雑記

テスト前日ゲームがやめれない/徹夜はしない方がいい?睡眠とその意味

テスト前日は勉強をしないといけないと分かっていても、ゲームがやめられないって学生あるあるではないでしょうか?その気持ちとっても良くわかります。

勉強を始めてみるとゲームの続きが気になったり、他の友人に記録が追い抜かされていないか?と気になることはたくさんあります。そんな時は、無理にゲームを我慢する必要はありません。

もちろんテストのない日に比べたら、少しゲームの制限をしたほうがいいですが、全くしないとなるとストレスが溜まってしまいます。また、ゲームを我慢して勉強をしたところでゲームが気になって勉強に集中で着ないことも考えられる…。

そうなってしまっては、ゲームを我慢した意味がなくなってしまいますよね。では、テスト前日に勉強とゲームを両立するにはどうしたらいいのでしょうか?コツを伝授しましょう。

徹夜をしない方がいい?

テスト前日にゲームをやりすぎてしまい、気づいたら夜…。そんなこともありますよね。そうなってしまうとテストに向けての勉強の仕方が「徹夜」しか残っていないことになる…。でも、成長期の学生が徹夜というのはあまりお勧めできないという方もいます。

その理由として「成長期」ということが理由の1つです。「寝る子は育つ」といわれるように、成長期の子供たちにとって睡眠はとても重要なものです。テスト前日でも徹夜をしない方がいいと言われている理由は他にどんなことがあるのでしょうか?

眠くて集中できない

徹夜ということは寝ずに夜を過ごすことになりますよね。ゲームをしていて夜になってしあった場合、仮眠をとっているわけでもないので、いつも通りの時間に眠気が着てしまう…。眠気がある状態で勉強をしていても集中できずに、勉強がはかどりません。

それどころか、勉強しても頭に入っていない可能性も高いです。なので、徹夜をするというよりは、いつもよりも早く寝て、朝早くに起きて勉強をしましょう。早く起きると、周囲も静かですし、勉強にはもってこいの環境です。

また、睡眠をとっているので頭もスッキリした状態で活動を開始する事が出来ます。気持ちも頭もスッキリした状態で勉強をする方が効率がいいですよ。徹夜をしようと思っているのであれば、早寝早起きをする方が頭に入りますよ。

徹夜の効果がない?

徹夜をして、勉強の時間をしっかりとったとしても、記憶力や集中力が落ちてしまうと言われています。徹夜をして眠さを我慢したり、勉強がはかどったつもりでいても、思うほど結果に繋がらないということになるようです。

実際に、私も徹夜の経験者ですが、気持ちばかり焦ってしまい、結果に繋がったという記憶は少ない様に感じます。はやりゲームをしていてもいいので、毎日コツコツ勉強をしたほうがいいのでしょう。

しっかりと覚えることは出来ない?

徹夜をしたことで、次の日のテストがしっかり解けたとしても、それは一時的な記憶でしかありません。というのも、徹夜だと脳にしっかりと記憶させることが出来ないと言われています。

勉強したことや経験を覚えるためには睡眠は必須だからです。その時、その時の、テストではある程度の点数が取れたとしても、後日同じテストをしてみると全く覚えていない可能性が高いと言われています。

徹夜もテストのためだけなら、ある程度の効果はあるかもしれませんが、のちの経験にはつながらないでしょう。

テスト前日にゲームと勉強を両立するには?

徹夜はあまりおすすめできないことがわかったところで、実際にテスト前日はどのように過ごしたらいいのでしょうか?ゲームを我慢しすぎず、ある程度の勉強時間も作る…。言葉にすると難しい様に感じますが、そんなに難しくないですよ。コツを覚えておきましょう。

ゲームと同じ時間勉強をする

勉強を頑張った時間と同じ時間ゲームをしましょう。そうすることで、ゲームをしたい気持ちから勉強も頑張れるはずです。

ただ、この方法は意思が固い方にしかおすすめできません。というのも、初めは勉強を頑張っていたとしても、ゲームを始めてしまうと「あとちょっと」という気持ちから、なかなかゲームを辞めることが出来ないからです。

しっかりとけじめをつけられる方は、この方法でテスト勉強をしてみて下さい。

ゲームをできないようにする

ゲームが自分の手元にあるからゲームを辞めることが出来ないのです。なので、ゲームを親に預けたり、兄弟に預けたりしましょう。そうすれば、ゲームのできない環境を作ることができます。

もちろん、勉強の休憩中などはゲームをしていて構いません。ゲームが目につなないところに置いてあることが大切です。どうしてもゲームから離れることが出来ないのであれば、周りに協力してもらいましょう

