お役立ち

1歳の水遊びの服装は水着/オムツ?着せ方や服装の疑問を解決しよう

投稿日:

1歳の子どもは赤ちゃんから乳児になってきて、いろんな経験をさせてあげたいですよね。

その経験の1つとして水遊びはとても大切な経験になります。そんな水遊びに知っておきたいのは服装です。

水遊びをする場所や気温などにもよりますが、どんな場所で水遊びをするにしても、きちんとした知識を覚えておくようにしましょう。そうすることで、子どもも楽しく遊ぶことができ、親も安心して子どもの様子を見守ることができますよ。

1歳の子どものも水遊びの服装

水遊びの服装は場所によって変えることが大切になります。水遊びをしようと考えてみるといろんな場所で水遊びができると気づくはずです。それぞれの場所ではどんな服装が適しているのでしょうか?

・自宅

自宅での水遊びであれば、肌着やおむつなどの格好で大丈夫です。遊び方にもよりますが、お風呂で遊ぶ場合は裸の状態がおすすめになります。というのも、その方が、最後に暖かいシャワーを浴びてすぐに着替えができるからです。

自宅のプールなどで水遊びをする場合は、最低限オムツを履くようにしましょう。1歳だとまだまだ排泄が自分でわかりません。水遊び中に排泄が原因で中止になってしまうのは可哀想ですからね。水遊びをする時には、水遊び用のオムツを履くことを忘れないでください。

・公園

公園で水遊びをする際には、滑らない靴を履かせることが大切です。

一応綺麗にされているとは思いますが、そこがぬめっていたり、滑りやすい状態のこともあります。そうなると転んだ時に大きな怪我に繋がりかねません。そうなることのない様に靴を履かせるようにしましょう。

公園でも水遊びようのオムツは必須です。オムツ以外にもTシャツなどの濡れても重くならないような服を着させてあげましょう。公園は他の子供もいるのでオムツだけでの水遊びはマナー違反だと思われてしまいます。

・プール/海

プールや海に行く時は水着を着るようにしましょう。子供の水着姿はとても可愛いですよ。

プールや海は自宅よりも日差しが強いこともありますので、水着の上に着れるような羽織りものなどを用意しておきましょう。

羽織りものがなければバスタオルでも代用可能です。少しでも日差しがよけられるようなものを持っていきましょう。もちろんラッシュガードなどでも大丈夫ですよ。

・川

川は岩があったり、足場がグラグラします。1歳の子どもを川の深いところまで連れていかないにしても、転んだ時に少しでも怪我をすることがないようにラッシュガードを着るようにしましょう。

ラッシュガードは寒さをしのぐこともできるので、冷たい川には必須アイテムになります。自宅にないようであれば購入するようにしましょう。

水着の着脱がしにくい時の対処法

水着は服に比べてぴったりとしたものなので、着脱のしにくいものです。しかし、水遊びをするのに水着は必須アイテム。そこで水着の着脱がしにくい時の対処法をご紹介します。

・少し大きめを購入する

子どもは1年でとても大きくなります。そのことを考えて少し大きめを購入するようにしましょう。そうすることで、水着が着せやすくなります。

「ぴったりのサイズではなく、ワンサイズ大きい水着だと脱げたりしないのか?」と気になりますが、大丈夫です。ワンサイズ上くらいの水着でしたらぶかぶかになることもなく、ちょうど着せやすいくらいの伸縮性になっていることが多いです。

男の子もぴったりとしたサイズの水着よりもハーフパンツのように足と水着に間に隙間があるようなものを選びましょう。男の子の場合はひもなどでウエストの調節ができるようになっているので、大きいものを購入しても大丈夫ですよ。

・ビキニを選ぶ

女の子の場合、水着がワンピース型だと着る範囲が広いので、水に濡れた時に脱がせにくいです。特に1歳児はまだまだお腹がポッコリと出ています。

その出ているお腹が濡れた水着を脱がしにくい理由の1つ。そのため水着の範囲が少ないビキニがおすすめです。ただ、場所によってはビキニだと寒いこともあるので、Tシャツなどを用意しましょう。

