目線を動かす一瞬の動作が、その後の動きにとても影響を与えてしまうためです。テイクオフをして波に乗れたら、膝はしっかりと曲げた状態をキープするようにしましょう。

これにより、その後の波のどんな動きにも瞬時に対応できるようになります。また、練習の際には、波の様子を観察するようにすると、だんだんと波の動きなどが把握できるようになり、その後のテイクオフなどの時にも生きてきます。

ここでは、テイクオフをうまく行うためのコツとしてパドリングを使う方法を述べましたが、パドリングは水をかく動作なため、筋力もそれに応じた分量が必要になって来ます。

そのため、筋力トレーニングでパドリングに使う筋力をアップさせるか、もしくは、全く別の種類の運動になってしまいますが、水泳を通して、腕の筋力を上げていくと言った方法も取れるのではないかと思います。

パドリングに必要な筋力だけでなく、全身の筋力をアップさせることも、テイクオフを行うためには大切になってくるため、陸上でランニングをしたり、ジムで機械を使って体を鍛えておくことも必要な要素となります。

サーフィンのテイクオフを早くするためには?

サーフィンのテイクオフを早くするには、パドリングの質を上げることがとても重要になってきます。波がピークに来た時にきちんとテイクオフをするためには、先の項でも述べたように、パドリングのスピードをしっかりと調整できるようにしなければなりません。

パドリングは水をかく動作なため、それなりの筋力も必要となりますので、実際に海に入ってパドリングをした際や陸上でもトレーニングを積み、パドリングを行うための持久力を高めていくことも必要になってきます。

テイクオフを早くするためのパドリングでは、浅くかくことで、水の抵抗を受けない分、より早く漕ぐことが可能となり、テイクオフをスムーズに行えるようになります。

テイクオフを早くするためには、先の項でも述べたように目線をしっかりと遠くに置くことが必要です。目線を下に置いてしまうと、次の動作に移る際に、目線を上げる動作の数秒間の内に波の動きなどが変わってしまい、うまく波に乗れないというようなことが起きてしまいます。

ですので、サーフィンを行っている間は、目線は遠くに置くようにしましょう。テイクオフで立ち上がる際の手の位置は、肋骨の一番下の部分から上のあたりにつくようにすると、体の前の方に十分なスペースができるため、足を前に出しやすくなります。

また、これらの動作を行うためには、日々の筋力トレーニングやストレッチにより、体を柔軟に動かせるようにしておくことが重要となります。

サーフィンのテイクオフをする時の足の位置は?

サーフィンでテイクオフする際の足の位置は、サーフボードの中心線となるストリンガーの位置に対し、後ろ足は垂直に、前足は外側に少し開くようにしましょう。

実際にテイクオフ時に足を出す時には、後ろ足の膝は外側に向けると、体勢が安定し、その後の動きもスムーズに行えるようになります。また、テイクオフ終了後の体勢では、後ろ足の膝を内側に向けることで、波の動きに対して瞬時に対応できるようになります。

これ以外にも足の位置を変えることで、動作時の安定感を増したりすることもできますので、サーフィンをする際に、足の位置を確認していくようにすると、こうした足の位置については理解できていくのではないかと思います。

まとめ

サーフィンのテイクオフのコツは主に、パドリングで速度を調整すること、目線は遠くにおくこと、立った時の姿勢は膝を曲げるようにすると言ったことが分かりました。

サーフィンでテイクオフができるようになると、とてもサーフィンをするのが楽しくなり、その後のさまざまな技にも生きてくるものと思われます。

テイクオフの練習を通して得た陸上などでの筋力トレーニングの習慣も、それ以降の技を上達させたりなどする際に、無理なく行えるようになるのではないかと思います。

ぜひ、テイクオフをご自身のものにして、どんな波にも対応できるようになっていただけたらと思います!

-雑記
-, ,

関連記事

美容院/美容室に行く頻度は男性女性で違う?大学生の現状を調べてみた

美容室へ行く頻度って人によって大きく違います。今回は大学生の美容院へ行く頻度に着目して見ました。大学生だと美容への意識も高く、ある程度バイトなどでお金を持っているイメージです。美容院となると、カラーを …

お年玉の相場まとめ!赤ちゃんから大学生までの相場額と使い道大調査

今回は大人にはちょっと辛いお年玉の赤ちゃんから大学生まで大規模調査を行いました。 貰う側の子供はワクワクしていると思いますが、あげる側は色々と考えることが多くて大変ですよね。特に悩むのがやはりお年玉と …

海外赴任が辛い/疲れた!慣れるまでの期間は?慣れるまでの過ごし方とは?

海外赴任が辛い/疲れた!慣れるまでの期間は?慣れるまでの過ごし方とは?

海外赴任は日本と大きく環境が変わってるため、いろんな心配が出てくるはずです。また、仕事で行くために仕事環境も変わりプライベートの環境もすべて変わることに対して不安しか出てきません。 しかし、海外赴任と …

ANA/JAL飛行機でパソコンは預けられる?安全にpcを運ぶ方法

飛行機で行く出張やプライベートの旅行でも、パソコンを持って行くことがよくありますね。飛行機の中で、パソコンを使うことがないので、重いパソコンを飛行機に預けたいなと思うことがあります。でも、安全なのでし …

アイメイクが似合わない/変わらない/下手!顔に合ったメイクとは

アイメイクは顔のパーツの中でも最も重要だと言われている部分です。 というのも話をしたりするときに必然と目を見られるからでしょう。それだけアイメイクは重要ですし、アイメイク次第で印象も変わってきてしまい …

< 注目記事 >