友人と勉強をする

友人と勉強をすることで、ゲームのできない環境になります。ここでの、ポイントは一緒に勉強をする友人を選ぶことです。というのも、同じようにゲームが好きな友人だと、お互いに甘えが出て、ゲームをしてしまうことになります。

なので、しっかりとテスト勉強ができる友人にしましょう。友人がテスト勉強をしていることで、自分も勉強をしなければいけない気持ちになります。また、一緒に勉強をすることでテストに出るポイントも知ることができるはずです。

テストでいい点を取る方法

テストでいい点を取る方法は「しっかり睡眠をとる」ということです。徹夜をしてしまうと、眠さからテスト中に集中出来ない可能性が高い…。そうなってしまっては徹夜までした意味がないですよね。

なので、いつもより睡眠時間が少なくなったとしても、睡眠はとるようにしましょう。もっと言えば、徹夜をして夜遅くまで起きているよりも、早く寝て早く起きた方が勉強効率がいいです。起きた時に眠いと感じた時は少し熱めのシャワーを浴びましょう。

そうすることでスッキリと目が覚めますよ。

ここでのポイントは湯船に入らないことです。湯船に入ってしまうとリラックス効果から、また、眠くなってしまう可能性があるので、シャワーだけにして下さい。

まとめ

結果を見てみると、徹夜はあまりしない方がいいことがわかりましたね。徹夜を絶対にしてはいけないとは言いませんが、身につく勉強法ではありません。そして、ゲームをするのであれば、けじめをつけて行えば問題ないです。

これまでの方法を見ていると、毎日コツコツ勉強することは可能です。ゲームを諦めるのではなく、勉強をした時間だけゲームをするのであれば、テスト勉強もはかどるはず。前日に焦ってするのではなく、毎日1時間でもゲームをしないで勉強できるといいですね。

