嫁姑問題

嫁姑問題なぜうまくいかない?姑をイジメる嫁の本音と改善方法は?

投稿日:2018年4月26日 更新日:

姑嫁問題の大半は姑に問題があることが多い、多いからこそ「嫁いびり」なんて言葉ができたりしています。しかし、中には嫁にいじめられる姑もいるのです。姑も嫁からいじめられていることを、周りに言えなくて、一人で抱え込んでしまうことがあります。

しかし、そんな我慢をした生活をしていては、毎日楽しく過ごすことができませんよね。息子が結婚した時に抱いていた「仲良しの嫁姑」とは程遠い関係に、落ち込んでいるでしょう。しかし、姑側の態度を少し変えるだけで、嫁の態度が変わるかもしれません。

嫁からいじめられていて、悩んでいる姑の方たち。どんな風に嫁と接したらいいのか伝授します。その前に、まずは嫁の本音を覗いてみましょう。

☆姑をイジメる嫁の本音

姑をイジメる嫁の本音を知っていきましょう。イジメる嫁に問題があることは確かです。しかし、いつまでもいじめられていては、辛すぎますよね。そうならないために、嫁の本音を知っておく必要があります。

はっきりと物事を言ってほしい

嫁にイジメられる姑の特徴として、はっきりと物事を言わない方が多いです。姑としては、「嫁の意見を先に聞いてあげよう」という優しい気持ちからでしょう。しかし、嫁は「姑がどうしたいのか?」を聞きたい様です。

はっきり意見を言わない姑に対して、イライラしてしまい、その結果いじめへと発展してしまうのでしょう。とはいっても、姑の優しい気持ちがこのような結果にしてしまうのは、とても残念なこと…。姑の優しさに気づけるような、嫁になってほしいものですね。

口出ししないでほしい

姑の中には、息子や孫が可愛いという気持ちから、口出しをしてしまう方がいます。しかし、嫁はそれが気になって仕方ないのです。姑も口出ししているつもりはないでしょう。実際に、口出しというよりも、みんなが幸せに暮らせるように、助言をしている気持ちの方が強いはず。

ただ、嫁はその姑の心遣いを素直に聞けずに「文句を言われている」と感じてしまうのです。何か口出ししてしまった時に、嫁の態度が激変したり、その後の態度が悪かったり、いじめと感じる行動が多くなったと感じたことはありませんか?

そんな時は、嫁を思って言った助言が嫌だと感じたのだと思います。このような嫁の場合は、助言をすることを控えてみましょう。

ペースが合わない

基本的に、ペースが合わないことが理由かもしれません。嫁も姑も結婚する前に相手のことを知る機会は少ないです。あったとしてもお互いに表向きはいい顔をしているので、本音の部分を見ることは出来ません。

そのため、結婚してから「ペースが合わない…」と嫁が感じて、それが原因でいじめへと発展してしまうのです。ペースが合わなくて嫁が姑をイジメる場合の多くは、姑が穏やかで嫁がハキハキとしたタイプ。穏やかなことって、人としてとても魅力な部分です。

その魅力的な部分を変える必要はありませんよ。姑は嫁にイジメられることによって、段々と自分のすべてがいけないと感じてしまう方もいます。しかし、そうではありません。嫁がまだ姑の素敵なところに気づいていないだけです。

☆嫁姑問題の改善方法

姑の本音は「できることなら嫁と良好な関係を築きたい」というものではないでしょうか?そのためには、今まで嫁にいじめられていた、姑のままではいけません。少し、姑が変わりましょう。姑が変わることで、嫁も気づきます。というのもイジメるということは、それだけ姑を見ているからです。

しっかり見ているからこそ、姑が少し変わっただけで、嫁の態度も変わってくる可能性が高くなりますよ。そのために必要なのは…

嫁と話し合う

嫁と本音で話し合う時間を作りましょう。そこで、まずは嫁がどう思っているの聞くことが大切です。嫁の考えの中で、姑が「そういうつもりでじゃなかった」という言動が入っているかもしれません。

もし、姑の言動が原因で嫁の態度が変化することになったのであれば、それは素直に謝りましょう。嫁が姑をイジメている根本に姑の言動があった場合、謝らなければ、その後の話し合いがスムーズにいかないからです。