・汗をしっかりと拭く

体が濡れていると水着も着せにくいので、水着を着る前にはしっかりと汗を拭きましょう。そうすることでスムーズに水着を着せてあげることができます。汗をかいたからといってシャワーやお風呂に入ってから水着を着せることはしないでください。

汗が流れてスッキリはしますが、お風呂に入ると体が温まります。その結果、入浴後に汗をかきやすい状態にしてしまうのです。水着を着る前のシャワーや入浴は避けましょう。

水遊びの服装で気を付けること

水遊びの服装で気を付けることは、そこまでないのですが、遊ぶ場所や気温・日差しに合わせて帽子を着用させてあげましょう。

子どもは自己管理がまだまだできず、遊びに夢中になっています。その結果、水遊び後に体調が悪くなってしまうことも…。そのようになってしまっては可哀想なので、子どもの頭を触って熱いと感じた場合は、帽子を着用させましょう。

同じように肩や首の後ろを触って熱いようでしたら、ラッシュガードやタオルで日差しからガードしてあげて下さい。

また、普段付けているオムツに比べて水遊び用のオムツは価格が高いために、普段のオムツで応用する方が多いです。しかし、普断使用しているオムツで水遊びをしてしまうと、どんどん水を含んでしまい、とても重くなってしまいます。

気づいたら勝手にオムツが脱げていることもあるのです。そうなってしまっては赤ちゃんも遊びに集中しきれずに、水遊びを辞めないといけなくなります。動きにくさや、おむつの機能から見ても水遊びをする時は、きちんと水遊び用のオムツを使用するようにしましょう。

まとめ

水遊びは子供の成長にとてもいい刺激を与えてくれます。

子どもが普段の生活で水に触れることって手を洗う時くらいです。お風呂は温かくされているので、水に触れる感覚とは全然違います。そのため、水遊びできる夏はとても貴重となるのです。全身で水に触れる経験は子供にとっては不思議な感覚となります。

子どもの中には、お風呂は嫌いでも水遊びは好きという子もいます。それだけお湯とお水の感覚は子どもにとって違うことで、お水は特別感があるのです。

水遊びは夏にしかできないことなので、たくさん経験させてあげましょう。たくさん危険なク遊ぶためには服装がとても大切な役割を果たします。

服装やタオルなどしっかりと準備をするだけではなく、水遊び中にすぐ使うことができるように環境を整えることも大切です。

正しい服装で、親子で楽しめる水遊びをたくさんしてくださいね。

-お役立ち
-, ,

執筆者:

関連記事

敷金の後払いって可能?お金ないけど引っ越したい時にすべきこと7選

引っ越しをするには、ある程度のお金の用意が必要。しかし、お金が少なくても引っ越しできます。そのためには、敷金の後払いできる物件を探したり、引っ越しに対して節約できる部分はとことん節約するようにしましょ …

保育士から見た保護者に対する本音とは?保育士が見ている保護者の行動

最近では、保護者が保育士をどのように見ているのか?ということが話題になることが多いです。そこからモンスターペアレントという言葉が出てきたのでしょう。しかし、保護者が保育士を見ているように、保育士も保護 …

テレビを一切見なくなった/見ない事によるデメリットとメリット

以前は毎日の習慣のように、特に見たい番組がなくてもとりあえずテレビを付けている日々を送っていましたが、ここ何カ月もテレビをほぼ見る事がなくなりました。 周囲を見渡したり、聞いてみると同じように『テレビ …

幼稚園でのママ友との付き合いが大変!賢く付き合う5つの方法

新年度が始まりましたね!子どもが幼稚園に入園!なんてママも多いのではないでしょうか。 子どもがちゃんと園に馴染めるかな、楽しんでくれるかな。と不安と期待でいっぱいの4月。少しずつ落ち着いてきたら、今度 …

読解力低下の問題が深刻に?大人になっても読解力が低い人の特徴5選

経済協力開発機構(OECD)が行った国際学力調査の結果(2017)によれば、15歳の読解力は前回の4位から8位へと大きく後退しました。しっかりと問題を読み取る力がないと複雑なタスクをこなしていくことは …

< 注目記事 >