-雑記
-, ,

関連記事

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美肌を手に入れたい」と思ってもすぐ美肌になることは難しいです。 もちろん、メイクで隠すことは出来ますが、思春期の高校生の肌に厚塗りしたファンデーションはよくありません。皮脂が多い年代になりますので、厚塗りしてしまうと、毛穴に汚れが入りやすくなってしまうと言われています。 美肌になるために最も、大切なのはメイクではありません。スキンケアなのです。高校生は何もしなくても綺麗な肌だったり、乾燥が気にならなかったりしますが、それは若いからという理由だけになります。 また、ニキビなどの若い子特有の悩みも今だけかもしれません。ですが、今からきちんとスキンケアをしておくことで何歳になっても綺麗な美肌でいられる可能性が高いですよ。今回スキンケアについて勉強しましょう。 高校生のスキンケアに必要なケア用品 いざスキンケアを始めようと思っても、何から揃えたらいいのか分かりませんよね。高校生はまだまだ肌年齢が若いので、酸いんケアのしすぎもよくないのです。高校生はシンプルなスキンケアを心がける必要があります。そのためには、どのようなスキンケア用品が必要なのでしょうか? ・クレンジング 高校生によくある失敗がクレンジング選びです。クレンジングはメイクの落ちやすさからクレンジングオイルを選択する方を多く見かけます。しかしクレンジングオイルは必要な皮脂も落としてしまうのです。しっかりとメイクが落ちることが魅力のクレンジングオイルですが、必要なものまで落としてしまうので辞めましょう。高校生でニキビなどの肌トラブルに悩んでいる場合、ニキビの原因はクレンジングオイルの可能性もありますよ。 クレンジングはクリームやジェルなどの肌に優しいものを使用するようにしましょう。オイルに比べたらメイクが落ちる時間はゆっくりですが、ゆっくり落とす方が肌に優しいです。ナチュラルな肌に優しいものを選ぶようにしましょう。 ・洗顔 洗顔もクレンジング同様に肌に優しい物を選ぶことが大切です。肌に優しい洗顔でおすすめなのは固形石鹸になります。しかし、固形石鹸のデメリットは「清潔に石鹸を保つことが難しい」ということです。固形石鹸は常に外に出ていることになりますので、菌が繁殖しやすいと言われています。 そのため、固形石鹸を使用するのであれば、お風呂のような湿気の多い場所ではなく、洗面台などなるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。 そして固形石鹸を十分に泡立てて肌を優しく洗うようにしてください。固形石鹸を使用していても十分に泡立てないと肌をこすっていることになります。それでは肌に悪い刺激を与えていることになるので、固形石鹸を使用する意味がありません。 固形石鹸と同様洗顔フォームでもきちんと泡立てるようにしましょう。肌に刺激を与えずにスキンケアすることが美肌への近道ですよ。 ・スクラブ メイクをしたり、日々の生活をする中で角質が溜まっていきます。角質が溜まると化粧水などの栄養分が肌に浸透していかないと言われているのです。そこで活躍するのがスクラブになります。スクラブをすることで肌のいらない角質をとることができるため、化粧水などの浸透力が変わってくるはずです。また、スクラブをすることで肌触りも変わり、触り心地も良くなりますよ。 スクラブは肌へ刺激を与えることになってしまうので週に1回ほどにしておきましょう。 ・化粧水 化粧水はいろんなものが出ていますが、大きく分けて「さっぱり」「しっとり」です。これは肌質に合わせたものを購入することが大切になります。化粧水のポイントは付け方です。 手で付ける方と、コットンで付ける方がいるのですが、どちらも付け方としては間違っていません。よく手で付けると手が吸収してしまい、化粧水がもったいないという話を聞きますが、それは間違いの様です。顔の皮膚に比べて手の皮膚は何倍も厚いので、そのようなことはないと言われています。 手で付ける場合は優しく顔をなぞるように付けるようにしましょう。しかし、コットンはなぞって付けると肌トラブルの原因になるので辞めましょう。コットンを使用する場合は、優しく抑え込むようにポンポンと付けることが大切です。 ・乳液 乳液は化粧水を蒸発させない様にするために、必要なアイテムだと言われています。高校生は皮脂が気になることから、乳液を付けない方が多いです。しかし、きちんと乳液をすることで肌が整うので、健康的な肌にすることができるはず。きちんと最後までスキンケアを行いましょう。 高校生のスキンケアの手順 スキンケアの用品が分かったとしても、手順も知りたいところですよね。今回はそれぞれの手順で気を付けて欲しいポイントやおすすめ方法をご紹介していきます。 1.クレンジング クレンジングはアイメイクなどの濃いメイクをしている時は、ポイントメイク用のクレンジングを使用することで、目元をこする回数を減らすことができます。目元や口元の濃いメイクを落としてから顔全体のメイクを落としましょう。 2.洗顔 洗顔をする時はしっかりと泡立てることが大切です。泡立てることが苦手であれば、泡立てようのアイテムが100均やメイク用品を売っている場所で購入できるので探してみて下さい。 3.化粧水 肌は洗顔後が一番大切なので、洗顔後なるべく早く化粧水を付けるようにしましょう。そうすることで肌が整っていくと言われていますよ。 4.乳液・クリーム 乳液と同じような役割をするクリーム。高校生であればどちらかを付ければ十分です。乾燥が気になる方はクリームがおすすめ。肌の状態に合わせて選択しましょう。 まとめ 高校生のスキンケアはシンプルにすることが大切だと分かりました。肌トラブルに悩んでいたりすると、どうしてもどんどんスキンケアをしたくなってしまいますが、つけすぎると肌の負担になってしまうので、なるべく最低限のスキンケアをするようにしましょう。 どうしても、肌の乾燥などが気になる場合は週に1・2回ほどパックをするといいですよ。週に数回なら大きな負担が肌に掛からず、栄養分を入れられると言われているのでおすすめになります。

高校生のスキンケア用品/必要なものと手順を知って美肌になろう

「美肌になる」というのは女子にとってとても大切なことです。 というのも、スキンケアは積み重ねが重要になります。 というのも「目を大きくしたい!」という希望はメイク方法で変わることが出来るのですが、「美 …

産後太りも解決!?本気で下半身痩せたい男女必見の下半身ダイエット

産後太りも解決!?本気で下半身痩せたい男女必見の下半身ダイエット

なかなか痩せにくいと言われている下半身。とくに太もも、ふくらはぎのセルライトはなかなか落ちなくて厄介ですよね。 脚が痩せていたらパンツスタイルもかっこよくきまるのに、この脚のせいで台無しに…。とお悩み …

ザリガニ釣りが東京でできる時期は?エサや仕掛けはペットボトル?

ザリガニは地方に行かないと捕獲できないと思い込んでいませんか!? ここでいうザリガニは、一般的に知られているアメリカザリガニを意味します。 実は、ザリガニは環境の変化にも対応することが可能なので、川が …

コピー機の使い方や交通系電子マネーのコンビニで役立つ豆知識まとめ

これからコンビニでコピー機を使おうとしているけど、コンビニのコピー機は初めてで、使い方に不安がある方!今までコンビニのコピー機は使ってきたけど、ほかに何かいい機能はないの?とお考えの方! 今回はそのよ …

物流 女性 職業

物流関係の仕事で有利なものは!?女性も職業として選択できる!

大丈夫!できるよ!と言われて結構長く物流業界に身をおいていますが、日々あれこれどうしようと悩んだり考えたりはしないのかなと思っていたのですが意外に飽きずに毎日やりがいを感じるものだなと感慨にふけったり …

< 注目記事 >