いじめられているのに謝るなんて悔しい…。しかし、その後に良好な関係を築ける可能性が高くなると信じて、その場ではいったん謝りましょう。その後に、姑の意見をはっきり言いましょう。話し合いの時は、素直な気持ちを伝えるべきです。

「これを言われたら嫁が、嫌な気持ちになるかな?」と考えなくても、大丈夫です。ただ、言い方だけは気を付けましょう。嫌みのある言い方になってしまうと、更に関係が悪くなってしまう可能性があります。

「○○をされて悲しかった」などという言い方にすれば、嫁も素直に姑の話を聞けるはずです。話し合いの前には、伝えたい事を箇条書きにしておき、伝え方を考えてから話し合いの場を設けましょう。

嫁の良いなりにならない

イジメられている姑のほとんどが、嫁が怒ったりするのが怖くて、嫁の機嫌取りのような事をしてしまいます。しかし、いつまでもその態度を続けていたら、嫁はいつまでたっても変わりません。嫁の良いなりにならずに、自分の意見をはっきり伝えるようにしましょう。

例えば、嫁の中には金銭面の援助だけを頼りにしてくることもあります。そんな時は、嫁の態度を考えた上で金銭面の援助をしましょう。金銭面の援助を求める時だけ、態度を変えてくるような嫁はダメです。

このように嫁の良いなりならずにん、過ごすことが大切になりますよ。

関わらないのも1つの手

嫁の中には、どうしようもない嫁もいます。例えば、借金を繰り返す嫁や、子供を親に預けっぱなしで毎日遊びに行っている嫁など…。そのような嫁の場合、姑が態度を変えたところで、嫁が変わる可能性は低いです。

そんな時は、関わらないように距離を取るのも1つの手。距離を取ることで、いじめられることもありませんし、姑も嫁のことを気にしないで過ごせる日々を手に入れることができます。もちろん、息子のことは気になると思いますので、息子に面倒だと思われな程度に連絡をしてみましょう。

本当は嫁と仲良く痛いかもしれませんが、いじめがひどくなってしまっては姑のあなたが可哀想です。自分が楽しく過ごすためにも、嫁との関係を見直しましょう。

☆まとめ

嫁と姑の中は良好なことが1番いいかもしれません。しかし、改善方法とは、必ずしも嫁と仲良くなることが目的ではありません。姑であるあなたが嫁のいじめを気にせずに、楽しく過ごせる日々を手に入れることが大切なのです。

また、嫁からいじめられることが辛くなったら、一人で考え込むのではなく、ご主人などに相談してみてみましょう。あなたの話を聞いてくれる人を探すと、あなた自身も楽になりますよ。

-嫁姑問題
-, ,

執筆者:

関連記事

嫁姑問題で夫の気持ちは?夫の立場が明確にならない妻の離婚したい本音

嫁姑問題でよくあるのが、夫が味方になってくれないや、どういう立場かわからないし困る、夫の両親だからあんまり言えないのもわからないでもないけど悪い部分は悪いと言ってほしい! 嫁姑問題が深刻過ぎてもう離婚 …

義実家/義両親が新居に口出しばかりでうるさい!そんな時の対処法3選

新居を決めるというのは、大きな決断!家族だけでもいろんな意見があって、なかなかまとまらないことも多いですよね。そんな中、気になるのが義両親ではないでしょうか?もちろん、住むのは義両親ではないので、意見 …

初孫フィーバーっていつまで続くの?実母実父の過干渉対策方法

皆様、子供が産まれて、やっぱり一番頼れるのは親の存在ですよね?親は私たちを、ここまで大きくしてくれた存在。先輩として尊敬する部分、教えて貰える事は確かに沢山あるけれど・・・・ しかし、頼りになるのはい …

配偶者の母/義母と話したくない嫁の本音と嫁姑問題の考え方

結婚をすると必ずと言って良いほど、どこかのタイミングでなにかしらの問題が起こります。結婚当初は仲良くしていても年数が経つに連れてお互いに不満も出てきますよね。 皆さんはどうでしたか?結婚したときに予想 …

孫に会えないのは嫁に嫌われているから?子の離婚後孫に会う権利はないの?

皆さんにはお孫さんはいらっしゃいますか? もしくはお子様はいらっしゃいますか? 自分の子供が成人し、その子が自身の家庭を築いた時というのは、今まで一生懸命育ててきた息子が一人前になったと実感する時では …

< 注目記事 >